商品詳細

ジョージ・ポットマンの平成史 vol.1

通常販売価格:
3,990円(税込)
発売日:
2012年4月18日
発売元:
テレビ東京

ご購入はこちら

平成時代の日本文明を海外の歴史学者が分析する新歴史バラエティー
平成に入りまもなく4半世紀。平成という時代は既に歴史になりつつあります。しかもバブル崩壊、政治の混迷など平成には様々なミステリーが。そんな平成時代のミステリーを大胆な仮説で知られるヨークシャー州立大学歴史学部教授のジョージ・ポットマン(=日本近現代史専攻)が海外の研究者ならではの視点で調査します。


【収録内容】

■人妻史 前編・後編
平成時代は空前絶後の人妻ブーム。テレビ、性教育ビデオ、出版など全てのメディア・産業は人妻によって辛うじて支えられ、「人妻ナース」「人妻女教師」「人妻スッチー」など全ての職業には「人妻」を付けるという異様な時代に。万葉の時代の「人妻大好き文明」から武家社会成立による「人妻冷遇時代」、鹿鳴館外交による「エロい夫人誕生」、戦後の「団地妻」「金妻」ブームを経て平成の「一億総人妻溺愛文明」に至る壮大な歴史の謎を解き明かします。

■白ブリーフ史
昭和まで日本の国民的衣装だった白ブリーフはなぜ平成時代、突如衰退したのか。戦後、女性達の憧れの的だった白ブリーフが、平成時代「キモイ」、「ダサイ」と言われる様になった過程を徹底的に調査し、更には2011年にプチ復活の兆しの原因となった「白ブリーフ」節電も紹介。今まで単体として研究対象となる事はなかった、知られざる「白ブリーフ史」の全貌を明らかにします。

■性教育史
2005年、日本の小泉純一郎首相(当時)は一部性教育を国会で問題視。平成時代、過激な性教育が見られる様になってきていると言うのです。我々は、明治期以降の性教育史を調査。すると「性欲教育」と呼ばれた当時の驚くべき性教育の実態が明らかに。大杉栄、谷崎潤一郎ら知識人の性欲との葛藤を軸に、日本の性教育の変遷を紐解き、更にはネット社会登場により性教育がいかに変化していったのか、その謎に迫ります。


【商品基本仕様】
カラー/DVD1枚組/本編約80分+映像特典/16:9LB/日本語ステレオ(オリジナル)

【映像特典】(予定)
 DVDだけのスペシャル映像!!
 ポットマン教授の最新研究 その一端を緊急報告!
 「ピンクチラシ史」

※商品の仕様は変更になる場合がございます。

ページ先頭へ