テレビ東京のトップページです。

現在の時刻

番組表

ドラマ

新春ワイド時代劇 「白虎隊~敗れざる者たち」

2013年1月2日(水) 夕方5時から一挙7時間放送!


新春ワイド時代劇 「白虎隊~敗れざる者たち」

本サイト情報

番組公式ソーシャルメディア

白虎隊

白虎隊

エキストラ募集

新春ワイド時代劇 「白虎隊」(仮)

番組内容

物語は、会津藩主・松平容保が京都守護職を拝命し、悲劇の幕が開ける1862年から、戊辰戦争を経て会津の地に再び春の予感がし始める1868年頃までの、激動の約7年間を描く。
幕末の会津。会津藩家老・西郷頼母(さいごうたのも・北大路欣也)は、妻・千重子(黒木瞳)や自身の親兄弟・子供たちと質素ながらも仲睦まじく暮らし、家老職の一方で藩校「日新館」の指導者としても少年たちの鍛錬に尽力していた。
しかし文久2年(1862年)、会津藩主・松平容保が京都守護職に任ぜられたことで状況は一変する。当時、江戸幕府の威信が低下する中、京都には尊王攘夷派の過激浪人らが集い、治安は悪化の一途をたどっていた。そんな中で幕府は京都守護職を新設し、会津藩の優れた武勇で不逞浪人を一掃しようとしたのだった。
会津藩の切迫した財政を知る頼母は、京都守護職を返上するよう強固に主張する。江戸屋敷まで出向き藩主・松平容保に直訴するが、義に厚い容保は聞き入れず、病弱の身をおして京へ向かうのだった。
京都守護職は新撰組を配下に置き、攘夷派を厳しく取り締まったが、それは薩摩や長州の激しい憎悪をかうことを意味していた。会津藩は否応なく、混乱する政局の中心に巻き込まれて行くのだった…。

出演者

北大路欣也 ヤマダ電機 新春ワイド時代劇 「白虎隊」
北大路欣也
(西郷頼母役:会津藩家老)

黒木 瞳
(西郷千重子役:頼母の妻)

須賀健太 中村蒼 西井幸人
須賀健太
(飯沼貞吉役:白虎隊士・頼母の甥)

中村 蒼
(篠田儀三郎役:白虎隊士・リーダー)

西井幸人
(井深茂太郎役:白虎隊士・頼母の甥)

出演者 第二弾発表

新春ワイド時代劇 「白虎隊」(仮) 新春ワイド時代劇 「白虎隊」(仮) 新春ワイド時代劇 「白虎隊」(仮)
伊藤英明
(松平容保役:会津藩主)

国仲涼子
(西郷眉寿子役:頼母の妹)

岸谷五朗
(土方歳三役:新撰組・副長)
新春ワイド時代劇 「白虎隊」(仮) 新春ワイド時代劇 「白虎隊」(仮)
水野真紀
(照姫役:容保の義姉)

小林稔侍
(萱野権兵衛役:会津藩家老・頼母の親友)


渡辺 大 (中沢鉄之助 役:会津藩士・眉寿子の許嫁)
前田亜季 (西郷由布子役:頼母の妹)
山田純大 (日向内記役:白虎隊士中二番隊中隊長)
           ・
隆 大介 (芹沢 鴨役:浪士組筆頭局長)
梨本謙次郎 (近藤 勇役:新撰組局長)
山下規介 (秋月悌次郎役:会津藩公用方用人)
石田太郎 (神保内蔵助役:会津藩家老)
寺田 農 (田中土佐役:会津藩家老)
           ・
渡辺美佐子 (西郷律子役:頼母の母)
中村嘉葎雄 (治兵衛役:会津の名主)

コメント

■北大路欣也
北大路欣也
      西郷頼母役
素晴らしい家族に見守られ、温もりのある会津の人々と、国を想い義を尽くし真の愛を求めて生き抜く頼母役。

スタッフの皆さんと切磋琢磨して作品作りに参加したい。

■黒木瞳
ヤマダ電機 新春ワイド時代劇 「白虎隊」
     西郷千重子役
Q:脚本を読まれた感想はいかがですか?
「白虎隊」は、少年たちの悲劇のお話と思っていましたが、読んでみると想像をはるかに超え、感動しました。家族愛や夫婦愛、そして最終的には「生きていく希望」に繋がっていて…。大切なことが沢山散りばめられていて、(会津藩に伝わる)“什の掟”をはじめ、現代にも通用する教えもあり、自分自身も学ばせて頂きました。久しぶりにジェームス三木さんの脚本を演じるということで、とても嬉しく思っています。
テレビ東京の新春ワイド時代劇に出演するのは久しぶり(2003年の「忠臣蔵~決断の時」以来)ですが、実は今回の作品で7回目・女性では最多の出演だそうで、「7チャンネルの7回目」ということで燃えております(笑)。

