ニュース・更新情報
  • ポケットモンスター

    全国のポケモンセンター・ポケモンストアで“新アニメまるわかりブック”をもらおう!

    [12/6 up]
  • ポケモンの家あつまる?

    全国のポケモンセンター・ポケモンストアで“新アニメまるわかりブック”をもらおう!

    [12/6 up]
  • きんだーてれび

    番組内容を更新しました!

    [12/6 up]
  • 織田シナモン信長

    サイトオープンしました!2020年1月10日よりテレビ東京ほかにて毎週金曜深夜1時23分~放送開始!

    [12/5 up]
  • 愛玩怪獣

    愛玩怪獣のLINEスタンプが発売中!

    [12/5 up]
あにてれメニュー

メタルファイト ベイブレード 4D

#77『竜皇(エルドラゴ)、再び』

2010年9月26日放送

入院先の病院から突然姿を消した翼を捜す銀河たち。一方フランスでの戦いを終えたシーザーは、自宅へ戻り、分刻みで様々なスケジュールをこなしていた。ヨーロッパ最大のコンツェルンのトップである彼にとって全ての権力の頂点に立つ事は必然。その為にはベイブレードすら通過点に過ぎないのだ。だがそのシーザーの前に行方不明だった翼が姿を現す。半ば暗黒の力に呑まれながらも自分の力を試すべくシーザーに挑む翼だが・・・・・・。

 
#76『破壊の斧』

2010年9月19日放送

早くも後の無いワンフージョンの次鋒はチーユン。いつにも増して気合を入れて臨む彼には負けられない理由があった。チーユンはかつてベイ林寺の落ちこぼれだったが、ダーシァンとの出会いを機に強さを手に入れた。ダーシァンはチーユンにとって仲間であり恩人。そのダーシァンが目指す世界一への夢はチーユンにとっても大切な夢なのだ。だがエクスカリバーのゲオルグが、正に難攻不落の壁となって彼に立ちはだかろうとしていた!

 
#75『忍びよる闇』

2010年9月12日放送

ビッグバンブレーダーズAブロック決勝進出を決めた銀河たち。しかし翼の暴走という重要問題が未解決のままだった。周囲を破壊するほどのそれは、かつてエルドラゴの暗黒の力に操られて暴走した竜牙に酷似していたのだ。だが翼をメンバーから外すという流星に対し、銀河たちは全員で反対し、解決策を探し始めるのだった。一方フランスではいよいよ準決勝、ワンフージョンvsエクスカリバーの一戦が幕を開けようとしていた!

 
#74『死闘の果て!』

2010年9月5日放送

大波乱の結末ながらも勝ちを拾ったガンガンギャラクシー。これにより決着を付けるため第4試合がタッグバトルで行われることになった。銀河とキョウヤは決着を望み、正宗もまたナイルに勝つために名乗りを上げる。そして始まる銀河&正宗vsキョウヤ&ナイル!
試合開始直後、ナイルは正宗を無視して銀河にアタック!
だがキョウヤは獲物の横取りは許さんとそれをカットする。勝負は序盤から混戦模様を見せ始めていた・・・・・・。

 
#73『崖っぷちの第三試合』

2010年8月29日放送

死力を尽くして両者引き分けに終わった銀河とキョウヤ。いよいよ後がない日本チームにとって翼が最後の望みとなっていた。しかしその願いは翼を徐々に追い詰めていく。一方ワイルドファング3人目のダムレは翼との1vs1は分が悪いと踏むが、ならば替われと意気込むベンケイにタジタジ。しかしその様子を見ていたナイルは一計を案じた。

 
#72『永遠の好敵手(ライバル)』

2010年8月22日放送

遂にその時がやって来た。銀河もキョウヤも待ちわびた勝負の時、第2試合の幕が上がる!開始直後からキョウヤは必殺転技で仕掛け、銀河は力づくでこれを突破。攻めと守りが一瞬で入れ替わる中、激しくぶつかり合う両者。そして機を逃さず必殺転技で勝負をかける銀河。しかしキョウヤは待っていたとばかり新たな必殺転技を解放、これを見事に弾き返した!

