バックナンバー

2015年1月3日(土)放送
平尾成志

今や世界の共通語である“BONSAI”。“生きたアート”と呼ばれるそれは、何世紀にもわたり継承される“未完のアート”でもある…
平尾成志(33歳)、盆栽師。
180センチの長身にソフトモヒカン、盆栽のイメージとはかけ離れたルックス。盆栽への情熱と腕を頼りに、常識破りのパフォーマンスで世界に飛び出した。
120日間11か国をひとり渡り歩く武者修行の旅で、盆栽の新たな可能性に挑む。

彼は、どんな道を歩んでいくのだろう…。

就職に悩んでいた大学在学中、盆栽の風景を目にした平尾はその世界観に感銘を受け、2003年、さいたま市盆栽町に移り住み、世界的な名門「蔓青園」の門を叩く。そこで「盆栽界の巨星」と謳われた加藤三郎氏に師事。長い修業を積み、盆栽師となった。
平尾が尊敬してやまない、日本の盆栽を世界に発信し続けた師匠・加藤三郎が平尾に遺した言葉…「盆栽を国内外問わずいろいろな人に伝えられる人間になってくれ」を胸に、日々修業に励み、海外へと活動の幅を広げる。
4か月間行きっぱなし、はたしてどんな旅路が待っているのか!?

若き盆栽師、平尾成志に密着した。

ページのトップへ