Q:ご自身の役柄「千重子」をどのように演じたいですか?
具体的な演技プランはこれからですが、夫に尽くして自分の人生を捧げる、健気で慎ましやかな女性で…けれど、夫を手のひらで転がすようになれたらいいな、と(笑) かわいらしく演じられたらと思います。

Q:北大路欣也さんと共演に向けて、どんな思いをお持ちですか?
北大路さんとは、映画「動天」(1991/東映)以来の共演です。その際も夫婦役で、すごく良く覚えているのが、北大路さんに殴られるシーンがありまして…。最後のカメラテストまでは殴るフリだったのですが、本番は本当に殴られました。やはり、殴った方も殴られた方も、それで芝居が変わるんです。本番は、私がボロボロ泣く芝居になり、北大路さんって「すごいな」「さすがだな」と思いました。北大路さんご本人は覚えてらっしゃらないかもしれませんが、それが印象に残っています。そして、今回は私が北大路さんを叩くシーンがあるようなので…小さな企みがあります(笑)なんちゃって。

■国仲涼子
新春ワイド時代劇 「白虎隊」(仮)
     西郷眉寿子役
このような大作に出演させて頂き、大変光栄に思います。
実際の存在していた方を演じさせて頂くので、プレッシャーもありますが楽しみながら演じることができたらと思います。
家族の信頼関係や愛や、泣きが有りながらもユニークなシーンもあるので色々な方に見て頂けたらと思います。
共演者の方も初めての方が多いので、色々勉強させて頂けたらと思います。

■伊藤英明
新春ワイド時代劇 「白虎隊」(仮)
      松平容保役
久しぶりに北大路さんとの共演なので、今から撮影が待ち遠しいです。岸谷さん他素晴らしい役者さんと、正月から最高の作品を皆さんに楽しんでもらえればと思います。

※ 北大路さんとの共演:2005年のテレビ東京新春ワイド時代劇「開局40周年記念番組国盗り物語」以来

■岸谷五朗
新春ワイド時代劇 「白虎隊」(仮)
      土方歳三役
戦国時代に並び、とても興味のある時代が幕末です。
蝦夷地で死を遂げるまで前を見続けた剣豪・土方の繊細な部分を、この作品のオリジナルである国仲涼子さん演じる眉寿子への想いで表現出来たらいいなと思っています。
北大路さんはじめ素晴らしいキャストの皆さんと大作を創り上げられる事を、幸せに思っています。

放送局情報

この度、福島県での放送が正式に決定しました!
福島中央テレビでの放送、放送日時(詳細)は後日発表となります。

音楽情報

主題歌が、加藤登紀子の書き下ろし曲「風歌 KAZEUTA」に決定!

新春ワイド時代劇 「白虎隊~敗れざる者たち」

テレビ東京の新春ワイド時代劇では2005年放送の「国盗り物語」(出演:北大路欣也、伊藤英明、渡部篤郎)以来2度目となります。この「風歌 KAZEUTA」を含むニューアルバム『登紀子 旅情歌 ―風歌 KAZEUTA』は11月21日に発売されます。

【加藤登紀子コメント】
毎年、お正月に大きなテーマで取り組まれる、テレビ東京の長時間ドラマ。そのテーマを歌わせていただくのは、今回が二回目です!
2005年の戦国時代の武将たちの荒ぶる人生を描いた新春ワイド時代劇「国盗り物語」の主題歌が「絆」でした。
今回も幕末の戦乱の中で、たくさんの命が奪われて行く悲しい物語ですが、とりわけ、「白虎隊」という若者の死が描かれているだけに、その無念の思いを力強く響かせたいと思い、テーマ曲は「風歌」になりました。
バックに大勢の男性コーラスと祭り太鼓をいれ、民謡のパワーを新しいリズムで表現するアレンジを担当したのは、菅野よう子さん。「時には昔の話を」で共演して以来の、最も信頼している音楽家です。
どんな時も生きることを大事にした西郷頼母が、10歳の長男と旅立つシーンは、過去から未来への祈りであり、希望!
たくさんの命、大切なものを失っても、未来に向かって歩いて行く、その新鮮なエネルギーを感じていただけたら、と思います。

キャストによる撮影報告

撮影快調!物語の軸となる、主人公・西郷頼母一家のシーンが撮影され、キャストが撮影の報告を行いました。

新春ワイド時代劇 「白虎隊」(仮)

