【ドラマ24】玉川区役所 OF THE DEAD

本サイト情報

本サイトがオープンしました!≫

最新情報

08.27・・・超武闘派の新人職員役に広瀬アリス、ゾンビマニアの医科大学准教授役に金子ノブアキが決定!ほか、追加キャスト発表!

08.27・・・主演、出演者、脚本コメント、ストーリー、番組概要を更新しました!

08.11・・・公式サイトがオープンしました!

番組公式SNS

【ドラマ24】玉川区役所 OF THE DEAD【ドラマ24】玉川区役所 OF THE DEAD

異色のホラー系ヒューマンコメディー放送!

10月クールの「ドラマ24」は、
主演:林遣都×監督:河原雅彦「玉川区役所 OF THE DEAD」
ちょいユルなゾンビ世界へようこそ…!

玉川区役所 特別福祉課に勤める主人公・赤羽(あかば)晋助は、公務員らしく安定した生活を送るものの、いまいちパッとしない毎日。流されて生きてきたどこにでもいる"普通の男"は今日もなんとかゾンビを捕まえる…
いや、ちょっと待った!
なにかがおかしい?
そう、彼が住むのは“ゾンビ”がいる世界。
彼の仕事=玉川区特別福祉課とは、ゾンビ対策と捕獲を担当する部署だった!
新人として配属された“超武闘派”の女の子との恋の行方、幼なじみのゾンビ博士との普通じゃない友情、すっとぼけた愛しき上司達、Hなお店でゾンビウイルスに感染してしまった親族…など、みどころ満載の異色のホラー系ヒューマンコメディ「玉川区役所 OF THE DEAD」。

主人公・赤羽晋助を演じるのは、第31回日本アカデミー賞で新人俳優賞を獲得した林遣都
監督は、河原雅彦。2006年、舞台「父帰る/屋上の狂人」にて第14回読売演劇大賞優秀演出家賞受賞。嵐の主演映画「ピカンチ」シリーズでは脚本をつとめる。俳優・演出家・脚本家と、様々な顔を持つ演劇界の異才が、連続ドラマに新風を吹き込む!

主演【NEW】

       
 

主演 林遣都 (赤羽晋助 役)

[赤羽晋助役 林遣都 コメント]
出たかったテレビ東京の「ドラマ24」枠の主人公をやれることが、とても嬉しいです。それに加えて河原雅彦さんが演出をされると聞き、更にテンションが上がりました。 河原さんのもとでやれることは今の自分にとって大きなチャンスだと思っています。

劇中では、自分がゾンビ化してしまうんじゃないかという不安を抱え、悩み苦しむ人達を放っておけない晋助の根っこにある優しさをうまく表現したいです。また、今回この作品に参加するにあたって、名作といわれるゾンビ映画を総ざらいし、初めてゾンビと対面した時に気持ち悪くならないように、免疫力を高めて撮影に臨みたいと思っています。

それと、今回はよく走る役です。元々走るのは得意な方ですが、役作りの一環で7月ぐらいから走り始めています。ここからは更に追い込んだ禁欲生活を繰り広げていくつもりです。ゾンビに追いつかれた時点で僕の負けです。生まれ持った才能を表現する為には相当な準備が必要だ…ということで(笑)。

この夏は、ゾンビと共に血と汗にまみれ、ゾンビと共に走り抜けます。 ゾンビブームの最前線をいく方、ゾンビブームに乗り切れていない方、ゾンビが苦手な方、沢山の人に観て頂きたいです。あわよくば、海外の名作ゾンビ映画を作った誰かにも。
<OF THE DEAD>とタイトルに付く作品は沢山ありますが やるからには<OF THE DEAD>といえば玉川区役所!を目指して頑張りたいです!

[キャラクター紹介]
赤羽晋助(あかば しんすけ)
特別福祉課活動係。
ゾンビに感情移入をしてしまう心やさしい超草食男子。人生に目標もなく、安定と単調な毎日を求めて区役所に就職。ところが、人並み外れて足が速いという理由だけで、ゾンビの捕獲が仕事の特別福祉課に配属されてしまう。不本意な配属だが、腐っても公務員という安心感も捨てがたい。
深く考え込んでしまいそうな時はとにかく走る。走ると、無心に帰れるからだ。そんな風にして、なんとかこの仕事を3年続けている。

 

【ドラマ24】玉川区役所 OF THE DEAD

出演者【NEW】

       
 

広瀬アリス (立花凛 役)

