如月ハニー(きさらぎハニー)/原 幹恵(はらみきえ)

マウスを画像に合わせるとフラッシュするよ!如月ハニー
白薔薇学園に通う高校2年生。天真爛漫でスタイル抜群。自分の事より他人の事を優先する、心優しい少女。一見するとまったく普通の女子高生だが、その出生と身体にはとてつもない秘密が隠されていた。彼女は、人間工学の権威・如月博士の造り出したアンドロイドなのである。自身がアンドロイドであるという自覚があるにもかかわらず、他人の事で悩み、痛みを分かち合うなど、ある意味で人間以上に人間らしい部分を見せる。内蔵された“空中元素固定装置(ハニーシステム)”により、触れたもの、思い描いたもの、データにあるものの姿や能力を一瞬にしてダウンロード。ハニーフラッシュのかけ声と共に、様々な姿にフラッシュ(変化)し、その能力を駆使して悪事を追いつる。戦闘時には“愛の戦士キューティーハニー”となり、野望もろとも斬り裂くのだ。空中元素固定装置を持つが故にパンサークローに狙われるが、その能力を楽しんでいる節もある。だが、彼女は自身に隠された本当の秘密をまだ知らない。悲しき出生の秘密が明かされた時、彼女はそれにどう立ち向かって行くのか?

早乙女ミキ(さおとめミキ)/水崎綾女(みさきあやめ)

マウスを画像に合わせるとフラッシュするよ!
早乙女ミキハニーのクラスに編入してきた転校生。頭脳明晰で身体能力もずば抜けている。他人との関わりを極端に嫌い、その瞳は常に何かを見据えている。触れれば切れるような刃のような少女で、自分に逆らう者を断じて許さず、力で全てを屈服させてしまう。編入以前、女子更正施設に居たようだが、その経歴と過去は一切ベールに包まれている。


○ シスターミキ
早乙女ミキが、ハニー同様にフラッシュした姿。体内にハニーシステム(空中元素固定装置)を持つのか、そして他の姿や能力を身につけられるのかは不明。また、武器も所有しているようだが定かではない。青を基調とした配色が、ハニーよりも戦闘的かつ攻撃的な印象を与える。パーソナルエンブレムは、ハニーのハートに対してスペードの意匠が取り入れられている。

剣持ユキ(けんもちユキ)/竹田真恋人(たけだまこと)

マウスを画像に合わせるとフラッシュするよ!剣持ユキ
大財閥・剣持家の一人娘で、名門ひなげし女学院に通うお嬢様。それに相応しい上品かつ、おしとやかな少女だが、少々世間ずれした感覚の持ち主で、どんな相手に対しても親身になって行動してしまうのが玉にきず。ハニーに対して憧れの感情を抱き、まるでストーカーのごとき行動力で、なんとか親密になろうと考えている。


◯シスターユキ
剣持ユキがフラッシュした姿。シスターミキと同様に、その原理・能力は未だ不明かつ未知数。ハニー、ユキとの関連性も明らかではない。ハニーとミキの戦闘スタイルに比べ、女性らしさを取り入れた純白のその姿は、高貴な佇まいを感じさせる。パーソナルエンブレムは、ダイヤ。

早見青児(はやみせいじ)/山本匠馬(やまもとしょうま)

如月ハニー早見探偵事務所を経営する私立探偵。といえば聞こえは良いが、まともな事件を解決した事などない貧乏探偵。クサいセリフを平気で吐く明るい熱血漢だが、その勢いと努力が空回りしてしまう事もしばしば。喜怒哀楽を態度に出す為、オーバーリアクションなのが玉に瑕。ある事件をキッカケにパンサークローの存在に気付き、ハニーと共にその影を追う。ただし、パンサークローの悪事が許せないはずなのだが、実は彼らが金持ち集団である事の方がもっと許せないという、少々歪んだ心理(単なるひがみ)が働いているようだ。時に「流石は私立探偵!」と唸らせる推理力を発揮し、思いがけない行動力でハニーをバックアップする。戦闘能力はハニーに遥かに及ばないが、何時しか彼女の心の支えとなり、図らずも身をもって人間らしさを教えて行く事となる。

秋 夏子(あきなつこ)/小松 愛(こまつめぐみ)

秋 夏子ハニーのクラスメイトで、白薔薇学園学生寮でのルームメイト。突飛な行動をとるハニーに手を焼きながらも、真剣に向き合ってくれる親友でもある。ハニーがアンドロイドである事や、パンサークローの存在を知らない為、事件の渦中に居ながらも巻き込まれている事にさえ気付かない、ある意味で幸せな人物。

源さん(げんさん)/なぎら健壱(なぎらけんいち)

源さん早見の探偵事務所に出入りするホームレス。一切の過去は不明で、何故このような生活をしているかは本人も語る気がないらしい。だが時折、大物だったような片鱗を窺わせる事もある。ホームレス同士のネットワークを使っての調べものを得意とし、信じられない様な情報を提供してくれる。早見同様、ハニーの正体を知っている数少ない人物であり、よき理解者でもある。ボロは着てても心は錦を地で行く男。