ニュース・更新情報
麻黄 アキラ

第六戦闘ユニット・スカーレッドライダーゼクスの戦闘指揮教官を務める17歳の少女。15歳で大学院を卒業後、東京LAGで研究者として働いていたところ、その能力を認められ戦闘指揮教官に選ばれる。しかしその環境ゆえ、親や同年代の友達と接することが少なかったため、世間知らずな面もある。
普段は年相応の言動や表情を見せるが、戦闘になると一変、瞬時に戦場全体を把握し、冷静な判断を下す指揮官となる。
駒江 クリストフ・ヨウスケ
CV:鈴木達央

物静かだが熱い心を持つ17歳の少年。
ニホン人の父とドイツ人の母を持つが、両親とは幼い頃に死別しており、以後タクトの家に引き取られて暮らしていた。クールでマイペースな性格である一方、仲間に対しての想いは強く、情に厚い面もある。
調理室に入り浸るほどの料理好きで、部員は自分ひとりという料理部の部長を務めている。その腕前はかなりのものだが、「目が死んでいるから」と言う理由で魚は大の苦手。
戦闘ユニットでのコードネームはツァール・ツヴァイ。
Odd-I’sではサイドギターを担当している。
霧澤 タクト

高い戦闘指揮能力を持つ18歳の少年。
第六戦闘ユニットのリーダー的存在で、仲間の命を守ろうとする責任感が人一倍強い。感情に流されない論理的な判断に重きを置くが、真面目すぎるがゆえにボケに転じてしまう面もある。幼い頃から共にいるヨウスケとは親友でありライバル。本人は隠しているが、身長の低さを気にしている。シイタケが嫌い。
戦闘ユニットでのコードネームはツァール・アイン。
Odd-I’sではメインギター兼ヴォーカルを担当している。
津賀 ユゥジ

21歳の最年長ライダーであり、唯一の社会人経験者。
琉球LAGを卒業後、実家の酒屋を手伝うためにハコダテへ帰っていたが、ライダーとなり琉球LAGに戻ってきてからは、久々の学生生活を楽しんでいる。
6人兄弟の長男で、大らかな性格。他のメンバーたちに対しても兄貴分として世話焼きな面を見せるが、そのせいで面倒事を押し付けられることも多い。
趣味は釣りだが、釣果はあまり振るわない。
戦闘ユニットでのコードネームはツァール・ドライ。
Odd-I’sではバンマスポジションであり、ベースを担当している。
鞍馬 ヒロ

最年少ライダーである16歳の少年。
人見知りが激しく内気な性格で、他人と上手くコミュニケーションが取れない。そのため辛らつな態度で相手を遠ざける傾向がある一方、認めてくれた仲間に対しては極端に甘えてしまう。第六戦闘ユニットのライダーであることに自信が持てず、自分を過小評価したような言動を見せることもある。
読書好きで、図書館で過ごすことが多い。綺麗なものや可愛いものを集めるのが趣味。
戦闘ユニットでのコードネームはツァール・フィア。
Odd-I’sではドラムを担当している。
錫木 カズキ

自他共に認める変人である、18歳の少年。
口調は独特で常に日本語と英語が混ざっており、行動も予測できない。しかし、音楽への情熱と才能は素晴らしく、作曲センスは天才的。
自分の苗字があまり好きではなく名前で呼ばれたがっているが、自身のサブスタンスであるリッケンバッカーにはいつも苗字で呼ばれてしまう。
戦闘ユニットでのコードネームはツァール・フュンフ。
Odd-I’sではキーボードと作詞作曲を担当しているが、独創的すぎる歌詞は誰からも理解してもらえない。
無月 ヒジリ

第六戦闘ユニットの補充要員として中途転入してきた17歳の少年。
軽薄でお調子者な言動が多く、世渡り上手という印象が強い反面、あけすけな物言いで反感を買う面もある。また、補充要員として中途転入してきたが謎が多く、本人も不可解な言動を取っており、その目的は不明。
オチャヅケと名付けたイリオモテヤママンチカンの仔猫を可愛がっている。
戦闘ユニットでのコードネームはツァール・ゼクス。
フェルナンデス

ヨウスケのサブスタンス。炎をまとった見た目の通り、とにかくアツい超熱血。単純な性格でアツくまっすぐな物言いをする。周囲には暑苦しいヤツと思われているが、ヨウスケはそこが気に入っている。意地っぱりでケンカっ早く、すぐに暴れたがる。
レスポール

タクトのサブスタンス。やんちゃな子供のような性格で、人をからかうのが大好き。イタズラをしかけては、いつもタクトに叱られているが反省の様子は無い。無邪気さと残酷さを併せ持ち、戦闘では残忍にふるまう。
ディバイザー

ユゥジのサブスタンス。王者の風格を持ち、他のサブスタンスのまとめ役。プライドが高く、何事も仕切りたがる。情に厚く頼られるとNOと言えない良いところもある。口では自分が一番だと言っているが、本当は常に自分より仲間を大事に思っている。
デュセンバーグ

ヒロのサブスタンス。蝶を模した外見。男性でありながら、女性そのものの細やかな気配りで世話を焼く。性別的には男性のハズだが、口調も行動も女性的。美しいものに目がなく、自身の美容とお肌のケアに余念がない。
リッケンバッカー

カズキのサブスタンス。言葉が覚えられないのか、覚える気がないのか、発する言葉は奇声のみ。だが、カズキやほかのサブスタンスとは話が成立しているらしい。唯一ちゃんと発音できる単語はカズキの苗字「錫木(スズキ)」だけ。タクトの声がお気に入り。
エピフォン

ヒジリのサブスタンス。初めて青の世界に出現したサブスタンス。多くのスカーレッドライダー候補生がレゾナンスを試みたが、一人として成功する者は無かった。他のサブスタンスと異なり、心を閉ざし、多くを語ろうとはしない。音楽にだけは興味を惹かれている。
佐倉サロメ・ハコ

サブスタンスのメンテナンス担当としてトウキョウから派遣されてきた少女。楽しいことが好きな明るい性格。誰とでも仲良く打ち解けるが、ドライな面もある。
Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.