向田邦子ドラマスペシャル~蛇蠍(だかつ)のごとく~
放送日
【放送は終了しました】

詳細内容

【原作】向田邦子
【脚本】 長尾啓司(TX監督作:「赤い月」「壬生義士伝」他 脚本:映画「愛と誠」「時代屋の女房」「アイドルを探せ」他)
【監督】 朝原雄三 (監督作:映画「釣りバカ日誌」シリーズ7本 他)

出演者

主演:市村正親
    黒木瞳 、石原さとみ、中村俊介、小澤征悦、鈴木砂羽、芦名星、銀粉蝶、大地康雄 他

だかつのごとく蛇蝎のごとく出演者1 蛇蝎のごとく出演者2 蛇蝎のごとく出演者3 蛇蝎のごとく出演者4

企画意図

飛行機事故で1981年8月に急逝した作家向田邦子の没後30年を迎えた今、彼女の代表作でもある本作を
昭和の設定から平成の現代にアレンジして送る。
「蛇蠍のごとく」は,"日常に潜んだ家族の情念"を描いて秀作と呼ばれる「阿修羅のごとく」「家族熱」「冬の運動会」に並ぶ代表傑作のひとつであり、1981年1月にNHK土曜ドラマで放送されて以来の再ドラマ化が望まれていた作品である。
まもなく第二子が誕生予定で、公私ともに華やかなスター、市村正親を主演に迎え、男が誰でも自分の中に飼っている一匹の"虫"を巡り、娘の不倫相手と対立しながら、
父と娘…、夫と妻…、それらの矛盾と葛藤をユーモラスかつ辛辣に描く。
男性も女性も楽しめるホームドラマの真骨頂である。

ストーリー

鉄鋼会社の部長・古田(市村正親)は仕事一筋の堅物だったが、初めて部下のOL(芦名星)に微かな浮気心を抱く。
そんなとき、娘の塩子(石原さとみ)が知らぬ間に妻子ある男とマンションを借りていた。突然来たダブルベッドの配送確認からそれを知った古田はマンションに乗り込み、不倫相手の石沢(小澤征悦) と大騒ぎとなる。
ところが、話は思わぬ方向にすすみ、古田の妻・かね子(黒木瞳)と石沢の妻が仲良くなったり、古田の浮気心がばれたり、塩子の元カレの佐久間(中村俊介)が乱入したりで、家族それぞれが隠していた綻びが露呈することとなる。
やがて、塩子の妊娠が発覚し…。哀しくも劇的なクライマックスが家族におとずれる。

ランキング