ニュース・更新情報
次の10件 1  2  3  4  5  6 
第21話「遺跡仰天盛り!衝撃の過去!!」
 

2014年3月5日放送

ストーンサークルでの戦闘中に何かのアクシデントに巻き込まれたGCG戦闘班が、バナ隊長を残して姿を消した。瀕死の重傷を負ったバナ隊長のために、ストーンサークルで緊急手術が行われるが、その最中に何と、ガイスト、モラモラ・ウンディーネが現れる。
同じ頃、GCG本部では、現場に残された監視カメラの映像と通信データを解析し、ストーンサークルが太古につくられたG共鳴増幅装置ではないかと推測。さらにやっかいなことに、それが何らかの異常により、G波を際限なく増大させ続けているらしいことがわかる。 戦闘班は膨大なエネルギーの集中によって生じた時空の穴―― タイムゲートにのみ込まれてしまったのだ!
「バナ隊長は戻って来たんだ! 当たって砕けろだ!」
時空間をさまよう戦闘班を救うため、レッカたちガイストクラッシャーは、決死の覚悟でタイムゲートに飛び込んだ!


 
第20話「容疑者テラ盛り!襲撃事件の真相!!」
 

2014年2月26日放送

ジーク・バナ隊長率いるGCGの戦闘班が、ガイスト、アイス・ゴリライに遭遇。激闘の末、そのクラッシュに成功した。そんな中、GCGベースから戦闘班に連絡が入り、部隊はストーンサークルと呼ばれる遺跡に向かうことになる。それと同時に、バナ隊長に衝撃的な情報が!?それは、GCGの前身、ガイメタル研究所が多数のガイストに襲われた事件に研究所内部の人間が関わっていたというのだ。
ショックを受けつつも部下たちとともにストーンサークルに到着したバナ隊長は、ルインを呼び起こそうとしていたイレイザーのゴリマッチョ(マンガン)との対決に突入するが……
「ストーンサークル付近に強烈なガイメタル反応!ただの超活性化ではありません!」
突如、彼らの目の前に、謎のガイスト、スパーク・洸(こう)・キリンが現れ……!


 
第19話「マンガン無限盛り!?雪祭りの悪夢!!」
 

2014年2月19日放送

世界中から観光客が集まる「ノザンの雪祭り」。ガイストの伝承に由来する祭りということで、調査を兼ねた蛍ルミネラ(ほたる るみねら)博士とともに雪祭りを訪れたレッカたちは、以前シレンが助けた少女、セリサと出会う。そのセリサの命をイレイザーのマンガンが狙っていた。マンガンはセリサにガイストを呼び出す現場を目撃されていたのだ。レッカたちは、祭りの人ごみの中に見たイレイザーのゴリマッチョ(マンガン)を捕らえようとするが、突如、ゴリマッチョが4人に増えた!?それは、ガイスト、キングダム・ナイトメアの能力によるものだったが、すべて実体を持つ分身にレッカたちは混乱してしまう。
「感謝するがいい!大勢のオレ様の手であの世に行けることを!」
無数に増えるゴリマッチョとキングダム・ナイトメアにレッカたちは追い詰められる!


 
第18話「ヤマトガイスト激盛り!復讐のクラッシュ!!」
 

2014年2月5日放送

ライジング・アマテラス、ファントム・イザナミ、エンシェント・イザナギ、ブルータル・スサノオ、そして、ムーンライト・ツクヨミ―― いにしえの大国、ヤマトの神話で伝えられる5体のヤマトガイスト。その中の1体、ムーンライト・ツクヨミがヤマトから遠く離れたアイスガルドの地に現れた。強大な力を持つムーンライト・ツクヨミをクラッシュすることはほぼ不可能と判断したGCGは、グラン・クレバス内にいるレッカたちの救出を最優先に、ハヤトとクラマを増援に送る。だがシレンは、何としてもムーンライト・ツクヨミを倒す覚悟を決め、レッカと協力して秘策に出る。
「シレンさんのG波が急上昇しています!十万ガイボルト突破!」
シレンの放つ渾身の一撃はムーンライト・ツクヨミに届くか!?


 
第17話「G波極盛り!謎のヤマトガイスト!!」
 

2014年1月29日放送

アイスガルドにある巨大な氷の裂け目、グラン・クレバス。そこは一年前、ガイメタル反応の異常に気づいた当時のアイスガルド支部長トーマスをはじめ、多数の隊員たちが犠牲になった場所だ。レッカたちG波測定装置設置班は、この事件の区切りの日、現地に近づけない犠牲者の家族に代わり花を手向けにむかうことになる。そんな中、トーマスの息子、トウヤが行方不明になっているとの連絡が!どうしても自分自身の手で父親に花を手向けたかったトウヤは、密かに一行に紛れ込み、ひとりでグラン・クレバスの深層部に向かっていたのだ。急いでトウヤのもとに向かうレッカたちだが、ガイストが出現した衝撃でクレバスが崩れ始める。
「レジェンドガイストの中でもヤマトガイストに分類されている、ムーンライト・ツクヨミ!」
現れたのは測定不能なほど強大な力を持つといわれる伝説的ガイストだった。


