ニュース・更新情報

妖怪ウォッチ♪

次回予告
第24話

【エンマ大王が来た!】
とんでもなく恐ろしい妖怪がやってくるという夢を見たウィスパーは、大変な事が起きるとケータに忠告する。気にせず登校したケータであったが、クラスに着いた途端、ズボンのチャックは全開、さらにみんなの前で鼻ほじをしてしまう!この最悪すぎる事態は、鼻ほじをさせてしまう妖怪“ハナホ人”と、あらゆるチャックを開けてしまう妖怪“パッカー”の仕業であった。この妖怪たちを退治する為にケータが召喚したのは、なんと!妖魔界のトップの座に君臨するエンマ大王だ!!


【命がけのアルバイト】
妖魔界での高額バイトの求人を見つけたウィスパー。あまりの給料の良さに俄然ヤル気になり、早速バイトの面接を受け、無事採用されることに。バイトの契約書も交わしいざ仕事場へ向かうと、そこはエンマ大王の宮殿だった!仕事内容は宮殿内の掃除。最初は簡単な仕事のように思えたが…。最悪なバイト仲間の登場で、ウィスパー絶体絶命!


【4エンマさん~まんじゅう~】
【発表!妖怪似顔絵記者会見】
【妖怪劇場~エンマ大王様をおもてなし~】

これまでのお話
1  2  3 
第23話

【なんでもかんでも自慢ハッタン】
英語の授業中、先生に英語の発音をほめられたケータ。しかしカンチが、自分の発音の方が素晴らしいと鼻の穴を膨らませて自慢してきた。さらにクマやフミちゃんまで自慢にならないことを自慢してくる事態に、妖怪のしわざに違いないとケータが妖怪ウォッチで辺りを照らしてみると、そこにはどうでもいいことまでとにかく自慢させてしまう妖怪“自慢ハッタン”の姿が!クラスメイトに取り憑くのをやめさせるため、ケータが召喚したのは…。


【はしれコマさん!】
コマじろうが風邪をひいてしまった!冷たいものが食べたいというコマじろうのために、ソフトクリームを買いに出かけたコマさん。しかしなぜか何度も同じ道に辿り着いてしまう…。コマさんはだいだらぼっちが作り出した巨大な迷路に入ってしまったのだった!ゴールを目指しひたすら走るコマさん。無事コマじろうのためにソフトクリームを持ち帰ることができるのか!?


【4コマさん~ない~】
【発表!妖怪似顔絵記者会見】
【妖怪劇場~大きなカブ~】

第22話

【イケメン犬とイケメンライフ!】
ある日ケータが学校に登校すると、女子たちが熱い視線で一点を見つめているのに気づく。その視線の先には…イケメン化しキラキラオーラを放つクマの姿が!これは絶対におかしいとケータが妖怪ウォッチで辺りを照らしてみると、取り憑いた人をイケメンにしてしまう妖怪“イケメン犬”がクマに取り憑いていた。フミちゃんにカッコイイと言われたいケータは、イケメン犬に頼み込んで自分もイケメンになることに成功、夢のイケメンライフを謳歌し始める!


【じんめん犬と恋の試練!】
たまたま入った喫茶店で、隣のテーブルに座っていたコンたんに彼氏のフリをしてほしいと頼まれたじんめん犬。厳しい父親がこれからお見合いの話をもって会いに来るのだが、彼氏がいればさすがに諦めるだろうというコンたんの作戦に、じんめん犬は下心からその作戦に協力することに。しかし父親として現れたのは恐ろしい見た目と迫力のレッドJであった!さらに、娘と付き合い続けたいのであれば一から己を鍛え上げる必要があると言われ、じんめん犬はとんでもない試練を受けることに…。


【4コマさん~盛る~】
【発表!妖怪似顔絵記者会見】
【妖怪劇場~ふぶき姫の記者会見~】

第21話

【取調室(へや)と宿題と私】
今年こそは夏休みの宿題を7月中に終わらせようと意気込んでいたケータ。しかし結局夏休みの終わりギリギリまで宿題をやらずに過ごしてしまった…。完全に自分のせいであるのにも関わらず、毎年ギリギリまで宿題をやらないのは妖怪のしわざだと言い出したケータ。妖怪ウォッチで辺りを照らしてみると、そこには取り憑いた人を落ち込ませて、どんよりとさせてしまう妖怪“ドンヨリーヌ”の姿が!ケータはドンヨリーヌに、自分に取り憑いてヤル気を奪っていたのではないかと問い詰めるが…。


【USAピョンと学ぶ!妖怪の夏!】
日本の夏の暑さにげんなりしているUSAピョンは、日本の妖怪たちがどうやって夏を過ごしているか気になり他の妖怪たちの様子を見て回ることに。どの妖怪も、それぞれ暑い夏を乗り切るために苦労しているようだった。最後に行きついたのはジバニャンとウィスパーがいるケータの家。クーラーがきいた部屋で、USAピョンもスーツを脱いでジバニャンたちと一緒に涼むことにしたが…。