■出演者コメント

Q.今日までの撮影、いかがですか?
北大路
大変です。限られたスケジュールの中、俳優陣然り、スタッフの皆さんも大変だと思います。
現場の人間としては、今はまだ、過去を振り返ったり先を見る余裕はなく、その日その日をどういう風に消化していくかということを考えています。

Q.西郷頼母、千重子、眉寿子、律子…それぞれ、演じてみていかがでしょうか?
北大路
ジェームス先生の脚本には、それぞれの人物が魂をこめて書かれているので、余計なことは考えず、それを素直に演じていれば良いのだと思います。
西郷頼母は、「どんな男か?」の「どんな」に当てはまらないので、簡単にどんな人物かを語るのは難しいです。僕も、脚本で内容はわかっているものの、最後までどうなっていくのか、楽しみです。
脚本をうまく体現できれば良いのですが、心素直に演じられるかが勝負です。

黒木
千重子は潔くて、内に秘めた強さのある女性。演じれば演じるほど、その強さに圧倒されそうになります。
重光監督からは「可愛らしさも感じさせたい」とのことで、強さの中にある可愛らしさを意識しながら演じています。千重子の辞世の句は「なよ竹の風にまかする身ながらもたわまぬ節(ふし)はありとこそ聞け」というのですが、風にそよぐなよ竹のように運命に身を任せるけれども、竹の節のように、しっかりと芯の強さと志を持っている人だと思いました。これこそが会津女性の強さなのでしょう。

Q.(黒木さんに)夫である西郷頼母については、どう思われますか?
理想の主人です。ちょっと頑固で癇癪持ち、でもとても懐が深くて優しく、藩を思う忠誠心もあって…正論しか言わないのが玉に瑕ですが(笑)家族はあったかい愛に包まれています。私自身の理想の男性像です。

国仲
衣装合わせの際に、監督から「眉寿子さんは、恋愛担当でお願いします」と言われたとおり、たくさん恋愛させて頂いています(笑)。泣いたり笑ったり、女の子らしい色々な表情を見せていると思います。
白虎隊は切ないお話というイメージが強いですが、家族と一緒にいるときの様子は、現代も変わりはないと思います。西郷家は子どもたちが多いこともあり、ほのぼのと愛に溢れている印象でした。ただ、その後に起こる出来事を知っているぶん、家族の幸せな時間を感じれば感じるほど、切なく胸にささりました。
また、城下町が燃えるなか、「ここに留まって城を守ろう」という決断をするのは、なかなか出来ることではありません。この時代、男性はもちろんですが、家に残された女性はさらに強くなければならなかったのだと、改めて感じました。

渡辺
この西郷家というのは、すごく仲が良く助け合って、でも、自分たちが武士の一族だということを、幼い子どもまでが皆心得ていて。殿様のために戦って死ぬのは全然怖くない、という気持ちがあります。
時代劇ということで、言葉遣いや佇まいこそ違えど、家庭の中では和やかな大家族ですので、私自身も家の中でのシーンは、時代劇ということをあまり意識せず、普通の家族を演じました。

Q.黒木さんと国仲さんは、会津ロケにも行かれましたが、いかがでしたか?
黒木
実際に会津を訪れて、鶴ヶ城があり、山があり…という風景を目にしたとき、この中での戦はどんなに怖かっただろうと、臨場感をもって見ることができました。頼母と千重子のお墓にも伺いましたが、人となりが出ているような質素なお墓でした。21名の、自刃した西郷家の方々のお墓もあり切なかったですね。
江戸時代の終わりに国を思う様々な悲劇があったのだなと歴史を感じ、日本人はこれを忘れてはならないと改めて思いました。

国仲
私は一度、会津武家屋敷での撮影に参加させて頂きました。武家屋敷には色々見学できるスペースがあったのですが、スケジュールの都合でゆっくりは出来なかったので…この後また11月に撮影で会津に伺うそうなので、その機会に色々と見学してまわれればと思っています。

Q.作品の見どころは、どのような部分でしょうか?
北大路
士農工商それぞれが血の出る思いで国を支えようと働く、想像もできない程大変な時代だったと思います。
この作品は、時代劇ではなく「超現代劇」だと僕は思っています。
この時代の人間が持つ思いというのは、本当に透明感があり、先に進んでいる印象。現代も、このように進めば世の中上手くいくんじゃないかと思うけれど、そうはいかない。
でも、「そうはいかない」というのが、楽しくもあり、良いのだと思います。いま、世界中で世が混乱しているなか、「義」を重んずること、「義」を貫くことの大切さを痛感しています。これは、頼母としてだけでなく、北大路欣也としての人生でも大切だと感じています。

