日本カレーパン協会会長が厳選する東京都内の絶品カレーパン!

2016年5月24日

日本カレーパン協会会長が厳選する東京都内の絶品カレーパン!
戦国時代にポルトガルから日本へ伝来したと言われるパン。日本人はそのパンに独自のアレンジを加え、焼きそばパンやコロッケパンなど、西洋にはない総菜パンを生み出しています。そんな総菜パンの中でもとりわけ異彩を放つのがカレーパン。インド発祥のカレーにパンを組み合わせたカレーパンは、斬新なアイデアだったに違いありません。そこで、今回は日本カレーパン協会会長の佐藤さんに、カレーパンの魅力や都内でおすすめのカレーパンについて伺いました。

トレンドはユニークな形や変わった具のカレーパン

一口にカレーパンと言っても、形も中身の具もさまざま。最近のカレーパンの特徴はあるのでしょうか。 「カレーパンと言えばラグビーボール型が主流でしたが、現在はキューブ型、スティック型、つぼみ型など、バリエーションが豊富です。特に焼きカレーパンは、細かいパン粉やチーズなど、トッピングにこだわったものが多く、かなり個性的。具も、ビーフ、ポーク、チキンだけでなく、キーマカレー、グリーンカレー、バターチキンカレーなど、エスニックなカレーが入ったものが登場しています」(佐藤さん)
日本カレーパン協会会長が厳選する東京都内の絶品カレーパン!
焼きたてパンWHOLESOME(フォルサム)上野公園ルエノ店のキューブ型カレーパン「チーズカレーパン」(230円・税込)は、パンダの焼き印つき
日本カレーパン協会会長が厳選する東京都内の絶品カレーパン!
東京マリオットホテル内「ペストリー&ベーカリー GGCo.」のスティック型カレーパン「TOKYOカレーパン」(320円・税別)
日本カレーパン協会会長が厳選する東京都内の絶品カレーパン!
スーパー・ピーコックストアに入っているパン屋「アトリエ・デリッシュ」の「バターチキンカレー」(172円・税込)はレトロな雰囲気の袋入り。エスニックな風味だがマイルドな味が特徴 一目ではカレーパンだと分からないようなオシャレな形のカレーパンも誕生し、日々、進化を遂げているのですね。 では、佐藤さんイチオシの都内のカレーパンのお店をご紹介します。

本格的なキーマカレーが味わえるカレーパン

■ロワンモンターニュ(JR京浜東北線、東京メトロ南北線 王子駅) 北区にある飛鳥山公園近くのパン屋さんです。佐藤さんいわく「本格的なスパイスの効いたキーマカレーの揚げカレーパン(205円・税込)なのですが、油っぽくないところも魅力」なんだとか。秘密のカギは、生地に使用する北海道産小麦と白神こだま酵母。パン生地にコシがあり油の吸収も少ないため、ヘルシーな焼きカレーパンをチョイスしたものの少し物足りないという方や、油っこいものが苦手な方にはうれしいですね。
日本カレーパン協会会長が厳選する東京都内の絶品カレーパン!
【店舗情報】 住所:東京都北区王子本町1-15-20 高木ビル1F 電話番号:03-3900-7676 営業時間:9時00分〜18時00分 定休日:日曜、祝日、第2・第4土曜

昭和レトロで昔懐かしい素朴な味わいが魅力のカレーパン

■藤屋製パン淡島店(京王井の頭線 池ノ上駅) 池の上の商店街から少し離れたところにある、昭和レトロな雰囲気が漂うパン屋さんです。「カレーパン(170円・税込)は、ホシノ天然酵母を使用したふっくら生地が特徴。素朴な昔懐かしいカレーパンです」(佐藤さん)。これぞカレーパン! というシンプルな見た目ながら、原料にこだわっているのがポイント。天然の原料で自然培養したホシノ天然酵母を使ったパンは、味の深みや粉のうま味がより感じられるのだそう。
日本カレーパン協会会長が厳選する東京都内の絶品カレーパン!
【店舗情報】 住所:東京都世田谷区池尻4-35-27 電話番号:03-3421-1464 営業時間:7時30分〜19時30分 定休日:月曜・火曜・水曜・日曜

谷中散歩で食べたいカレーパン

■カヤバベーカリー(JR・京成・日暮里・舎人ライナー 日暮里駅) 谷中霊園の近くの古民家を改造したパン屋さんです。「焼きタイプのキーマカレーパン(210円・税込)は和風でおすすめ。まろやかな味なのでお子さんと一緒に食べられます。れんこんのシャキシャキとした食感もたまりません」と佐藤さん。谷中散策で歩き疲れたら、隣接のカフェでカレーパンを食べて、ほっと一息つきたいですね。
日本カレーパン協会会長が厳選する東京都内の絶品カレーパン!
【店舗情報】 住所:東京都台東区上野桜木2-15-6 電話番号:03-5809-0789 営業時間:8時00分〜19時00分 定休日:月曜日

野菜がたっぷりのまろやかなカレーパン

■リュバン(東急田園都市線 駒沢大学駅) 駒沢公園近くのパン屋さんで、ジョギングや犬の散歩がてらに立ち寄るお客さんでにぎわっています。佐藤さんイチオシのカレーパンは、もちもちとした米粉のパン生地に、ニンジン、タマネギ、ジャガイモ、コーンなど、野菜がいっぱい入った農家野菜のカレーパン(260円・税込)。クリーミーなおいしさが魅力なんだとか。たっぷり野菜が入っていることでまろやかなカレーパンに仕上がっているのですね。
日本カレーパン協会会長が厳選する東京都内の絶品カレーパン!
【店舗情報】 住所:東京都世田谷区深沢2-1-10 電話番号:03-3703-8551 営業時間:通常営業 7時00分~18時00分、冬季(12月-3月6日) 8時00分~18時00分 ただし、土曜・日曜・祝日は7時00分〜18時00分 定休日:火曜、1月1日

あんパンの名店はカレーパンも絶品

■喜福堂(JR・都営三田線 巣鴨駅) 巣鴨地蔵通り商店街にあるパン屋さん。あんパンで有名なお店ですが、カレーパンもおすすめなんだとか。「五穀(黒ごま、白ごま、大麦、黒米、はとむぎ)入りの黒いカレーが入った五穀カレーパン(238円・税込)は、ソフトな食感のパンの中にカレーがたっぷり入っていてお得な気分に。油で揚げておらず、お肉も入っていないのでヘルシー。ゴマの風味も効いています」(佐藤さん)。巣鴨を訪れるご年配の方にもぴったりな、身体に優しそうなカレーパンですね。
日本カレーパン協会会長が厳選する東京都内の絶品カレーパン!
【店舗情報】 住所:東京都豊島区巣鴨3-17-16 巣鴨地蔵通商店街 電話番号:03-3917-4938 営業時間:10時00分〜19時00分 定休日:月曜・火曜 ※ただし縁日(4がつく日)と祝日は営業 どのカレーパンもユニークなものばかり。お散歩がてらそれぞれのお店に行って、今回ご紹介したカレーパンを食べ比べしてみてはいかがでしょうか。 【取材協力】 日本カレーパン協会 【情報提供】 日本カレーパン協会会長のブログ「カレーパン大好き!」 「虎ノ門市場」では、揚げていないのにサクサク食感が楽しめる“お米で作った「焼カレーパン」”をご用意しています。ぜひ一度お試しを!