【妖怪ニャハ体験】
【4コマさん~ビーチバレー~】
【発表!妖怪似顔絵記者会見】
【ひと狩り行くズラ!~赤鬼~】

第20話

【砂夫の素直な必殺技】
アニメの主人公が繰り出す必殺技を真似している様子をジバニャンたちに見られて恥ずかしくなってしまったケータ。もう小学5年生なのに必殺技の真似なんて――と思っていたが、翌日登校してみると、クラスメイトたちも全力で必殺技の真似をしている!妖怪ウォッチで辺りを照らしてみると、そこにはどんなことも純粋に信じる素直な心を持たせる妖怪“砂夫”がいた。自分も必殺技を出してみたいと真剣な様子の砂夫をみて手伝ってあげようと思ったケータは、カッコイイ必殺技をもつ妖怪に必殺技の出し方を教わろうと提案する。


【鬼から逃走中!】
ある学校にひっそりと集められたのはウィスパー、じんめん犬、グレるりん、ばくそく、ジバニャン。ハンター赤鬼とのサバイバル鬼ごっこ『鬼から逃走中』がこれから始まるのだ!学校のどこかにある脱出トビラを見つけ、見事逃げ切れば100万円の賞金をゲットできる。ゲーム開始早々、ひとり、またひとりと捕まっていく妖怪たち…。ハンター鬼から無事に逃げ切ることはできるのか!?


【妖怪ニャハ体験】
【4コマさん~線香花火~】
【発表!妖怪似顔絵記者会見】
【妖怪スイッチ!】
【妖怪劇場~金太郎~】

第19話

【かゆかゆの夏、ニッポンの夏】
家族でキャンプに来たケータたち。蚊を警戒するケータだが、早速刺されてしまい…それもやたらかゆい!こんなにもかゆいのは妖怪の仕業だと思ったケータが妖怪ウォッチで照らしてみると、そこには体をかゆーくしちゃう妖怪“かゆかゆ”がいた。ニッポン全国、果ては世界中をかゆくすることこそが仕事であるかゆかゆは、見習いのかゆかゆたちの新人キャンプ中だったようだ。そんなかゆかゆたちに翻弄されるケータは、メラメライオン召喚し、かゆかゆたちを追い払おうとするが…。


【完全破壊!?ロボニャンF型!】
ウィスパーが長年愛用している妖怪パッド。しかし通信速度も処理速度も遅くなり、さらに電池の持ちも悪く、そろそろどうにかしたいところ…。遥か未来のテクノロジーであれば妖怪パッドを直せるのではと思いついたウィスパーは、ロボニャンF型を呼び出すことに。しかし、あろうことか目の前で大事な妖怪パッドを潰されてしまった!!ショックのあまりロボニャンF型に殴りかかるウィスパーだが、その拍子にロボニャンF型のとんでもない機能が稼働してしまう。


【妖怪ニャハ体験】
【4コマさん~マスク~】
【発表!妖怪似顔絵記者会見】
【妖怪劇場~うぃっ休さん~】

第18話

【プライ丼がゆるさねえ!】
掃除中、丸めたプリントをケータが何気なくゴミ箱にシュートしたところスポッ!と気持ちよく入った。それを見ていたクラスメイトたちと盛り上がり、もう一度ゴミをシュートしてみるものの…今度は外してしまう。そこからケータはみんなの制止も聞かずにひたすらシュートをし続けるように。妖怪の仕業と気づいたジバニャンが妖怪ウォッチでケータを照らしてみると、そこには取り憑いた人をどうでもいいことでも『俺のプライドがゆるさねえ!』と熱くさせちゃう妖怪“プライ丼”の姿が!プリントだけでは満足できなくなったケータは、町中のゴミをシュートし始めて…。


【キュウビのキュンキュン大作戦♪】
人の心をキュンとさせることで出る『キュン玉』を集めるキュウビは、目標だった100個目のキュン玉をようやく手に入れる。上機嫌なキュウビだったが、そこへぶつかってきたのは…デバミ!さらに最悪なことに、大事な100個目のキュン玉をあろうことかデバミが食べてしまった!!打ちひしがれつつも、デバミをキュンとさせてキュン玉を再びゲットすればいいと思い直したキュウビは、デバミをキュンとさせるためにあらゆる作戦を実行するが…。


【妖怪ニャハ体験】
【4コマさん~いたいのいたいのとんで~?~】
【発表!妖怪似顔絵記者会見】
【妖怪劇場~妖怪検定10級~】

第17話

【ネガティブーンな通知表】
掃除の時間、偶然先生の手帳の中身を見てしまったケータたち。そこには通知表の下書きがメモされており、このままではケータに悪い評価が付けられてしまう内容であった。いい子になる決心をしたケータだが、何をしても先生はケータを悪く評価している様子。それもそのはず、取り憑いた人をなんでも悪い方に考えさせてしまう妖怪“ネガティブーン”が先生に取り憑いていたからだ!ネガティブ業界の伝統行事により毎回全国の小学生から通知表を悪く書かれてしまう子どもを抽選で選んでいるらしいが、今回は運悪くケータが当選してしまったようで…。


