ニュース・更新情報
あにてれメニュー

メタルファイト ベイブレード 4D

#64『極寒の地ロシア』

2010年6月27日放送

2回戦に向けて鉄道でロシア入りする銀河たち。自分の暗黒面を不安に思う翼が調子を落としていたが、皆、次の試合への期待を膨らませていた。そんな中、まどかがアレクセイという少年と話をしたのを皮切りに、銀河たちは勝気な少女・ドーラと宇宙服を着込んだ少年・ノワグマと出会う。ロシアのSK宇宙訓練センターで宇宙科学を学ぶ彼らは、研究の一環としてベイブレードも扱っており、銀河たちにベイバトルを申し込むのだった。

 
#63『勇者の名を持つベイ』

2010年6月20日放送

中国を離れ中東へと移動した銀河たちはそこで中東代表のチーム・デザートサンダーと出会う。気さくな彼らとすぐ仲良くなった銀河たちは、彼らの第一試合を応援する事に。だが、対戦相手として現れたユーロ代表は何と1人だけ!?しかもジュリアス・シーザーと名乗る彼は、1対3の変則マッチを自ら提案する。果たして試合の行方は?

 
#62『四千年の奥義』

2010年6月13日放送

1勝1敗で迎えたラストバトル。ダーシァンはベイ林寺四千年の歴史に賭けて必勝を誓う。日本チームにはアウェイでもあり、その長大な歴史と多くの応援は銀河に重く圧し掛かる。それを振り払うように序盤から必殺転技で仕掛ける銀河。だがダーシァンのロックギラフはペガシスの攻撃は柔軟に受け止め、反撃は苛烈。更には護りに入ると鉄壁と付け入る隙がない。精神的にも少しずつ追い込まれていく銀河に挽回のチャンスはあるのか?

 
#61『ラチェルタの意地』

2010年6月6日放送

Aブロック第2試合は翼vsチーユン。本気のチャウシンが自分やダーシアンに優るとも劣らぬ事を実感し、チーユンはこれまでにない程気迫に満ちていた。一方の翼はキョウヤとの戦いで垣間見せた自分の暗黒面に不安を禁じえないながらも、全力を尽くす事を自分自身に言い聞かせた。だがバトル開始の時チーユンに何故キョウヤがいないのかを問われた翼は動揺してしまう。先手を打たれた翼は、活路を見出せず苦戦を強いられる事に。

 
#60『開幕!世界大会』

2010年5月30日放送

銀河たちの作戦会議をよそにチャウシンに勝つべく特訓する正宗はとある老人に出会った。空腹で倒れていた老人は、助けてくれた正宗に礼として力の使い方を教えると言う。それは単なる力押しでなく、力を一点に絞込み柳の葉さえ砕くというもの。結局夜になっても戻らぬ正宗だったが、銀河は彼が試合を放り出す事などないと信じて待つのだった。そして翌日、試合会場で合流した正宗はチャウシンにリベンジすべくバトルに向かう!

 
#59『第三の男』

2010年5月23日放送

大会最初の試合も迫る中、銀河たちは当日の順番決めを始めるが、自己主張の強いメンバーだけあって話し合いは全く進まず、結局まどかの一言で一時解散する事に。気分転換に散歩に出た正宗は、その先で偶然ベイパークを見つけ早速地元の子供たちとバトルを始めた。しかし調子良く四連勝した所へ、突然飛び込んで来たベイにユニコルノが弾き飛ばされる! その張本人は何と中国メンバー最後の1人、チャウシンだった!!

 
#58『天空のベイ林寺』

2010年5月16日放送

Aブロック最初の戦いの地、中国へ到着した銀河たち。早速対戦相手の情報収集を、と動き出すが初めての場所に興味ばかりが先走り成果は上がらず。そんな時、子供からベイを巻き上げた悪党3人とバトルするメイメイと遭遇する。考えなしに情報収集の事を口走る正宗だが、メイメイはそれを意に介さず何と自分たちの特訓を見せてくれると言う。そして辿り着いた先は『ベイ林寺』。中国ブレーダーの登竜門と言える場所だった!

 
#57『翔け、世界へ!』

2010年5月9日放送

改めて銀河へライバル宣言をして立ち去るキョウヤ。そしてショックを受ける銀河を他所に、空席となった日本代表の椅子を賭けて、翼と遊のバトルが始まった! 既に互いの手の内を知る者同士、翼はリブラの必殺転技を封じるように動き、一方の遊もアクイラの攻めを見切って反撃とバトルは正に一進一退の攻防。リブラの必殺転技を逆に誘い出して勝負を掛ける翼に、何と更に進化させた必殺転技を叩き付ける遊。勝負の行方は!?

 
#56『決戦!レオーネVSアクイラ』

2010年5月2日放送

ビッグバンブレーダーズ日本代表の最後の1人を決める戦い。翼、キョウヤのどちらも甲乙付けがたい実力の持ち主。銀河を始め、ケンタやベンケイ、そして中国代表のチーユンたちも見守る中、遂にバトルが始まった!
野生の闘争本能全開で勝負に挑むキョウヤと的確な読みと切れ味鋭い技で応じる翼。対照的な二人だが、恐るべき勝利への執念で押すキョウヤは正に力づくで翼を叩きのめそうとする。だがその時、翼の様子に異変が?

 
#55『世界への切符』

2010年4月25日放送

WBBA主催のベイブレード世界大会『ビッグバンブレーダーズ』の開催が決まり、日本でも始まる選抜大会に意気上がる銀河と正宗。しかしバトルブレーダーズ優勝者の銀河は既に代表メンバーに選ばれバトルに参加出来ない羽目に。限られた時間内でポイントを稼ぎ出すルールの中、勝ち残ったのは正宗、遊、翼、そして予選最高得点を叩き出した復活のキョウヤ!驚きも冷めやらぬ中で決勝戦第一試合、正宗vs遊が始まる!!

 
#54『新たなる挑戦』

2010年4月18日放送

まどかの店でベイとは全く関係ない競い合いをする銀河と正宗。そんな二人を呆れ顔で見るケンタとまどか、ベンケイ。そんな彼らの元へメイメイと名乗る少女が招待状を持ってやって来た。中華街への招待と知り超高級中華料理への期待に胸膨らませるベンケイたち。早速指定の場所へと向かった銀河たちを待ち受けていたのは、ベイの中国代表チーム「ワンフージョン」のリー・チーユンだった。果たして彼の目的とは?

 
#53『不屈の一角獣(チャレンジャー)』

2010年4月11日放送

ようやく銀河の居場所を突き止め、挑戦状を突き付けた正宗。新たなペガシスでの初バトルとばかりに挑戦を受ける銀河。ペガシスの恐るべきパワーが正宗とユニコルノを文字通り吹き飛ばし勝負はあっさり着いたが、銀河に勝利の喜びはなかった。この勝負、銀河はペガシスを全く制御出来ていなかったのだ。
その後も度々勝負を挑んでくる正宗を返り討ちにしながらも、この問題を解決する糸口が掴めず銀河は頭を悩ます事に・・・・・・。

 
#52『伝説を求めて』

2010年4月4日放送

バトルブレーダーズに参加出来なかった少年、角谷正宗。自分を差し置いて王者になった銀河を倒すべく帰国した彼は、翼と遊が決勝を戦う大会に乱入する。
一方、ペガシスを失った銀河は元気を失っていた。代わりになるベイなどそうある物ではない。そんな銀河に、父親の流星はある伝説を話して聞かせた。

 

©Takafumi Adachi, MFBBProject, TV Tokyo