ボクシング トリプル世界タイトルマッチ
放送日
【放送は終了しました】

テレビ東京ボクシングオフィシャルサイト

アンダーカード無料配信

ヘビー級8回戦

元K-1王者・京太郎、夢の世界ヘビー級王者へ第一歩!
藤本京太郎 × ネイサン・マッケイ
マッケイ
WIN

藤本京太郎
(29歳)

日本ヘビー級チャンピオン
WBC世界ヘビー級16位

14戦13勝7KO 1敗
[角海老宝石]
判定
(3-0)


ネイサン・マッケイ
(28歳)

WBF豪州ヘビー級王者
8戦6勝3KO 2敗
[オーストラリア]

オリジナル動画配信中
京太郎戦で小堀佑介(元世界王者)解説!面白トーク必至!要チェック!!
ダイジェスト動画配信中
元K-1王者・京太郎、夢の世界ヘビー級王者へ第一歩!

元K-1王者の藤本京太郎が、“日本人永遠の夢”世界ヘビー級王座挑戦へ向け、負けられない一戦に臨む。 5年前、K-1世界王者からプロボクサーへ敢然と転向した京太郎。ここまで13勝1敗の好成績を残し、日本ヘビー級のチャンピオンに輝いているが、世界基準で考えればここからが勝負と言える。何より、K-1で世界一になった男が、ボクシングの日本一で納得するはずもなく、目指す先はあくまで「世界一」と断言する。今回も「ファンに魅せる試合をする」と気合い十分だ。

そんな京太郎と対峙するのが、WBFという日本未公認団体ながら、豪州王者のネイサン・マッケイ(豪州)である。京太郎より身長で12センチ 体重で約20キロ上回るマッケイは、京太郎より1歳若い28歳。体格では京太郎を圧倒するマッケイが、ヘビー級ならではの豪快なパンチを炸裂させる可能性は十分にある。

この日の3大世界戦がWBAということもあり、多くのWBA要職関係者の来日が噂されている。そして、マッケイの同国人、ルーカス・ブラウンが、過日WBA世界ヘビー級王者となった。これらが意味するものは?この日に好ファイトを見せ関係者の目に留まれば、京太郎にも世界挑戦のチャンスがくる可能性がある、とは京太郎の萩森マネージャー。そんな「夢」に向かった重要ファイトが、この一戦だ。


スーパーバンタム級6回戦

“ワタナベジム第4の世界王者候補”久我!そのセンスを目撃せよ!!
久我勇作 × スックカセーム・キャッヨンユット
ボクシング
WIN

久我勇作
(25歳)

日本S.バンタム級4位
14戦11勝7KO 2敗1分
[ワタナベ]

5R
TKO




スックカセーム・キャッヨンユット
(28歳)

18戦13勝8KO 5敗
[タイ]
ダイジェスト動画配信中
“ワタナベジム第4の世界王者候補”久我!そのセンスを目撃せよ!!

センス溢れるファイトで、現在3人の世界王者を抱えるワタナベジムの“4人目の世界王者候補”と言われる男、それが久我勇作だ。3年前のB級トーナメント優勝&MVPで頭角を現した久我。イキのいいエネルギッシュなファイトが売りの25歳は、渡辺会長からも「経験さえ積めば間違いなく世界を獲れる」と太鼓判を押されている。

ワタナベジムが誇る3人の世界王者のアンダーカードで露払いを務めると同時に、世界の関係者にアピールすることが出来るのか。久我の倒しっぷりに、注目だ。

対戦カード

◆ WBA世界S.フェザー級タイトルマッチ

“史上最強パンチャー”内山、決死のチャンピオン対決で最強を証明する!
内山高志 × ジェスレル・コラレス
uchiyama


内山高志
(36歳)

スーパー王者
25戦24勝20KO 1分
[ワタナベ]
2R
KO
WIN

ジェスレル・コラレス
(24歳)