黒木
日新館で教えられている「什の掟」には、会津の魂があると思います。また、台本に良いセリフがたくさんあります。
特に好きなのが、頼母の言う「天気を変えることはできないが、雨あがりを待つことはできる」というもの。最後には希望につながる、その希望を見ていただきたいと思います。そして、美しい日本の心を見て頂きたいと思います。

国仲
「白虎隊」と聞いて男の世界というイメージを持たれるかもしれませんが、この作品では、自分が演じる部分含め、家族のシーンがすごく多いです。夫婦愛、兄弟愛、家族愛が溢れている西郷家を中心としたシーンは、クスッと笑えるところも多くみどころです。
また、岸谷五朗さん演じる土方歳三と眉寿子のシーンは、一つ一つが濃厚なのですが、土方がすごく良い言葉をフランス語で言う場面があります。眉寿子の純粋な心で、ドキドキしながらお芝居できた気がします。とくに女性には見ていただきたいと思います。

渡辺
明治前に生きた男の気構えと、それを支える家族と、時代に素直に従う人間たちが描かれています。
自分たちの名誉を守るために、母親が自分の子どもを刺して殺し、母親も自決する、という時代。現代でも、死ぬ、ということは大変なことですが、この時代の「死」は大切なものを守るための悲しくも清い手段の一つだったのかもしれません。そういったことからも、時代の移り変わりというのをすごく感じました。
作品としては、家族の暖かさと、一歩外に出た時の過酷さがうまく対比されていると思います。

Q.撮影は今後も続きますが、意気込みをお聞かせください。
北大路
撮影は、悪戦苦闘しつつも、スタッフの皆さんをはじめ、支えてくれる人たちがいて進められています。
僕自身も、作品の参加者の中の一人として良い輪が出来ていると思うし、その空気は画面に映ると思うので、引き続き頑張りたいと思います。

会津若松でのロケ撮影

会津若松でのロケ撮影がスタート!
飯盛山目指して歩き進む、白虎隊士たちのシーンが撮影されました。

新春ワイド時代劇 「白虎隊」(仮)

このたび9月25日、物語の舞台、そして白虎隊ゆかりの地である福島県会津若松にて、ロケーション撮影がスタートしました!
この日は、戊辰戦争の中、戦いに敗れ傷ついた白虎隊士たちが、疲弊しながらも飯盛山を目指して歩き進むシーンなどを撮影。自然あふれる会津の地で、白虎隊士たちの熱演が繰り広げられました。撮影はこの他、会津武家屋敷、院内墓地などでも予定されています。

クランクイン情報

この度、クランクイン! 白虎隊士たちによる飯盛山でのシーンが撮影されました。

新春ワイド時代劇 「白虎隊」(仮)

新春ワイド時代劇 「白虎隊」(仮)

このたび9月20日、クランクイン!茨城県内の撮影現場で、白虎隊士たちによる山中でのシーンが撮影されました。戊辰戦争の中、戦いに敗れた白虎隊士たちは山や森を抜け、飯盛山にたどり着きます。飯盛山の山頂から、戦火に包まれた鶴ヶ城の城下町を見て愕然とする場面、引き続き自刃に向かうシーンなどが、この日撮影され、緊迫感の中で白虎隊士たちの熱演が繰り広げられました。

白虎隊士中二番隊で唯一生き残る、西郷頼母の甥・飯沼貞吉を演じる須賀健太、リーダーの篠田儀三郎を演じる中村蒼、頼母の甥・井深茂太郎を演じる西井幸人、それぞれのコメントです。

西井幸人 須賀健太 中村蒼
西井幸人
(井深茂太郎役:白虎隊士・頼母の甥)

須賀健太
(飯沼貞吉役:白虎隊士・頼母の甥)

中村 蒼
(篠田儀三郎役:白虎隊士・リーダー)


■出演者コメント

脚本を読まれた感想はいかがですか?

