第1話〜第13話
第14話〜第26話

第14話「ねらわれる学園」
2005年1月6日

とうとう実力行使に出たアリッサ。その背後に潜むシアーズは、武装した兵士を伴い風華学園にやってきた。保護をうたい、学園の生徒を軟禁していくシアーズ。その目的はHiMEである舞衣たちの捕獲だった。何もわからないまま、舞衣は兵士に捕らえられる。連れられるままに真白なき理事長宅へとやってきた舞衣は、アリッサと深優と再び対峙する。学園自体を人質とされ、残りのHiMEの居場所を問われる舞衣だったが、窓を破り、助けに現れた命と共にその場を脱する。
逃げ出した先、裏山で舞衣と命は、偶然難を逃れ隠れていた祐一と詩帆に出会う。そこで舞衣は既に隠しきれない状況にある現状とHiMEのこととを祐一に告白する。

第15話「天翔けるミ☆女子高生」
2005年1月13日

黒曜宮に集った舞衣たちHiMEは、真白の指令の下、風華学園をアリッサたちから取り戻すため、奪還作戦を開始する。夜明けと共に雪之の能力で学園全体を覆い、周囲への情報を遮断、陸海の両方に攻撃を仕掛け、アリッサを誘い出すというものである。アリッサのチャイルド「アルテミス」による衛星軌道からの攻撃まであと数時間。それをリミットとし、舞衣たちは出陣した。

第16話「Parade♪」
2005年1月20日

学園の騒乱からしばしの時が過ぎ、生徒達が普通に登校するようになった初日、高1−Aの教室で命、なつき等は、宇宙に上がって以来姿を見せない舞衣の到着を待っていた。始業の鐘が鳴り、碧もその場にやってくるが、やはり舞衣は現れない。各自がそれぞれの教室へ戻ろうとしたとき、遅刻を気にしながらの声で教室に駆けて来る一人の少女。それは鴇羽舞衣だった。
真白不在のままの理事長宅でなつきと会話を交わす舞衣。まだ自分の戦いは終わっていないと、なつきはHiMEの謎を追い続けるという。祭の日以降、気まずいままの黎人や、事件の当日以来、詩帆の怪我などもあり祐一とも噛み合わないままの舞衣に、突如、碧の提案したことは、HiME同士で結託し、力を合わせオーファンなどに立ち向かおうというものだった。


第17話「うそつきな、唇」
2005年1月27日

凪によるHiMEの存在意義を聞き、困惑する舞衣たち。HiMEの力、チャイルドによる攻め合いには世界の命運が懸かっているという。ただし、その戦いにより傷付くのはHiME自身でもなく、チャイルドでもなく、それぞれの想うたいせつな人だという。
その事実は舞衣たちを当惑させ、お互いへの牽制、疑心暗鬼を微かに生じさせる。「誰かが始めてしまったら」。そうならないよう、碧はいろいろと考え手を尽くそうとするのだが・・・。


第18話「--はじまり。」
2005年2月3日

白無垢の人影はチャイルドを使い、舞衣に襲い掛かった。防戦一方の舞衣だったが、現れた命がそのピンチを救い、白無垢のHiMEは姿を消した。翌日、舞衣は巧海に手術の話を持ちかけるが、巧海は何故か気乗りのしていない様子。祐一との関係にも微妙な溝ができたまま、舞衣は放課後、碧から呼び出される。
碧はHiMEの皆にお互い戦わないよう伝える。しかし昨夜のことを知る奈緒は、やられたらやりかえすと反発する。それを諭す舞衣だが、奈緒により気付かされた事実にショックを受けるのだった・・・。


第19話「こころの迷宮」
2005年2月10日

返り討ちにあった碧は、真白の言葉の裏にある真意を察し、更にHiMEの祭事について調べものを続ける。
教室内で交わされる祐一と詩帆との話に、どこかやるせなさを感じながら寮へ戻る舞衣は、その道すがら、巧海と晶が話している姿を見る。手術を前に、舞衣の頑張りが自分の重荷になっていたことを晶に伝える巧海。それを知り、舞衣は悩み混乱する。
送り主不明の脅迫メールから、疑心暗鬼に陥った雪之は、海岸で舞衣に攻撃を仕掛ける。たまたまそれを目にした命は、舞衣を守るため、再度剣を振るう。雪之へとその刃が向けられたとき、舞衣の炎撃が命を止める。何度言っても戦うことをやめない命に苛立ちを覚え、舞衣は、これまでの混乱や戸惑い、怒りなどの感情を命にぶつけてしまう。
そんな中、巧海が倒れたという連絡を受けた舞衣は、病院に駆けつけるのだが・・・。


第20話「炎の舞/涙の運命」
2005年2月17日

巧海の病室が奈緒に襲われる。危険を察知した晶はゲンナイを駆り、巧海を連れて逃げ出した。復讐のために弟を襲うと、舞衣に電話で伝える奈緒。巧海を助けようと飛び出す舞衣だが、巧海の本音の言葉を思い出し、足を止めてしまう。そこへやってきたなつきが舞衣を奮起させるが、二人の前に白無垢の姫が現れる。


第21話「黒き君、目覚めるとき」
2005年2月24日

ある男から情報からを得たなつきは、その事実に茫然となり、奈緒の仕掛けた罠にはまってしまう。捕らえられたなつきの窮地に現れたのは静留だった。一方、ボロボロになった舞衣は黎人の元で介抱され2人の時間を過ごしていた。HiME同士の戦いを懸念していた碧は真白の元を訪れるが、そこに一通の書状が届く。碧にある「鍵」を託し、真白は二三と共に戦いの舞台へと向かうのだった・・・。

第22話「くずれゆく……」
2005年3月3日

舞衣にまたも襲い掛かる白無垢のHiME。進むべく道に悩む舞衣は遂に戦う決意をする。
また、舞衣の真意を知りたく思う祐一は、彼女のあとを追いかけるが、祐一への気持ちに揺れる舞衣はそれを冷たくあしらってしまうのだった・・・。

第23話「愛情と友情、非情」
2005年3月10日

攻撃してくる命より逃れ、託された可能性に賭けようとする碧であったが、そこに扉を打ち破り侵入した命が強大な力を振るう。一方、遥、雪之と対峙する静留のところへ駆けつけたなつきはエレメントを出した静留を止めようとデュランを呼ぶのであったが・・・。

第24話「コイ・ハ・タタカイ」
2005年3月17日

紫子のチャイルド「聖ヴラス」の幻覚で、窮地に陥る舞衣。あわやというところで、駆け込んできた祐一がそのピンチを救う。一方、寒空の下、祐一を待ち続ける詩帆の前に凪が現れる。

第25話「運命の刻へ」
2005年3月24日

媛星の影響で徐々に荒廃していく街。千絵とあおいも学園から出て行くことになった。人気のない駅のホームで舞衣は二人を見送る。時を同じくして、なつきは母の落ちた断崖で迫水と会い、決意を改めていた。

最終回「shining★days」
2005年3月31日

最後のHiMEが黒曜の君・黎人のもとへとやってくる。新しい世界を二人で創り出そうという黎人に対し、彼女はそれを拒否する。対峙するその矢先、地響きが轟き、水晶の姫が解放される。

第1話〜第13話
第14話〜第26話