【保存版】お仕事帰りに立ち寄れる、東京の美しい銀杏並木スポット10選

2016年9月29日

【保存版】お仕事帰りに立ち寄れる、東京の美しい銀杏並木スポット10選
涼しくなり、すっかり秋めいてきた今日このごろ。いよいよ紅葉のシーズンがやってきます。たまには東京を離れて紅葉狩りに行きたいけれど、忙しくてなかなか遠出はできない……なんて方も多いのでは? そこで今回は、美しい「銀杏並木」が楽しめるスポットを、東京都内に絞ってご紹介します。お仕事帰りの方でも行けるように、夜まで開いているスポットのみ厳選しました。デートでしっとり歩くのもよし、友人とわいわい楽しむのもよし。少しだけ寄り道して、自然の美しさに癒されに行きましょう。

1.絶対外せない! 王道スポット、明治神宮外苑

【保存版】お仕事帰りに立ち寄れる、東京の美しい銀杏並木スポット10選
東京の銀杏並木といえば、やはり最初にここをイメージする人が多いのでは? 明治神宮外苑には150本近くの銀杏が植えられており、都内でも有数の銀杏スポットとして有名です。銀杏の木は青山口から樹高の高い順に並んでいるので、青山通りから眺めるとまるで絵画のよう。 銀杏並木近くの聖徳記念絵画館は夜間にライトアップされ、秋には幻想的な光景を楽しむことができます。 住所:東京都港区北青山2-1 アクセス:東京メトロ 銀座線/半蔵門線/都営大江戸線 青山一丁目駅より徒歩5分 見頃:11月下旬~12月上旬

2.樹齢100年を超える大木が並ぶ、光が丘公園

【保存版】お仕事帰りに立ち寄れる、東京の美しい銀杏並木スポット10選
光が丘公園は、東京都練馬区の都立公園です。 公園内の「ふれあいの径」には銀杏の木がずらりと並び、秋には美しい金色のトンネルが完成します。こちらの銀杏は旧都庁舎前から移植されてきたもので、どれも樹齢100年を超えるものだそう。施設内には野球場やテニスコートもあるので、お休みの日にはスポーツも楽しめます。 住所:東京都練馬区光が丘4-1-1 アクセス:都営大江戸線 光が丘駅より徒歩8分、東武東上線 成増駅より徒歩15分 見頃:11月中旬 ☆開園時間:常時開園 入園料:無料

3.カップルで歩きたいロマンチックな道。昭和の森

【保存版】お仕事帰りに立ち寄れる、東京の美しい銀杏並木スポット10選
国内最長の銀杏並木は、意外にも昭島市にあります。それがこの「昭和の森いちょう並木」。414mという長さは、歩行者専用通路としては日本一なのだそうです。こちらも銀杏のシーズンにはライトアップが行われるので、カップルでのんびりとお散歩デートするのにおすすめです。 住所:東京都昭島市田中町600 アクセス:JR昭島駅より徒歩5分 見頃:11月上旬~11月下旬

4.夜のランニングにもおすすめ! 野川公園

【保存版】お仕事帰りに立ち寄れる、東京の美しい銀杏並木スポット10選
野川公園は、調布、三鷹、小金井の3つの市にまたがる広大な公園です。その名の通り、園内には自然のままの野川が流れているのが最大の特徴。 ジョギングコースとしての利用者が多く、夜でも賑わっています。仕事帰りに銀杏並木を眺めながらランニング……なんていうのも、いいかもしれません。 住所:東京都調布市野水1・2丁目、小金井市東町1丁目、三鷹市大沢2・3・6丁目 アクセス:西武多摩川線 新小金井駅より徒歩15分 見頃:11月下旬~12月上旬 ☆開園時間:常時開園 入園料:無料(一部有料施設あり)

5.その長さ4km以上! 甲州街道いちょう並木

【保存版】お仕事帰りに立ち寄れる、東京の美しい銀杏並木スポット10選
甲州街道追分交差点から高尾駅の北口前にかけて広がる「甲州街道いちょう並木」は、4.2kmもの長さを誇ります。植えられている木は800本近く、日本でも有数の銀杏並木と言えます。 紅葉シーズンには渋滞必至の道ですが、街道には4ヶ所の歩道橋もあるので、ゆっくりと散歩をするのにもおすすめです。 住所:東京都八王子市 アクセス:JR中央線/京王高尾線 高尾駅よりすぐ 見頃:11月中旬