須賀健太
ちょうど学校で白虎隊について習っている時に、このお話をいただきました。自分は、白虎隊士の中でも生き残る役で、白虎隊の話を語り継いできた・受け継いできた方を演じることに、初めはプレッシャーを感じていました。でも、撮影が始まってみたら、ロケの環境やたくさんの仲間も自分の役作りにプラスになって、変に意識せずに演技ができていると思います。基本的に戦いの最中での出来事なので、緊迫した雰囲気や“疲れ”も見せられたら良いなと思っています。

中村蒼
白虎隊士は自分の実年齢より若いので大丈夫かなと思っていたんですが、僕の中で白虎隊は、歴史物の中で「これだけは演じておきたい」と思っていたものの一つなので、すごく嬉しいです。途中から白虎隊のリーダーとして指揮を執る人物の役なので、なるべくうろたえないよう、ドシッと構えることを心がけています。

西井幸人
昔、家族で鶴ヶ城に行った時に、白虎隊が自害する様子を蝋人形で再現した展示を見たんです。結構リアルだったので、その時は怖かったです。でも、いざ自分が演じることになり、僕たちの歳でこういう人生を送ってたんだと考えると、現代の人たちにもきちんと伝えていきたいなと思います。

撮影初日を終えての感想は?

須賀健太
結構大変でした。白虎隊の皆で山を登っていくシーンがあったんですが、僕だけ足を滑らせて穴みたいな所に落ちてしまって。フレームから消えてしまったので、次のカットで画面の外から入ってくるようにして、繋げました(笑)。西井君とは、撮影前から知っていることもあり話しやすかったです。

中村蒼
初日ですが、クライマックスのシーンを撮ったので大変でした。全体的にも個人的にもまだまだ未完成な部分もありますが、白虎隊士の皆で集まって、作っていく感じが楽しかったです。

西井幸人
暑かったし、蜂が居たり足場が悪くて大変でした。皆で山を登るシーンのリハーサルで、3回くらい足を滑らせてしまって、須賀君に「お前気を付けろよ~」と言われたんですが、本番では須賀君が滑ってました(笑)。初日なので、皆と緊張して喋れないかも、と思っていましたが、白虎隊同様近い年齢の役者同士なので、自然に打ち解けられました。

これからの撮影に向けての意気込みは?

須賀健太
皆でこれからの長い撮影を乗り切って、本当の白虎隊のように、結束力のあるチームになれたらと思います。また、個人的には生き残った後のシーンもすごく大切なので、その時に白虎隊の皆の顔や気持ちを思い浮かべながら演じられると良いなと思います。

中村蒼
もっともっと、皆で力を合わせて良い白虎隊を作っていけるよう、頑張りたいと思います。

西井幸人
これからまだまだ撮影がありますが、白虎隊としても、現場の人たちとも、チームワークを深めて取り組めたらと思います。

脚本

ジェームス三木
NHK「澪つくし」「独眼竜政宗」「葵徳川三代」「神様の女房」「薄桜記」EX「弟」
TX「忠臣蔵~瑤泉院の陰謀」「上を向いて歩こう~坂本九物語」ほか

監督

重光 亨彦
NHK「澪つくし」「武田信玄」「葵・徳川三代」「最後の忠臣蔵」
TX「忠臣蔵~瑤泉院の陰謀」NTV「霧の旗」ほか

白虎隊とは

幕末の会津藩は慶応4年(1868年)に軍制を改革し、隊は年齢別に組織された。16、17歳の武家の男子で構成された部隊が「白虎隊」である。約300名の白虎隊はさらに、身分により「士中一、二番」「寄合一、二番」「足軽隊」の5隊に分けられた。この中の上級武士の子弟で構成された「士中二番隊」37名が、慶応4年の戊辰戦争の際に戸ノ口原で敗退、うち20名が飯盛山に逃れたが、戦火に包まれた若松城をみて落城したものと思い自刃を決行した。介抱され一命を取り留めた飯沼貞吉を除く19名が死亡し、会津藩の悲劇を象徴する出来事として語り継がれている。

西郷頼母、そして西郷家とは

幕末の会津藩家老。主君・松平容保が幕府から京都守護職就任を要請された際、疲弊した藩の財政と、政局に巻き込まれることを懸念し辞退を進言した。そのため主君の怒りをかい、その後も否定的な態度を崩さなかったため、家老職を解任される。1868年、戊辰戦争の勃発により容保から家老職復帰を許される。しかし、白河口の戦いの敗北の責任を取らされて再び解任の憂き目にあう。主君らが若松城に籠城するにあたり、意見の折り合わぬ頼母は追放同然に会津を脱出することとなった。
一方、頼母の妻・千重子をはじめ西郷家の一族21名は、若松城への籠城を前に足手まといにならぬようにと自刃を決行した。この西郷家の受難は、白虎隊と並ぶ会津の悲劇として今なお語り継がれている。
会津を落ち延びた後の頼母は、旧幕府軍の降伏後、函館で捕えられた。1872年に赦免され、その後は伊豆で私塾をひらいたり、神職を務めるなど波乱万丈の生涯を生き抜いた。1903年(明治36年)、会津若松の十軒長屋にて73歳で死去。