【ふぶキャン!】
キャンプへと出発したあつガルル、メラメライオン、あせっか鬼、のぼせトンマンたち。暑い系妖怪ならではのキャンプを楽しもうと盛り上がるあつガルルたちだが、そこに現れたのはふぶき姫。暑い系妖怪と仲良くなりたいふぶき姫の希望で一緒にキャンプへ行くことに…。しかしふぶき姫の妖力によって夏なのに山は猛吹雪、川は凍り、次々と倒れていく暑い系妖怪たち!大波乱のキャンプ、あつガルルたちは一体どうなってしまうのか!?


【妖怪ニャハ体験】
【4コマさん~スイカ割り~】
【発表!妖怪似顔絵記者会見】
【ひと狩り行くズラ!~ガシャどくろ~】

第16話

【調理実習はてんてこまい!】
今日は調理実習。フミちゃんにいいところを見せたいケータだが、いざ調理を始めるとやたら慌てふためいて失敗ばかりしてしまう。いくら緊張していたとはいえ、こんなにも失敗するなんておかしい!妖怪ウォッチで辺りを照らしてみると、そこには人を慌てさせあり得ない大失敗をさせてしまう妖怪“テンテコ米”がいた。実は落ち着いた妖怪になりたいと思っていたテンテコ米は、ケータの調理実習を成功させられたら自分は変われるはずだと意気込む。そこでケータはブシニャンを助っ人に召喚し、再度調理実習に臨むが…。


【届け!ジバニャンの応援(エール)】
ある日ジバニャンは生前の飼い主・エミちゃんとの夢を見る。最悪な夢の終わり方に、嫌な予感がしたジバニャンは、エミちゃんのことが心配になりエミちゃんの様子を見に行くことに。ジバニャンの予感通り、デザイナーを目指すエミちゃんは、デザインのアイディアが思い浮かばずにスランプに陥っていた。そんなエミちゃんを元気にするべく、ジバニャンはあらゆる作戦を試みる。


【妖怪ニャハ体験】
【4コマさん~糸通し~】
【発表!妖怪似顔絵記者会見】
【妖怪劇場~ウィスパーの記者会見~】

第15話

【うずらの卵と万尾獅子】
中華丼のうずらの卵はケータたちの大好物。ケータとクマは給食後も口の中にうずらの卵を残し、卵を食べるタイミングを測っていた。しかしそんなクマにピンチが…!国語の授業中、教科書を読むよう先生に当てられたのだ。さすがにうずらの卵を食べるしかないだろうと思ったケータだったが、なんとクマは教科書を読み切った。驚いたケータが妖怪ウォッチでクマを照らしてみると、満を持す、つまりバッチリなタイミングが来るのを「まだその時じゃない」と待たせ続けちゃう妖怪“万尾獅子”が取り憑いていた!


【探訪!妖怪いわくつき物件】
ウィスパーが妖怪パッドで『豪華な別荘特集』という記事を読んでいたところ、突然画面が切り替わり、妖怪インチキンが呼びかけてきた!格安で豪華な別荘を買えるというインチキンの言葉に、疑いつつも実際に物件を見に行くことにしたウィスパー。最初に紹介されたのは温泉付きの超豪華な別荘!しかしこの別荘が恐ろしい、いわくつき事故物件であることを、ウィスパーはまだ、知る由もなかった…。


【妖怪ニャハ体験】
【4コマさん~サメ~】
【発表!妖怪似顔絵記者会見】
【妖怪スイッチ!】
【妖怪劇場~うぃっすん法師~】

第14話

【楽しい時間は一瞬ボーイ】
ケータが妖チューブをみていたら、あっという間に朝になってしまった。楽しい時間は一瞬で過ぎてしまうとは言うけれど…さすがに一瞬すぎる!おかしいと思ったケータが辺りを妖怪ウォッチで照らしてみると、そこには楽しい時間を一瞬で終わらせてしまう妖怪“一瞬ボーイ”がいた。フミちゃんとのウキウキ登校タイムもニャーKBのライブも一瞬で過ぎ去ってしまったことが許せないケータやジバニャンは、とうとう一瞬ボーイを追い詰めるが…。


【ブシニャンが斬る!?】
ウィスパーが妖怪パッドを磨いていると憂鬱な様子のブシニャンが現れた。どうやら武士としてのスランプに陥ったらしく、思ったようなキレ味が出せないのだという。そんなブシニャンに、今は自信を無くしているだけでいろんなものを斬っていれば気分も晴れるだろうというウィスパー。そこでブシニャンはウィスパーと森へ行き、ひたすら斬りまくる修行をすることに!


【妖怪ニャハ体験】
【4コマさん~トッピング~】
【発表!妖怪似顔絵記者会見】
【妖怪劇場~三匹のコマ~】

1  2  3