ボクシング ダブル世界タイトルマッチ
放送日
7月23日(日)夜7時54分

動画

特集番組

秘蔵映像の嵐!特集番組続々決定!!

7月4日(火)深夜2時5分~2時35分
7月11日(火)深夜2時5分~2時35分
7月17日(月・祝)早朝4時30分~5時00分
7月22日(土)朝6時54分~7時00分
7月22日(土)午後2時24分~2時30分
7月23日(日)早朝4時08分~4時15分
7月23日(日)朝6時54分~7時00分

イントロダクション

ダブル世界タイトルマッチ

“未来のスター”がいよいよベールを脱ぐ!

IBF世界ミニマム級タイトルマッチ ホセ・アルグメド × 京口紘人
WBA世界L.フライ級タイトルマッチ 田口 良一 × ロベルト・バレラ

テレビ東京ボクシングオフィシャルサイト

対戦カード

IBF世界ミニマム級タイトルマッチ

未来のスター”がベールを脱ぐ!京口紘人 世界初挑戦!
ホセ・アルグメド × 京口紘人

  • ボクシング

    王者
    ホセ・アルグメド(28歳)
    24戦20勝12KO3敗1分
    [メキシコ]

  • 挑戦者9位
    京口紘人(23歳)
    7戦全勝6KO
    [ワタナベ]

<内山高志を彷彿とするパワー、“ザ・ダイナマイト・ボーイ”京口紘人、世界初挑戦>

“ザ・ダイナマイト・ボーイ”京口紘人が、ついに世界に挑む。アマ国体王者から去年、プロデビューした京口は、ここまで7戦全勝。そのほとんどを速攻で片付ける倒しっぷりは、ジムの先輩、内山高志を彷彿とさせる素晴らしいもので、ついたニックネームは“ザ・ダイナマイト・ボーイ”。“KOダイナマイト”内山高志をニックネームでも受け継ぐ京口が、世界初挑戦でもド派手なKOを見せるか、注目される。

京口が挑む王者は、ホセ・アルグメド。高山勝成を下して世界王者となったアルグメドは、5月27日に地元で2度目の防衛戦を控えている。だがその試合前に、京口サイドとの契約を早々に完了。陣営の自信度は、並みの世界王者レベルではない。京口の3倍以上の戦績を誇るアルグメドは、正真正銘の強敵だ。

かつて、辰吉丈一郎にボディブローを教わったという京口。辰吉と同様の8戦目での世界奪取となるか、7月23日、その拳から目が離せない。

WBA世界L.フライ級タイトルマッチ

V5王者・田口、運命の“最強挑戦者”との対決!
田口良一 × ロベルト・バレラ

  • 王者
    田口良一(30歳)
    29 戦25勝11KO2敗2分
    [ワタナベ]

  • ボクシング

    挑戦者1位
    ロベルト・バレラ(24歳)
    19戦18勝12KO1敗
    [コロンビア]

<V5王者・田口、運命の“最強挑戦者”との対決!!>

3年前に世界王者となって以来、順調に5度の防衛を重ねてきた田口良一が、最強の挑戦者との運命の一戦に挑む。

田口は3年前の大みそかに世界王者となると、着実に実力アップ。“強カワイイ”のニックネームとは裏腹の積極果敢なファイトで、安定王者の仲間入りを果たした。近い将来に期待される王座統一戦に向かうためにも、ここで負ける訳にはいかない。

だが、挑戦者のバレラは、クセモノだ。WBA1位に長くランクされ続けるバレラは、中南米の強豪を軒並み撃破している“真の強豪”で、打倒・田口を虎視眈々と狙って来た。“最強の挑戦者”は、この一戦にボクサー人生を懸けて臨む。

尊敬する先輩、元世界王者・内山高志の去就がハッキリしない現在、田口にかかる期待は殊の外大きい。田口が、内山を継ぐファイトで最強の敵に勝つことが出来るのか、注目だ。

アンダーカード

アンダーカード、無料動画配信決定!