暫定王者 1位
21戦19勝7KO 1敗1NC
[パマナ]
スーパー王者・内山高志、V12戦は“チャンピオン対決”

“KOダイナマイト”の異名を持つ男、内山高志。日本人史上最も長く世界王者に君臨し続けている内山は、その防衛記録でも、具志堅用高さんの持つ13度防衛にあと2と迫っている。特にここ2戦は瞬殺のKOと、史上最強級の強さを見せている内山に、死角は微塵もない。

だが、今回の相手は“世界王者”だ。WBAの暫定王者、ジェスレル・コラレス(パナマ)は、パナマで次々と地域タイトルを獲得してきたサウスポーで、去年12月、ファン・アントニオ・ロドリゲス(メキシコ)に11R TKO勝ちし暫定ながら悲願の世界王座を獲得。スーパー王者、内山との比較ではやはり格落ちするとは言え、曲がりなりにも世界王者のコラレス。今回ばかりは内山も、瞬殺とは行かないだろう。

悲願のアメリカ進出が、今回は整わなかった内山だが、チャンスはもう目の前にある。この一戦をいつもの豪快なKOでクリアし、是が非でもアメリカ進出に繋げたい。


◆ WBA世界S.フライ級タイトルマッチ

“亀田興毅を引退させた男”河野、凱旋のV3戦!
河野公平 × インタノン・シッチャモアン
インタノン
WIN

河野公平
(35歳)

王者
43戦31勝13KO 8敗1分
[ワタナベ]

判定
(3-0)



インタノン・シッチャモアン(29歳)

挑戦者 7位
WBAアジア・スーパーフライ級王者
55戦43勝22KO 11敗1分
[タイ]
“亀田興毅を引退させた男”河野、凱旋のV3戦

去年10月にアメリカで亀田興毅と対戦し、不利の予想を覆す完勝で2度目の防衛に成功した河野公平。2ラウンドに亀田からダウンを奪って以降、ほぼ試合をコントロ―ルしての完勝で、大一番での勝負強さを見せつけた。亀田は試合直後に引退を発表し、ひとつの時代が終わりを迎えた。

そんな歴史的勝利を経て、次なる戦いに向かう河野。再度海外で防衛戦、との噂もあったが、タイのWBAアジア王者、インタノンとのV3戦に落ち着いた。ここまで苦労の連続だった河野も今年で36歳だが、「いまがピーク」と渡辺会長の評価も高く、前戦同様、白熱の激戦が展開されることは間違いない。


◆ WBA世界L.フライ級タイトルマッチ

田口V3戦は“亀田を苦しめた男”が相手!
田口良一 × ファン・ランダエタ
ランダエダ
WIN

田口良一
(29歳)

王者
26戦23勝10KO 2敗1分
[ワタナベ]

11R
TKO



ファン・ランダエタ
(37歳)

挑戦者 7位
元WBA世界ミニマム級チャンピオン
36戦27勝21KO 8敗1分
[ベネズエラ]
ホープ、田口V3戦は“亀田を苦しめた男”が相手!

世界戦はすべてエネルギッシュなファイトで3戦3勝(2KO)の戦績を残している世界王者、田口良一。内山高志も認める“強かわいい”イケメン王者、田口だが、V3戦にして、話題の強敵を迎え撃つ。

かつて亀田興毅と2度対戦した元世界王者、ファン・ランダエタ。その初戦はダウンを奪いながらも判定負けとなり、日本中を揺るがす大騒動となった。結果二階級制覇を阻まれたランダエタではあったが、日本では最も有名な外国人ボクサーとなった。あれから10年。当時挑んだタイトルに再挑戦するのは、因縁以外の何物でもない。当時の悔しさを糧に、打倒田口を目論む。

大ベテランと新進気鋭の王者。勢いは田口だが、ランダエタも前戦で世界ランカーを下して完全復活しており、予断を許さない。

ランキング