古代文明ミステリー たけしの 新・世界七不思議4

2010年1月1日(金) 夜8時54分/BSジャパン1月4日(月) 夜9時

出演者

MC:ビートたけし

選考委員:荒俣 宏、片瀬 那奈、森 泉、吉村 作治

進行:大江 麻理子(テレビ東京アナウンサー)

みどころ

2010年元日は、ヨーロッパが誇る二大世界遺産が『新・世界七不思議』をかけて激突!!今回は2200年前に「世界の七つの景観」を著したフィロンの故郷・古代ギリシャ、そして古代ローマが舞台。古代ギリシャ文明を代表する神殿「パルテノン」VS.古代ローマの円形闘技場「コロッセオ」。 再現ドラマでわかりやすく、また当時の驚きのテクノロジーを科学技術で解明する!!

パルテノン

2009年1月にアメリカのオバマ大統領が就任演説を行ったリンカーン記念堂。さらにフランス、ベルギー、スペイン、日本など世界各国の議事堂がモデルとしている建物・・・それが2500年も前にギリシャの首都アテネの丘の上に建てられたパルテノン神殿だ。紀元前438年に建てられたこの神殿が、なぜ今も世界中で国を代表する建物のデザインに取り入れられているのか?
パルテノン神殿は宙に浮いているように見えたという。それはいったい?
また、白亜の殿堂として知られるパルテノン神殿が、実は鮮やかな色彩に彩られていたとしたら?現代科学技術が解明するパルテノン神殿の色彩とは?誰が?何のために?ここまで美しく謎に満ちた神殿を建設したのか?
2500年前の古代アテネで深く結びついた2人の男の友情のドラマが今夜明らかに!

コロッセオ

皇帝ウェスパシアヌスとティトゥスの親子二代にわたる情念を秘めた円形闘技場が完成したのは、紀元80年。以来2000年もの間、人類史上最大級の建物としてその姿を留めているコロッセオ。400年以上にわたり繁栄を極めた大帝国ローマの象徴。帝国の繁栄の秘密を解き明かす全てが、この人類の貴重な遺産には隠されている。
コロッセオに凝縮された古代ローマの驚嘆すべき技術。
現代の技術をも凌駕する古代ローマの発明品とは?またコロッセオでの海上船の戦いを可能にしたローマの町の広大な仕掛けが、今、明らかに!そして、1000年の都と謳われたローマを滅亡に追い込んだものとは?
小さな都市国家から強大な帝国にのし上がったローマ帝国の繁栄と没落を見続けたコロッセオが語る息をのむような人間ドラマの幕が今、上がる!

2010年1月1日(金) 夜8時54分/BSジャパン1月4日(月) 夜9時