• 137回目の放送は・・・ 2016年8月22日
たらふく!幸福!大満腹!
日本のウマイをあなたにお届けSP
~【憧れの日本茶を巡る旅】~

  • 大学に入学する前に大好きな日本茶を勉強したいと来日したカナダ人のジェレミーさん。子供の頃から日本茶が好きで将来はカナダで日本茶のプロになること。スタッフの勧めで自動販売機のお茶を飲んでもらう事に。五感を研ぎ澄ませ無の境地に入った表情で飲んだお茶が相当美味しかったのか、この至福の表情。

  • 日本全国のお茶を求めまずは、京都に行くことに。ニ寧坂(清水寺参道)に到着したジェレミーさん。向かった先は『カメリア』で茶道を初体験。 45分2,000円(お菓子つき)で裏千家の茶道体験ができる事と先生が英語での説明が可能なのでYOUにも人気のスポットとなっている。初めての茶道に興味津々!沢山の質問ができて大満足。

  • 日本人の気持ちになりたいと、浴衣を購入サイズもピッタリ。ニ寧坂をふたたび散策していると一軒の飲食店を発見。メニューを食い入るように見るジェレミーさん。実は「お茶漬け」を聞いたことがあり、是非食べてみたいと『きょう坂』にてメニューにない「お茶漬け」を特別に出してもらった。女将さんありがとうござます!

  • 二日目はお茶の産地で有名な宇冶に。目的地に行く途中にみつけた茶団子屋『宇治川餅 本店』を発見。抹茶だんご&ほうじ茶だんご(各50円)を二本購入!あまり気にったようで、まだ買いたいといったものの残金24円…。どうしても食べたいようで番組スタッフから千円を借りてまでして買う始末。

  • 本日の目的地である創業226年の老舗茶舗『福寿園』に。自ら石臼を回してお茶を点てて飲むという体験(1,296円)ができる。茶葉を揉まずに乾燥した碾茶(てんちゃ)を石臼にし抹茶にする作業。15分かけて挽いた抹茶は2杯分(3グラム)しかできない事にビックリ!抹茶を作る大変さを身をもって体感。

  • 宇治の街を散策していると過去にこの番組に出演してもらった日本最古のお茶屋さんのひとつ『三星園上林三入 本店』に婿入りしたスイス人のトビさんを発見!現在は17代目をめざし日夜仕事をしてる。トビさんが入れた新茶の美味しさに感動するジェレミーさん。本人いわく味はアスパラガスとのこと。

  • トビさんの好意で、茶畑を営む山本さんの畑に連れて行ってもらい本物の茶葉を視察。山本さんの畑は光合成が進むと苦みに変わるのを抑えるため畑一面は日光を遮断したシートとワラでか囲まれている。手間のかかる希少な栽培法にまた感動の様子。

  • トビさん行きつけのパン屋さんでお茶を使ったパンをご馳走に。ジェレミーさんはお茶の良さをこの宇治で体感できたことや食べ物としても美味しい事を発見できたようだった。いろいろお世話になった『三星園上林三入 本店』の皆さんに別れを告げて次はいよいよ静岡県に!次回をお楽しみに!!!
読むテレ東