ニュース・更新情報
あにてれメニュー

メタルファイト ベイブレード 4D

#102『ギャラクシーハート』

2011年3月27日放送

暴走するスパイラルコア。このままエネルギー炉がメルトダウンしたら地球が破壊されてしまう。ベイが引き起こした事ならベイで止めると更に地下へ向かう銀河。そして正宗は洗脳が解けずホロギウムを回そうとするトビーを止めるべくバトルを挑む。かつてゼオとトビーと誓った『ナンバー1』に賭けて正宗は何度倒れても立ち向かう。一方の銀河も暴走を止めるべくペガシスと共に最後の力を振り絞る。果たして彼らの運命は・・・・・・?!

 
#101『暴走!ホロギウム』

2011年3月20日放送

目的地へ到着した銀河と正宗はトビーはスパイラルコアの中にいたトビーを救出しようとするが、強力なエネルギーの壁に阻まれてしまう。しかも目覚めたトビーは、既にジグラットによって記憶を書き換えられ、最強にしてスパイラルフォースを生み出す源となるベイ、バサルトホロギウムのブレーダー『ファウスト』となっていた。何とか彼を止めようとする銀河と正宗だが、ファウストの力は余りにも強く、逆に追い詰められてしまう。

 
#100『放たれた野獣』

2011年3月13日放送

ハデスシティ地下のスパイラルコアを目指して進む銀河、正宗、キョウヤ。ハデスブレーダー軍団を蹴散らし進んだその先で待ち受けていたのは復活したダミアンだった。更なるアレンジでパワーアップした彼はヘルケルベクスと共に銀河たちの前に立ち塞がる。だが、ここでキョウヤが動いた。銀河と正宗を先に進ませるべく自ら勝負を挑んだのだ!地獄の魔犬vs野獣の王。獣の頂点を争うがごとく激しい戦いの幕が切って落とされた!

 
#99『ビフォールの罠』

2011年3月6日放送

まどかの解析で目的地がハデスシティ地下だと判り、更に進む銀河たち。だが途中の分岐路で、銀河・正宗・キョウヤ組と、翼・遊・まどか組に分かれる事に。交戦を避け慎重に奥へと進む翼たちはやがて途中でベイで描かれた壁画を目にする。そしてそこにはアレンジシステムで寝ていたジャックが居た。期せずして人質になった遊を解放する為ジャックと戦う事になる翼。そしてジャックは自らの芸術の為、翼へと襲い掛かる!

 
#98『堕ちた皇帝』

2011年2月27日放送

ハデスシティに突入した銀河たちはスパイラルフォースを止めるべく内部を目指す。その前には立ち塞がったのは何とシーザー。そこでソフィとウェルズの2人がこの場を引き受け、銀河たちを先へと促すとジグラットに降った理由を問う。だが銀河に敗れた後、ジグラットにより会社を乗っとられ全てを失ったシーザーは何も信じられなくなっていた。かつての仲間さえ。そしてソフィとウェルズを叩き伏せた彼の前に現れたのは・・・・・・!?

 
#97『突入!ハデスシティ』

2011年2月20日放送

ハデスの本拠地へ乗り込んで計画を阻止しようとする銀河を止める流星。しかし手遅れになっては遅く、ブレーダーとしてこれを許せないヒカルが銀河たちに味方する。一方、ゼオはトビーが記憶を消されジグラットの切り札であるブレーダー『ファウスト』となった事を知り、ジグラットに詰め寄るが身柄を拘束されてしまった。ハデスシティへ突入する銀河たちを再び迎え撃つのはグレイシーズの4人。双方譲れない戦いが始まる!

 
#96『驚異のスパイラルフォース』

2011年2月13日放送

銀河たちのビッグバンブレーダーズ優勝を祝うパーティの席上、突如ヘリで乱入してくるジグラット。スターブレイカーだけでなくグレーシーズも乱入し、会場は滅茶苦茶に。しかもジグラットは世界の注目を浴びるその場所でとんでもない発表を始めた。それは世界のエネルギー危機を救うという研究、何とベイの力を利用して生み出される強大なエネルギー『スパイラルフォース』だった。だがジグラットの本当の狙いは・・・・・・!?

 
#95『決着!銀河VSダミアン』

2011年2月6日放送

アレンジにより最強の力を、与えられたダミアンと最強のベイ『ヘルケルベクス』。その両者の前に銀河とペガシスは窮地に追い込まれる。しかし銀河は信じた。初めてギャラクシーペガシスを手にした時に聞いたベイの声。ブレーダーとベイの間には互いに選び、選ばれて結びつく絆があるのだと。そして銀河のベイ魂の高まりに呼応するようにペガシスも再び爆転。炎を切り裂いて、反撃の狼煙が上がる!

 
#94『魂のラストバトル』

2011年1月30日放送

竜牙は勝利の余韻も冷めぬ中、去っていった。一方、ガンガンギャラクシーでは流星が、ゼオやジャックに施されたジグラットの『アレンジ』の正体を銀河たちに伝える。それは秘めた能力を無理に引き出しパワーアップ出来る代わりに、体を破壊されかねない危険なものだった。恐らく最強の力を持つダミアンと、遂に銀河は決勝の舞台で対峙する。試合開始と共に攻めに出る銀河。勝負の行方や如何に!?

 
#93『竜皇(りゅうおう)、降臨』

2011年1月23日放送

ゼオとの激闘でダメージが深い正宗。追い込まれたガンガンギャラクシーの運命は?しかしその時、突然晴れた空に雷光が閃き、スタジアムへ落ちる。爆風が止んだ時、そこには何と竜牙の姿が!竜牙はかつてダークネビュラを後ろから操り、今また自分に手を出してきたジグラットを叩く為、この場に現れたのだ。規定上も問題なかった為、急遽ガンガンギャラクシー2人目の選手として、無敵の竜がジャックを迎え撃つ!!

 
#92『ファイナル・カウントダウン』

2011年1月16日放送

ビッグバンブレーダーズも遂に決勝の時を迎えた。だが試合を前にアレンジ指数が上がらないゼオは、試合に負ければトビーの治療を打ち切るとジグラッドに最後通告を出されてしまう。もはや後がないゼオは第1試合で正宗とぶつかる事に。共にブレーダーのナンバーワンを目指し、そしてトビーの事を思いやりながら全く正反対の方向にすれ違ってしまった2人。譲れない想いを胸に互いのベイが激しくぶつかり合う。その勝負の行方は?

 
#91『白熱のDJバトル!?』

2011年1月9日放送

世界一まで残すところ後1戦。しかしガンガンギャラクシーは翼と遊が戦闘不能という緊急事態だった。ケンタを始め、駆けつけたワンフージョンの面々が助っ人に名乗りを上げ、更には流星までが乱入して大混乱に。冷静なヒカルの指摘で何とかその場は収まったものの、今度は突然ブレーダーDJが姿を現す。わざわざ日本からやってきた彼は、決勝での司会の座を賭けてアメリカDJとベイバトルを始めるのだった!?

 

©Takafumi Adachi, MFBBProject, TV Tokyo