[立花凛役 広瀬アリス コメント]
今回ヒロインの立花凛という役を演じさせて頂けるということで、物凄くプレッシャーを感じています。ですが、自分の持っているものを全て出せるように全力で頑張ります!
私が演じる立花凛はボーイッシュという部分では共通点はあるかもしれません。ですが、彼女は名前の通り凛とした女性なのでやっぱり自分とは真逆だと思います…(笑)。そのギャップも楽しみつつ演じられたらなと思っています。それと、役衣装でスーツを着させて頂くのは初めてなので、早く立花凛を演じたいです。
ゾンビ映画はよく見る方だと思います。好きなのかもしれないですね(笑)。早くゾンビに会いたいです(笑)。

[キャラクター紹介]
立花凛 (たちばな りん)
あるトラウマのためにゾンビを強烈に憎み、「この世のゾンビを一匹残らずぶち殺す!」と息巻く新人職員。
自ら特別福祉課で働くことを希望したが、だらけた課の雰囲気に落胆し、特に軟弱に見える晋助にはあからさまに嫌悪感を示す。剣道の有段者で腕っぷしは確かだが、一方で危険を顧みず飛び込んでしまうような無鉄砲なところもある。

 

【ドラマ24】玉川区役所 OF THE DEAD

       
 

金子ノブアキ (幸田健司 役)

[幸田健司役 金子ノブアキ コメント]
幸田健司と僕は、マイペースな所が非常に似ていると思います。彼とは仲良くなれそうです。ゾンビ大好きな幸田よろしく、ゾンビを恐怖の対象ではなく自由で陽気な奴等だと考える様にしております。何より楽しい現場に!愛される作品に!ユル~いお話ですが全力で取り組みたいと思っています。何卒よろしくお願いします!

[キャラクター紹介]
幸田健司(こうだ けんじ)
玉川医科大学准教授で、週に何日か玉川区役所特別福祉課に嘱託職員として出向き、ゾンビウイルス保有者の健康診断などを行っている。
かなりのゾンビマニアで、ゾンビが好きすぎて研究者になった変わり者。そこそこ女性にはモテるが、生きている人間には興味がなく、彼女はいないらしい。晋助の幼馴染。

 

【ドラマ24】玉川区役所 OF THE DEAD

       
 

高橋努 (大川剛 役)

[キャラクター紹介]
大川剛(おおかわ つよし)
特別福祉課活動係 主任。
晋助や凜の直属の上司で筋トレマニア。ゾンビを捕獲する現場では危険な役を晋助に押しつけたりする反面、仕事にはプライドを持っており、いきなり男気を見せたりもする。

 

【ドラマ24】玉川区役所 OF THE DEAD

       
 

片桐仁 (田之倉圭 役)

[キャラクター紹介]
田之倉圭(たのくら けい)
特別福祉課管理係 主任。
ゾンビウィルス感染者の申請受付や管理を担当する。盗聴マニアで地下アイドルオタク。

 

【ドラマ24】玉川区役所 OF THE DEAD

       
 

古舘寛治 (大森準市朗 役)

[キャラクター紹介]
大森準市朗(おおもり じゅんいちろう)
特別福祉課の課長。元自衛隊員。
ちゃらんぽらんに見えるが、実は仕事がとても早く、やることをさっさと終わらせているタイプ。

 

【ドラマ24】玉川区役所 OF THE DEAD

       
 

豊田エリー (小野渚 役)

[キャラクター紹介]
小野渚(おの なぎさ)
特別福祉課のデスク。
絶えず女子力UPに励み、自分はいい女だという“揺るぎない信念” を持っている。幸田に気があるが、大川と田之倉にいつも言い寄られ、適当にあしらっている。

 

【ドラマ24】玉川区役所 OF THE DEAD

       
 

田畑智子 (佐々木みわ 役)

[キャラクター紹介]
佐々木みわ(ささき みわ)
晋助の姉。専業主婦。怒ると凄く怖い。
結婚3年目だが、なかなか子供が出来ず、現在、妊活中。旦那・尚宏にハッパをかけ過ぎて、若干(セックス)レス気味に。

 

【ドラマ24】玉川区役所 OF THE DEAD

       
 

近藤公園 (佐々木尚宏 役)

[キャラクター紹介]
佐々木尚宏(ささき なおひろ)
みわの夫で、晋助の義理の兄。
みわの尻に敷かれながらも幸せに暮らしていたが「結婚3年目になっても子供が出来ない」と焦り始めたみわからの猛烈なアタックに若干、弱り気味。赤羽家で晋助たちと同居している。

 

【ドラマ24】玉川区役所 OF THE DEAD

       
 

千葉雅子 (赤羽みどり 役)

[キャラクター紹介]
赤羽みどり(あかば みどり)
晋助、みわの母親。
古き良き時代の女性らしく、夫には敬語で話すタイプだが、実は結構こき使っている。

 

【ドラマ24】玉川区役所 OF THE DEAD

       
 

松澤一之 (赤羽晋市 役)

