巨大マグロ伝説

12月20日(日)夜7時

番組概要

マグロとは一匹釣れば数百万円の値がつくこともある超高級魚。
一攫千金の夢がマグロにはある!
そんな海のダイヤモンドを釣り上げようと、大波押し寄せる大海原に、
我さきにと船を出す男たち!一度マグロがかかれば死闘は必死!
己の持てる力と技と経験を駆使して、
見事にマグロを釣り上げることができるのか!?
この番組はそんな熱き海の男たちの闘いとそれを支える家族の物語である。

青森県・大間

ご存知マグロ産地の王様として、絶対の存在感を放つ大間。その大間の中でも、ナンバーワン漁師と呼び声の高い「ヨシさん」こと熊谷義宣さん。彼の魅せる技は、もはや芸術。ナンバーワン漁師としての意地とプライドで、巨大マグロ釣り上げなるか!?
また、大間の一本釣り漁師の中で一番若いとされているのが近江圭市さん。偉大な先輩漁師がひしめく海に挑戦状を叩きつけた!妻とまだ小さな子供のためにも、なんとしてもマグロを釣り上げたい! そして、長老小浜文雄さんには、世代交代の波が押し寄せている!今年こそ、意地の一発なるか!?

山口・見島

この見島で毎年開催されているマグロ釣りのトーナメント。去年の優勝者はあの「松方弘樹」。そう、記憶に新しい300キロ超のマグロを釣り上げての優勝だった。 そんな松方弘樹が今年もトーナメントに参加を決めた!ディフェンディングチャンピオンとして300キロを超す巨大マグロを仕留める事ができるのか!?



青森・竜飛

新米漁師として頑張ってきた水嶋光弘さんにとって、今年は勝負の年となる。実は今年、借金をして新しく船のエンジンを買い換えた。決して安いものではない。マグロを釣らねば借金が返せない!愛する妻のためにも根性の一本を釣り上げる!男を魅せろ!

北海道・吉岡

ここ吉岡は、昔から鉄の結束で固められた延縄船団がある町。現在その船団の船団長を務めるのが新山文明さん。大間でもその名は知れ渡る程の実力者で、船団員からの信頼も絶大。まるでマグロのいる場所がわかるのかと疑うほど海を知り尽くしている男。そんな新山さんは、今年の4月に前立腺ガンの手術をして、数ヶ月も漁に出る事が出来なかった。病気を乗り越え、怒涛の大漁劇なるか!?

青森・三厩

遂に三厩「みんまや」のマグロ漁がヴェールを脱ぐ!!
知名度が少ない三厩「みんまや」だが、それは今までテレビ取材を断ってきたからであり、実は良質のマグロ産地。三厩の漁師は他の漁師からも玄人集団と言われる程の実力者揃い。そんな漁師たちの中でも水揚げ上位に位置しているのが薪牧野勇次さん。ここ三厩で生まれたといわれる伝統の「ダンブ漁」で、極上マグロを釣り上げる!

店舗紹介

ぎんざ まぐろや 赤坂店
 住所:東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビルB1
 TEL:03-3583-3321
 営業時間:月曜~土曜 11:00~14:00
        月曜~金曜 17:00~22:00
 定休日:日曜・祝日

おさかな本舗 たいこ茶屋
 住所:東京都中央区日本橋馬喰町2-3-2 セントピアビルB1
 TEL:03-3639-8670
 営業時間:ランチ 11:45~14:00
        ディナー 17:00~23:00
 定休日:日曜・祝日

まぐろ人 御徒町出張所
 住所:東京都台東区上野6-3-7
 TEL:03-3831-3876
 営業時間 11:00~22:00
 定休日:無休
今年11月、上野のアメ横近くに寿司の立ち食い店がオープンした。その店では、通年を通して生の本マグロを出し続けるという。しかも冬のこの時期は大間産などの近海生本マグロを出し続けるという。高級寿司店と同じ品質だ。銀座の高級寿司店で中トロを頼むと一貫1000円はくだらないものを、わずか中トロ250で出すという。赤字覚悟の真剣勝負!

12月20日(日)夜7時