放送日
2017年10月13日(金) 13時35分~15時40分

宇宙船が不時着した奇妙な星、そこは猿たちが人間を支配する惑星だった…。鬼才ティム・バートンが再創造した新たなる“猿の惑星”。今、未知なる歴史が始まる!

出演者

マーク・ウォールバーグ(レオ・デイビッドソン大尉)[声]:森川智之、
ティム・ロス(セード)
[声]:小山力也、
ヘレナ・ボナム=カーター(アリ)
[声]:田中敦子、
マイケル・クラーク・ダンカン(アター)[声]:菅生隆之、
ポール・ジャマッティ(リンボー)
[声]:斎藤志郎

監督・演出

【監督】ティム・バートン

制作

【製作年/国】2001年/アメリカ

ストーリー1

西暦2029年。宇宙船オベロン号は辺境の惑星探査の任務についていた。オベロン号には乗組員のほか、遺伝子操作した研究用の優秀な猿たちが搭乗しており、宇宙飛行士のレオ・デイビッドソン(マーク・ウォールバーグ)は、その中でも特に優秀なペリクリーズというチンパンジーに探査船の操縦を教えていた。ある日、宇宙空間に巨大な電磁波の嵐が出現。ペリクリーズを乗せた探査船が調査に向かうが、そのまま消息不明に…。

ストーリー2

レオは上官が止めるのも聞かず、探査船でペリクリーズ救出に向かうが、レオもまた次空間を貫くワームホールに飲み込まれてしまう。気がつくと、レオはどこかの惑星に不時着していた。命からがら船外に脱出したレオは、目に映る光景を疑う。ふたつの太陽が輝くその惑星は、進化を遂げた猿たちが人間を奴隷として支配する冷酷な原始社会、猿の惑星だったのだ!猿たちに捕えられてしまったレオは、

ストーリー3

他の人間たちと一緒に奴隷商人に売り渡されるが、元老院議員の娘で人間との共存を模索していた猿のアリ(ヘレナ・ボナム=カーター)に買い取られ、アリの協力で町から脱出することに成功。大破した探査船に戻り、そこで回収した通信装置で、オベロン号もまたこの惑星に辿り着いていたことを知る。レオはオベロン号を目指すが、人間を一掃しようと企む猿のセード将軍(ティム・ロス)が追ってきていて…。

音楽

【午後のロードショー オープニング・エンディング曲】
「Escaping The Smokers(Waterworld/Soundtrack Version)」James Newton Howard

関連情報

http://www.tv-tokyo.co.jp/telecine/oa_afr_load/

    ランキング