6.アクセスしやすい銀杏スポット。丸の内・行幸通り

【保存版】お仕事帰りに立ち寄れる、東京の美しい銀杏並木スポット10選
東京駅の丸の内中央口から皇居前の内堀通りまでを結ぶ行幸(ぎょうこう)通り。東京駅や丸ビルを背景に立ち並ぶ銀杏の木は、都会でしか見られない風景です。お仕事帰りやお買い物のついでに、もっとも気軽に立ち寄れる紅葉スポットかもしれません。 住所:東京都千代田区丸の内2丁目 アクセス:JR東京駅より徒歩3分 見頃:11月下旬

7.穴場中の穴場! 板橋区・赤塚公園

【保存版】お仕事帰りに立ち寄れる、東京の美しい銀杏並木スポット10選
続いて、「穴場」スポットをご紹介しましょう。赤塚公園は、板橋区にある都立公園。都内有数のマンモス団地・高島平団地と首都高速5号線に沿って広がっています。銀杏は園内のさまざまな場所に植えられており、都心ほど人が多くない中で、見事な銀杏を楽しめます。 住所:東京都板橋区高島平3丁目、徳丸7・8丁目、四葉2丁目、大門、赤塚4・5・8丁目 アクセス:都営三田線 高島平駅より徒歩10分 見頃:11月中旬~11月下旬 ☆開園時間:常時開園 入園料:無料

8.お出かけスポットの定番、代々木公園

【保存版】お仕事帰りに立ち寄れる、東京の美しい銀杏並木スポット10選
週末にはイベントやフリーマーケットでも賑わう、定番のお出かけスポット代々木公園。銀杏の木はもちろん、もみじ、ケヤキなどさまざまな種類の広葉樹を楽しむことができます。銀杏並木は原宿門からほど近くです。 住所:東京都渋谷区代々木神園町、神南2丁目 アクセス:JR山手線 原宿駅より徒歩3分、東京メトロ千代田線 代々木公園駅より徒歩3分 見頃:11月下旬~12月上旬 ☆開園時間:常時開園 入園料:無料

9.桜だけが名物じゃない、飛鳥山公園

【保存版】お仕事帰りに立ち寄れる、東京の美しい銀杏並木スポット10選
飛鳥山公園は、全国屈指の桜の名所として有名な北区の公園です。しかし、桜だけでなく紅葉も楽しめるのは意外と知られていません! 園内には銀杏やケヤキ、楓の木が点在しており、散策しながら紅葉を眺めることができます。 住所:東京都北区王子1-1-3 アクセス:JR京浜東北線 王子駅より徒歩5分、東京メトロ南北線 西ヶ原駅より徒歩7分 見頃:11月中旬 ☆開園時間:常時開園 入園料:無料

10.歴史ある公園で銀杏を愛でる。駒沢オリンピック公園

【保存版】お仕事帰りに立ち寄れる、東京の美しい銀杏並木スポット10選
最後にご紹介するのは、世田谷区と目黒区にまたがる駒沢オリンピック公園。その名の通り、1964年の東京オリンピックでは第2会場として使用された歴史のある公園です。園内では自転車の貸し出しを行っており、手軽にサイクリングを楽しむこともできます。 銀杏並木は敷地を囲むように植えられているので、公園をぐるっと1周しながら銀杏を眺めるのもいいかもしれません! 住所:東京都世田谷区駒沢公園1-1 アクセス:JR山手線 渋谷駅より東急バス「駒沢公園東口」下車、JR山手線 恵比寿駅より東急バス「駒沢公園」下車 見頃:11月中旬~12月中旬 ☆開園時間:常時開園 入園料:無料 真っ赤なもみじも魅力的ですが、金色の銀杏並木も負けず劣らずロマンティック。あっという間の見頃の時期を逃さないように、今回ご紹介した銀杏スポットにぜひ足を運んでみてください!

アクセスランキング

オススメ記事