※24日正午前後配信予定

日本S.フライ級タイトルマッチ

叩き上げ同士のどつき合い!世界へ行くのはどっちだ?
船井龍一 × 奥本貴之

  • 船井

    王者
    船井龍一(31歳)
    34戦27勝19KO7敗
    [ワタナベ]

  • 奥山

    挑戦者1位
    奥本貴之(25歳)
    28戦18勝8KO7敗3分
    [グリーンツダ]

苦労人の船井か、それとも奥本か?世界進出を懸けたKO必至のどつき合いファイトが、この一戦だ。

12年前にデビューした船井は、負けを肥やしに力を付けてきた叩き上げだ。その中には、山中慎介(現世界王者)やロリー松下(東洋太平洋王者)、石田匠(日本王者)といったツワモノ達が並ぶ。27勝7敗のレコードは決して派手ではないが、渡辺会長は「間違いなく世界を獲れる逸材」と、その力を高く評価。本人も、「30年以上暮らした地元、太田区のリングで世界戦を」と意気込んでおり、この試合でもKO勝利を予告、世界進出へ決意を新たにしている。

一方の奥本は、小学生時代に空手で世界大会優勝の実績をもつ天才型。何と15歳でタイのリングにあがり、デビュー2戦目には元世界王者のラタナポン・ソーウォラピンの相手に抜擢されるという、期待の大きな選手だった。だが2RTKOで敗れるとそこから苦労が始まり、苦節10年。負けの数は船井と同じ、7。だが所属の本石会長は、「ここで必ず奥本を勝たせる」と高らかに宣言。本人も、「ここを勝って世界王者になり、お金持ちになりたい」と、野望は膨らんでいる。

苦労を重ねた叩き上げ同士の対決は、昭和を思い起こさせる殴り合いの好ファイトとなること必至だ。

53.0kg契約 8回戦

元世界王者・河野公平、不死鳥の如き復活へ!
河野公平 × ラムボー・ゴーラットスポーツスクール

  • 河野

    元WBA世界S.フライ級チャンピオン
    河野公平(36歳)
    43戦32勝13KO10敗1分
    [ワタナベ]

  • ラムボー

    ラムボー・ゴーラットスポーツスクール(25歳)
    23戦13勝3KO9敗1分
    [タイ]

2度、世界の頂きに立った河野公平が、再び頂点に向かって歩み出す。

かつて2度、WBA世界S.フライ級王座に着いた河野公平(ワタナベ)。2015年10月にはアメリカで亀田興毅に完勝するなど、大きな実績を築いた。しかし去年8月にその王座を失うと、12月には井上尚弥(大橋)の前に6RTKO負け。誰もが引退と思ったのだが…。一念発起しての現役続行、そこには訳がある。まずこれを勝てば、10月にもWBO世界1位のレックス・ツォ(香港)との対戦が内定したこと。さらに、愛娘、小百合ちゃんの誕生である。「娘のためにももう1度、世界王者になる」と燃える河野。ここは豪快なKOで、父としての威厳を見せたいところだ。

60.5kg契約 5回戦

ワタナベジムに新たな刺客!三代が新たな王者候補に名乗り!
三代大訓 × ソムサックチャイ・ソーソーナロン

  • 三代

    アマ41勝のホープ、プロ3戦目
    三代大訓(22歳)
    2戦2勝1KO
    [ワタナベ]

  • ソムサックチャイ・ソーソーナロン

    ソムサックチャイ・ソーソーナロン(17歳)
    9戦7勝4KO1敗1分
    [タイ]

ワタナベジムに、新たな王者候補がいる。三代大訓(みしろひろのり)。アマチュアで57戦41勝(4KO) 16敗の実績を残した三代。松江工業高3年時にインターハイでベスト8、中大では主将を務めた。島根県松江市出身の三代。島根初の日本王者となり、将来はその上のベルトを掴むことが目標だ。渡辺会長も、「実力は十分」と評価する三代が、ホープらしい生きの良いファイトを見せる。

twitter

ランキング