 
#71『天空の神(ホルセウス) VS 一角獣(ユニコルノ)』

2010年8月15日放送

銀河とキョウヤのライバル対決の話題で騒然とする中、一人面白くない正宗。腹に据えかねた彼は試合前の記者会見で自分を大きくアピールするが、ナイルに「弱い奴ほどよく吠える」と断言され、売り言葉に買い言葉で対戦が決まってしまう。そして翌日の試合は正宗気合の一撃で幕を開けた。序盤は正宗がペースを握るかに思われた展開。しかしナイルは冷静に反撃を開始、バルカンホルセウスがその秘めた力を遂に解放する!!

 
#70『衝撃のワイルドファング』

2010年8月8日放送

次の試合の勝者が自分たちの対戦相手となる。アフリカチーム・ワイルドファング。盾神キョウヤがそこにいる事実に銀河は緊張を隠せない。一方、日本でもキョウヤがアフリカチームで参戦している事実は大きなニュースとなっていた。だがここで予想外の事態が。何とインドvsアフリカの試合前の記者会見で、アフリカチームのサブとしてマスクを被ったベンケイが登場したのだ!そんな波乱を含みつつ、遂に試合開始のカウントが始まる!!

 
#69『灼熱の獅子』

2010年8月1日放送

時は少し戻り、場所はアフリカ。そこでは大統領の指示でビッグバンブレーダーズの代表権を賭けた勝負が行われていた。
銀河と戦うべく参加したキョウヤは、その圧倒的な強さで見事権利を掴み取る。しかし大会優勝を目指す大統領は、権利を得たキョウヤたちに同じ代表以外を全て敵として24時間戦い抜くという課題を与える。これを受けて立ったキョウヤはやがて共に戦う仲間・ナイルを見出す事になるのだった・・・・・・。

 
#68『再会!王虎衆』

2010年7月25日放送

チーム・エクスカリバーの前に奮戦空しく敗北した銀河たち。だがそれで逆に闘志に火が着いた4人は猛特訓を開始する。ただ問題は全くチームワークが出来ていない事で、余りの自分勝手さを見兼ねた怒り心頭のまどかからチーム解散を言い渡される羽目に。途方に暮れる銀河たちの前に現れたのは何と敗者復活戦で再び本選に返り咲くべく戦うチーム・ワンフージョン、ダーシァンたちだった!!

 
#67『戦士の祭典』

2010年7月18日放送

次の会場を目指して銀河たちがやってきたのはギリシャ。エーゲ海の美しさはさておき、銀河たちの目的はユーロ所属のブレーダーが一堂に会する戦士の祭典だ。しかし関係者以外立ち入り禁止と門前払いされる事に。ならばと無断で潜り込んだは良いが結局見つかってしまった銀河たちはその場のブレーダー達に勝負を挑む! その奮戦振りを見て腰を上げたのはシーザー率いるチーム・エクスカリバーだった!!

 
#66『リブラ出陣!』

2010年7月11日放送

正宗から無事だと報告が入り、一安心する銀河たち。だが間もなく始まる第2試合の選手を決めなければならない。そこで名乗りを上げたのは遊だった。一方ロシア側の2番手はアレクセイ。だが、ここでもプーテンが罠を仕掛ける。何と用意されたスタジアムにはまたも仕掛けが施されていたのだ。そして遂に試合開始。遊は得意の衝撃波で攻めに出るが、これが何と不発に。そしてアレクセイからの痛烈な反撃が!

 
#65『壮絶!金網デスマッチ!』

2010年7月4日放送

行方不明の正宗に代わって出番がありそうだと喜ぶ遊を横目に2回戦で最初に出る事を決める銀河。一方ロシアチームはマネージャーのプーテンによって、アレクセイが奪ったベイのデータを解析し、対策が立てられていた。宇宙へ行く為にどうしても勝つ必要があるとはいえ、自分の卑怯な行為に後悔を覚えるアレクセイ。そんな彼の思いを利用するプーテンは、銀河に対してノワグマをぶつける事に。波乱の第1試合は果たしてどうなる?

 

©Takafumi Adachi, MFBBProject, TV Tokyo