ニュース・更新情報

Re:ゼロから始める異世界生活

登場人物

ナツキ・スバル
CV:小林裕介
無知無能にして無力無謀と四拍子欠けた主人公。
突如として異世界に召喚され、訳の分からない状況に翻弄される。
物怖じしない性質と持ち前の図々しさで、逆境に弱音を吐きつつも過酷な運命に立ち向かっていく。
エミリア
CV:高橋李依
銀髪に紫紺の瞳を持つ美しい少女。
お人好しで面倒見の良い性格だが、当人はなぜかそれを素直に認めようとしない。
家族同然の猫精霊であるパックをお供に連れており、彼の前でだけ甘えた表情を見せる。
パック
内山夕実
エミリアと共に行動している精霊。
灰色の体毛、まん丸の瞳にピンク色の鼻をした、手のひらに乗るサイズの二足歩行の小猫の姿をしている。
フェルト
CV:赤﨑千夏
くすんだ金髪に勝気な赤い目、尖った八重歯がチャームポイントの浮浪女児。
王都の貧民街育ちで、幼さに見合わないタフで強かな性格の持ち主。
レム
CV:水瀬いのり
名誉の負傷をしたスバルが担ぎ込まれた屋敷で、雑務全般を一手に担う双子メイドの妹。
慇懃無礼な毒舌担当。
屋敷の機能が維持されているのは、彼女の有能さが全てといっていい。
ラム
CV:村川梨衣
怪我をしたスバルが運び込まれた屋敷、ロズワール邸で働く双子メイドの姉。
傲岸不遜な毒舌担当。
炊事洗濯裁縫掃除、全てにおいて妹に劣るステータスの持ち主。
ベアトリス
CV:新井里美
ロズワール邸にて『扉渡り』で隠された部屋、禁書庫の司書を務める幼い少女。
愛らしい容姿と豪華なドレスで、まるで妖精のような印象を見るものに与える。
ラインハルト・ヴァン・アストレア
CV:中村悠一
燃えるような赤毛に、空を映したような済みきった青い瞳を持つ美青年。
洗練された仕草に、言動一つ一つが他者への思いやりに満ちた完璧超人。
ロズワール・L・メイザース
CV:子安武人
ルグニカ王国貴族で、辺境伯の立場にある有力者。
王国有数の魔法使いでもあり、王城では筆頭宮廷魔導士としても知られる人物だが、その立派な肩書きと溢れる才能を、奇行奇言と道化のメイクで台無しにする変わり者。
プリシラ・バーリエル
CV:田村ゆかり
王都で悪漢に絡まれていたところを、スバルに救われた美貌の少女。傲岸不遜な態度と、大胆不敵な行動と、唯我独尊の覇道を謳う人物でもある。
《血染めの花嫁》と呼ばれる、ルグニカ王国次代王位の候補者の一人。
アルデバラン
CV:藤原啓治
漆黒のフルヘルムで頭部を覆い、首から下を山賊風ファッションに包んだ隻腕の男。
屈強な肉体に歴戦を感じさせる立ち振舞いだが、飄々と軽薄な態度の目立つ変人。
プリシラの騎士。
クルシュ・カルステン
CV:井口裕香
ルグニカ王国カルステン公爵家当主の肩書きを持つ男装の麗人。
生まれながらに人の上に立つカリスマを持ち、若くして当主を継いだ才媛で、ルグニカ王国の次代の王を決める王選の候補者であり、最有力候補。
フェリックス・アーガイル
CV:堀江由衣
フリフリの衣装に愛らしい仕草、そして頭には柔らかなネコミミ。
挙動や言動の端々に狙っている感があるが、それがやけに似合う。
王選候補であるクルシュの騎士であり、王都でも随一の治癒魔法の使い手。
ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア
CV:堀内賢雄
ロズワール邸へ王選の使者を連れてきた御者の老人。
愛妻家であり、その惚気はスバルさえもたじろがせるほどストレート。
鍛え上げられた肉体と、身にまとう覇気は常人のものではない。
アナスタシア・ホーシン
CV:植田佳奈
薄紫の柔らかな髪と、顔立ちに幼さを残した白いドレスが可憐な少女。
隣国カララギの大商会を率いる若き商人であり、ルグニカ王国王位候補者の一人。
果てなき強欲と向上心の持ち主。
ユリウス・ユークリウス
CV:江口拓也
整った顔立ちに優雅な振舞い、高貴な生まれに確かな地位を持つ優れた騎士。
近衛騎士団に所属し、数ある騎士の中でも《最優の騎士》とされる優秀な人物。
剣技・魔法の技量に優れ、他の騎士たちの信頼も厚い。
エルザ・グランヒルテ
CV:能登麻美子
フェルトに取り引きを持ちかけた謎の美女。
ペテルギウス・ロマネコンティ
CV:松岡禎丞
魔女教の大罪司教の怠惰担当を名乗る謎の男。
ロム爺
CV:麦人
盗品蔵の主。フェルトが幼い頃から何かと面倒を見ている。
トン
CV:山本格
スバルが名付けたチンピラ三人組、トンチンカンのトン担当。
三人の中では比較的おおらかな性格で、喧嘩っ早い二人を抑える立場でもある。
こう見えて、実は料理が得意。
チン
CV:室元気
スバルが名付けたチンピラ三人組、トンチンカンのチン担当。
三人の中で最もキレると何するかわからないタイプで、常にナイフを携帯している。
脅すのにナイフをちらつかせるが、人を刺したことはない。
カン
CV:山下大輝
スバルが名付けたチンピラ三人組、トンチンカンのカン担当。
三人の中で一番血の気が多く、どんな相手であろうと容赦なく噛みつく。
噛みついてから後悔することが多いが、反省はしない。