放送日
2018年1月5日(金) 13時35分~15時40分

ペテン師夫婦から生まれた天才少女が、持ち前の頭脳と不思議な力で悪を成敗!?大人の理不尽と闘いながら自分の居場所を見つける痛快ファンタスティックコメディ(1996年/米)

出演者

マーラ・ウィルソン(マチルダ):[声]矢島晶子、
ダニー・デビート(ハリー):[声]樋浦勉、
リー・パールマン(ジニア):[声]一条みゆ希、
エンベス・デイビッツ(ハニー):[声]佐々木優子、
パム・フェリス(トランチブル校長):[声]吉田理保子

監督・演出

【監督】ダニー・デビート

制作

【製作年/国】1996年/アメリカ

ストーリー1

マチルダ(マーラ・ウィルソン)は生まれつき本を読んだり、計算したりする能力が高い天才少女だった。だが彼女の家庭環境はお世辞にも良くなく、父のハリー(ダニー・デビート)は、粗悪品の中古車を法外な値段で客に売りつけるペテン師ディーラー、母のジニア(リー・パールマン)はド派手なファッションとビンゴが大好き、知性のかけらもない女性で、兄のマイケルは勉強嫌いですごくイジワルだった。

ストーリー2

さらには両親が頭の良いマチルダをじゃま者扱いする始末。家中の本をすべて読んでしまい、図書館から本を借りてきて読書していたマチルダだったが、ある日その本を父に破り捨てられ、怒ったマチルダが睨みつけたテレビが爆発、マチルダは超能力も持っていたのだった。6歳を過ぎようやく小学校に入れることになったが、そこは女校長トランチブル(パム・フェリス)が、子供たちを支配する恐ろしい場所だった。

ストーリー3

唯一の救いは、担任が美人で優しいハニー先生(エンベス・デイビッツ)だったこと。ハニー先生は、マチルダが天才的に頭の良いことにすぐに気づき、よき理解者となってくれる。しかし彼女も、校長のことが怖くて何も意見ができない。実は、ハニー先生と校長との間には、ある秘密があったのだ…。そして、マチルダは持ち前のスーパーパワーで、怪物並みに恐ろしい校長先生を退治することを決意する!

音楽

【午後のロードショー オープニング・エンディング曲】
「Escaping The Smokers(Waterworld/Soundtrack Version)」James Newton Howard

関連情報

http://www.tv-tokyo.co.jp/telecine/oa_afr_load/

    ランキング