 
第16話「火炎三段盛り!氷の悪魔を焦がせ!!」
 

2014年1月22日放送

降り続く雪の中、ガイスト、ヘイル・フロストと戦うレッカとハヤトのもとにクラマがかけつけた。だが、氷属性のガイスト、ヘイル・フロストは猛烈な吹雪に力をもらい、逆に三人は追い詰められてしまう。しかも、地属性を持つクラマのガイア・オロチは、氷属性と相性が悪く、クラマは瀕死の重傷を負ってしまい、レッカとハヤトも負傷。三人はシレンの援護で、一旦、GCG本部に戻るが、さんごとジン太は吹雪の中にとり残されてしまった。
この状況にボルカン所長は、氷属性のガイストに有効な炎属性の新たなガイストギアで対抗することを提案する。
「ガイア・オロチには、オレの血と汗と涙がしみこんでいるんだ。こいつとオレは一心同体だっつーの!」
ためらうクラマを本部に残し、レッカはアーク・フェニックス、ハヤトはエナジー・シーサーを装着し、さんご達の救出に向かう!


 
第15話「疑惑が謎盛り!雪原に消えたシレン」
 

2014年1月15日放送

ガイストの出現と関係がある「G波」を測定し、ルインの出現地点を特定するため、GCG本部はアイスガルド各地に「G波測定装置」を設置することを計画。さんごとメカニック班の亜藤ジン太(あとう じんた)がその作業を担当し、護衛役にはレッカ、案内役にシレンが選ばれ、早速、作業に取りかかった……が、レッカたちは途中でシレンとはぐれてしまう。シレンは、雪に覆われた丘から落ちた少女に気づき、彼女を助けて安全な場所に避難させていたのだ。その少女セリサにせがまれ、シレンがピッコロを吹き始めたとき、ふいにガイフォンが反応!ガイスト、ビート・フラウロスが現れた。
レッカは、迫り来るガイストに立ち向かうがそのスピードに苦戦する。
「ラビ、このまま突っ込むわよ!」
レッカのピンチにさんごの操縦するメカ、アリスがガイストに体当たりを……!


 
第14話「アイス吹雪盛り!第4のガイストクラッシャー!!」
 

2014年1月8日放送

イレイザーとの次なる戦いに備え、GCGのメンバーはアイスガルドへと向かう。現地に到着したレッカたちは、首都、スノーブルグに出かけるが、なぜか人々の態度は冷たい。
実は、アイスガルドにいるガイストクラッシャー、シレン・クオーツハートには不吉なウワサがあったのだ。ガイストが現れるとき、必ずシレンのピッコロの笛の音が聞こえていると……!?
そんな中、ガイスト、ギガント・ベヒーモスが出現。レッカたちは出現場所に急行するが、そこではすでにシレンがガイストと対峙していた。
「何か聞こえるぞ、笛の音か……」
レッカが攻撃を仕掛けようとしたとき、シレンがレッカに向けて攻撃をしかけてきた!?


 
第13話「ロマン夢盛り!アイスガルドへGO!!」
 

2013年12月25日放送

激闘のため昏睡状態にあったレッカ、ハヤト、クラマが目覚めた。ひと安心するGCGのメンバーだが、レッカに大問題が発生!?戦いに明け暮れて期末試験を受け損ねていたのだ。このままでは留年してしまうレッカ。それを免れるための条件は、学年10位以内の成績をとること!レッカが爆盛りの覚悟で試験にのぞむ!
一方、雪と氷の国アイスガルドでは、イレイザーの幹部マンガンが、ガイスト、ツンドラ・アスタルテを呼び出し行動を開始していた。しかも、GCGのアイスガルド支部は、一年前のある事件で壊滅状態のままになっていた。戦えるのはたったひとり生き残ったガイストクラッシャー、シレン・クオーツハートのみ。
「凍てつくせ、極寒の一角獣!ブリザード・ユニコーン、ガイスト・オン!!」シレンの孤独な戦いは続いていた。


 
第12話「ピンチ大盛り!鉄鋼町大決戦!!」
 

2013年12月18日放送

鉄鋼町にルインが現れた!ルインには強力なガイメタル反応があり、それが最も凶暴なガイストのひとつ、アヤカシ・ナインテールのものであることが判明。さらに、小型ガイストが大量に生まれる前兆も確認され、GCGに緊張が走る。ボルカン所長は、ルインの中心部が地上に現れ、ガイストが地上に出現する前にクラッシュするようレッカたちガイストクラッシャーに命令を出す。
一方、イレイザーの基地では、イレイザーの首領、Ω(オメガ)が、ラウンダたち三人の部下に、次の実験の準備を進めるよう指示を出していた――。


 
次の10件 1  2  3  4  5  6 

©ガイストクラッシャーギャリソン・テレビ東京 2013