[キャラクター紹介]
赤羽晋市(あかば しんいち)
晋助、みわの父親。
大人なのに現実から目をそむけがちな男。夢を語るのは好きだが、かなり小市民。

 

【ドラマ24】玉川区役所 OF THE DEAD

脚本・新井友香 コメント【NEW】

ゾンビとかホラーものは怖くて観たら眠れなくなるので、観た事が無いというか、あえて避けて生きて来ました。だから、この「玉川区役所 OF THE DEAD」のお話頂いた時、「何故?!」と、驚きました。実際、とても苦戦しました。

でも、プロデューサーさんより一風変った設定案を頂き「あたたかくもスリリングな物語」となりました。自信を持ってオススメできるお話に仕上がって来たと思ってます。

ずっとゾンビ、ゾンビ、とゾンビの事ばかり考えて打ち込んでいたので、この夏は私がすっかりゾンビ状態でした。

監督

       
 

河原雅彦 熊坂出 ほか

 

 

プロデューサーコメント

テレビドラマでやれることはまだまだある!ということで、この10月で10年目に突入するドラマ24の記念すべき37作目は、“弱いゾンビを捕獲する区役所の職員”を描く前代未聞の『ホラー系ヒューマンコメディ』に挑戦します。

野犬と同じくらいの存在感でしかない悲しきゾンビ達を、区民の通報で捕獲するイケてない主人公…という極めてユルイ世界からドラマは始まりますが、なんといってもテーマはゾンビ!
“愛する人がゾンビになったら、あなたは手を下せますか?”そこにはゾンビ作品の王道をいく究極のヒューマンドラマが待っています。笑って観ていたはずが、いつの間にか深い心の葛藤に引きずり込まれる…笑いあり、涙あり、もちろん恐怖あり!そんな不思議な感覚をぜひ味わってほしいと思います。進化するゾンビ達にも注目です。
全世界を巻き込んだゾンビブームの中、日本のテレビドラマが遂に本格的なゾンビワールドに踏み込みます。
人間の全ての感情が凝縮された、新感覚のエンターテイメントドラマにご期待ください。

ストーリー【NEW】

16年前、メキシコ西部に“死なない人間”いわゆるゾンビが発生、急激に増加していった。ゾンビに噛みつかれてウイルスに感染した人間は、潜伏期間を経てやがてゾンビとなり、雪だるま式に新たなゾンビを生んだ。また、ウイルス保有者との性行為も感染ルートとなっていることがわかった。国は、まず被害が大きいところに自衛隊を派遣。戒厳令もしかれたが、ウイルスの研究が進み予防接種によってかなりの確率で感染が抑えられるようになると、感染者やゾンビ発症者が激減した。鎮圧隊は国家管轄から都道府県の管轄になり、徐々に規模が縮小。ゾンビは動きが遅く力も弱いこともあって、それほどの脅威にはならないという認識が一般化し、その存在は日常化していった。

20XX年の日本。他の課からワケありで異動してきた職員ばかりが集まる玉川区役所の特別福祉課の主な仕事は、特別保険対象者(通称『特保』:ゾンビウイルスを保有している住民または発症してゾンビ化した住民)の管理と捕獲。ウイルス感染を未然に防ぐため、定期健診や予防接種なども行っている。赤羽晋助(林遣都)も、そんな特別福祉課の1人だが、どうにもやる気が起きない。25年間、彼女と呼べる相手もおらず、パッとしない毎日を送っていた晋助。ところがある日、「ゾンビは一匹残さず全てぶち殺す!」と息巻く“超武闘派”の女の子が新人として配属されてきて…!

ゾンビに感情移入してしまう主人公の「人間としての心の葛藤」と、やがて来るゾンビパニックに立ち向かう姿を描く、コメディタッチのヒューマンドラマ!

番組概要【NEW】

       
  番 組 名 : ドラマ24「玉川区役所 OF THE DEAD」
  放 送 : 2014年10月3日スタート 毎週金曜深夜0時12分
  放 送 局 : テレビ東京系列
      (テレビ東京・テレビ北海道・テレビ愛知・テレビ大阪・テレビせとうち・TVQ九州放送)
      ※テレビ大阪は 毎週月曜夜11時58分~
  出 演 : 林遣都 広瀬アリス 高橋努 片桐仁 近藤公園 古舘寛治 豊田エリー/
      田畑智子 千葉雅子 松澤一之/金子ノブアキ
  脚 本 : 新井友香 赤松義正 他
  監 督 : 河原雅彦 熊坂出 他
  フプロデュ : 中川順平(テレビ東京)
  プロデューサー : 浅野太(テレビ東京) 藤田大輔 宮田幸太郎
  制 作 : テレビ東京
      スタジオブルー
  製 作 著 作 : 「玉川区役所 OF THE DEAD」製作委員会

ランキング