あの伝説の刑事~重大事件の舞台裏~

2009年12月21日(月)夜8時放送

真実はドラマ以上に私たちに“感動”を与えてくれる 日本の犯罪史上に残る重大事件 その裏には名もなき“名刑事”の想像を遥かに超える活躍があった! テレビ史上これまで、数限りなくあった「犯罪モノのドラマ」、 しかし「実在の刑事」の活躍に焦点を当てた番組はほとんどない。 この番組は、実際に現場で指揮を執り、捜査の点と点を結び、 狡猾な犯罪者を追い詰め、事件を解決に導いた「実在の刑事」が登場する。 彼らの生の声、当時の捜査資料、報道ニュース素材などに“リアルなドラマ”を加え 「犯罪捜査の本当の現場」に迫る新しい番組です。 番組案内人は 俳優 速水もこみち “伝説の刑事”やその家族、そして関係者のもとを訪ね本人だからこそ語れる話を聞いた。 そして3人の伝説の刑事を 3人の名優が演じます “指紋の神様” 笹野高史 “落としの金七” 六平直政 “5億円振り込み詐欺を摘発” 筧利夫

指紋の神様 塚本宇兵VSオウム真理教

3億円事件、よど号ハイジャック事件など数々の重大事件を手がけた塚本宇兵。
警視庁鑑識科に所属、その卓越なる観察眼で犯人逮捕の手掛かりとなる指紋を検出してきた。
その塚本が、定年の1年前に相対したのがオウム真理教。
塚本がある事件で捜しだした“わずか5ミリの指紋”がオウムに対する強制捜査を 可能にしたのだという。
当時、テレビや新聞では伝えられなかった事件の裏側を完全取材!

警視庁捜査1課警部 落としの金七VSトリカブト毒殺犯

敏腕刑事が揃う警視庁捜査一課の刑事のなかでも伝説になっている男がいる。
その名は小山金七。人呼んで“落としの金さん”。
ち密な捜査と卓越した行動力で犯人を逮捕し、鋭い観察眼と人柄で犯人を落とす名人だったという。
1991年に起きたトリカブト事件、落としの金さんの真骨頂と言える取り調べ。
取調室で繰り広げられた壮絶な40日を完全再現した!

福岡県警 二重作剛VS 5億円振り込詐欺グループ

いま、普通に生活している人たちが一番被害にあうかもしれない犯罪・振り込め詐欺。
ダイレクトメールを送りつけて金をだまし取る、振り込め詐欺グループに真っ向勝負し
犯人を逮捕した福岡県警を中心とする合同捜査本部を取材。
地道な内偵捜査と普通ではありえない大胆な捜査方法が詐欺グループ19人全てを逮捕する結果に。
その一部始終を完全再現!