放送日
2018年5月9日(水) 13時35分~15時40分

使命か、情熱か――家族の為に引退を決意した民衆のヒーロー・ゾロ。しかし、現れた最大の敵に立ち向かうべく再び正義のマスクを付ける!熱きアクション・エンタテイメント

出演者

アントニオ・バンデラス(アレハンドロ/ゾロ)[声]大塚明夫、
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(エレナ)[声]日野由利加、
ルーファス・シーウェル(アルマン伯爵)[声]森田順平、
ニック・チンランド(ジェイコブ・マクギブンス)[声]原康義、
アドリアン・アロンソ(ホアキン)[声]海鋒拓也

監督・演出

【監督】マーティン・キャンベル

制作

【製作年/国】2005年/アメリカ

ストーリー1

黒いマスクで素顔を隠した民衆のヒーロー・ゾロことアレハンドロ(アントニオ・バンデラス)は、初代ゾロことディエゴの娘・エレナ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)と結婚し、息子ホアキンも生まれ、幸せな日々を送っていた。やがて数年の時が流れ、メキシコ国のものであったカリフォルニアが、アメリカ合衆国の31番目の州になろうとする動きが始まる。最終的な結論は、カリフォルニア全土の住民による投票で決めることになり、

ストーリー2

住民の大多数は、アメリカ合衆国の州になることに賛成だった。しかし、カリフォルニア中央に位置する都市サンマテオで権力を握るジェイコブは、その動きが自分とって不利益になると感じ、投票を邪魔するためにこっそり投票箱を盗もうとする。だが、そのジェイコブの悪事を止めたのは、ゾロだった。投票箱を取り戻したゾロは民衆から賛辞されるが、妻エレナは息子ホアキンのためにも、

ストーリー3

危険が付きまとうゾロの仕事を引退してほしいとアレハンドロに訴えた。家族のためなら、とエレナに引退を約束したアレハンドロだったが、その後も街で起こる悪事を見過ごすことができず、約束を破りゾロとして戦ってしまう。エレナに、選挙が終わるまではゾロとして活動したいと提案するアレハンドロだったが、これを聞いたエレナは激怒し、ホアキンを連れて屋敷を出ていってしまう。

音楽

【午後のロードショー オープニング・エンディング曲】
「Escaping The Smokers(Waterworld/Soundtrack Version)」James Newton Howard

関連情報

http://www.tv-tokyo.co.jp/telecine/oa_afr_load/

    ランキング