番組特選 世界の料理
2007年2月13日放送
兵頭ケイティさん・衛さん

夫婦で果物屋を経営する才女奥さま
 

バークレー大学を飛び級したほどの才女、ケイティさん。
日本に興味を持ち98年来日。
宮城県で教師として働き始める。
ある日レンタルビデオ店に居るとある男性が話しかけてきた。
後の夫となる衛さんだった。
当時はプロのスノーボーダーとして生計を立てていた。
この時ケイティさんは衛さんを見てびっくりした事があった。
一体、衛さんのどこを見てびっくりしたのか…!?
ケイティさんに一目ぼれした衛さんの熱心なアタックにより交際開始。
その後仕事を辞め帰国したケイティさんは衛さんに会いたいがために再来日。
しかし仕事も住む所も無かったケイティさんは衛さんの家で同居すること。
ここからがケイティさんにとって地獄の日々の始まりだった。
衛さんのお母さんによる厳しい嫁入り修行が待っていたのだ。
これも将来嫁になるケイティさんに日本での生活に慣れてほしいという思いからだった。
ケイティさんの結婚に至る波乱万丈の道のりとは。

水越レイチェルさん・浩量さん

日本語NGで旦那を困らす
オーストラリア美人嫁

レイチェルさんは英会話の先生として2000年来日。
三重県の塾で英語教師として働き始めた。
塾の経営者は夫、浩量さんだった。
1年後、浩量さんが交際を申し込み付き合い始める。
そして04年クリスマスイヴにゴールイン。
この日から浩量さんの苦悩がはじまった。
レイチェルさんは英語しか話さず日本語を覚えようとしなかった。
日本語に困ればレイチェルさんは即、浩量さんに助けを求める。
スーパーに行けばシャンプーの種類が分からず浩量さんに電話を。
さらに下着の買い物では浩量さんは毎度とても恥ずかしい思いをしている。
下着屋で一体何をレイチェルさんに頼まれるのか?
現在三重県桑名市に暮らすレイチェルさん夫婦。
ある日レイチェルさんは近くに住む浩量さんの両親宅へ行く事に。
両親宅に行く時は毎回手作りのお弁当を持っていくことにしている。
そこで台所でお弁当作りを始めたのだが…。
滅多に料理をしないレイチェルさん。
とても変り種の日本料理を作ってしまった。それは一体何?