報道スクーププロジェクト オウムは今も生きている・・・ ~総力追跡!地下鉄サリン20年~
放送日
【放送は終了しました】

番宣動画

みどころ

報道スクーププロジェクト オウムは今も生きている・・・ ~総力取材!地下鉄サリン20年~テレビ東京が独自に入手したスクープ資料、元教団幹部など関係者への独占取材、取材に基づく再現ドラマを通じて、凶悪犯罪に走ったオウム真理教の知られざる裏側、そして今なお続く“オウム問題”に迫る。






 

出演者

ナビゲーター:大橋未歩(テレビ東京アナウンサー)

内容

報道スクーププロジェクト オウムは今も生きている・・・ ~総力取材!地下鉄サリン20年~1995年3月20日、死者13人・負傷者6300人以上を出した地下鉄サリン事件。
「救済」をうたい、多くの優秀な若者を引きつけた新興宗教団体「オウム真理教」が起こした凶悪犯罪は、日本そして世界を震撼させた。
あれから20年。“オウム”の教えは今なお生き続け、後継団体に向かう若者が増え続けている。何が今の若者を“オウム”に惹きつけるのか。
番組では、独自に入手したスクープ資料から麻原の野望を明らかにするとともに、元教団幹部や重要人物への独占取材、取材に基づく再現ドラマを通じて、再び動き始めた知られざる“オウム”の実態に迫る。


なぜ若者は“オウム”に惹かれる?

年末のある日、東京近郊の駅前で1台のワンボックスカーに次々に乗り込む若い男女たち。向かった先はオウムの後継団体、アレフの道場だった。年末だけではない。春、秋の連休や週末にもアレフの道場前では多くの若者の姿が見られる。20年前の事件の記憶が薄い世代の若者たちだ。かつてのオウム真理教にも若く優秀な信者が集まった。なぜ若者は“オウム”に惹かれるのか。
番組はオウムの2つの後継団体に向かった男性(25)に密着。何が彼を惹きつけるのか。


今も生き続ける麻原「獄中指示」の全容


取材班は、これまで一部しか明らかになっていなかった教祖・麻原の「獄中指示」の全文を入手した。幹部にしかわからない隠語を交えて残された麻原の「ラストメッセージ」の内容とはどのようなものなのか。逮捕後も教団は麻原の指示で動いていた・・・今もなお引き継がれる恐るべき指示を読み解き、麻原の野望を探る。

 
「サリンを作るのは簡単」死刑囚が明かした“人類改造計画”

サリンを大量に製造する能力があれば、麻原が目指した“人類改造計画”は実現可能だった。「サリンを作るのは難しくありません」――サリンを作った死刑囚は、面会を続ける米軍の化学兵器の専門家にそう話しているという。番組では麻原の野望を示す資料を独自入手。オウム真理教の恐るべき計画の全容を明らかにする。

プロデューサーからの一言

“オウム問題”は終わっていない・・・それが取材を通して私たちが感じたことです。社会への憎悪を抱く“オウム”がなぜ生まれ事件を起こしたのか、これまでの捜査や裁判、報道ではわからないことが多く残されています。番組ではいくつものスクープ資料を入手し分析を続けてきました。20年前に起きた悲劇と私たちはきちんと向き合ってきたのでしょうか。いま明らかになる新事実を通じて“オウム問題”と向き合っていきたいと考えています。

同時放送

テレビ東京、岐阜放送、テレビ和歌山、奈良テレビ

ランキング