日経スペシャル 私の履歴書▽ノーベル賞物理学者・益川敏英(前編)

BSテレ東BSテレ東
2019年9月1日(日) 21時54分~22時24分
  • 日本経済新聞の名物コラム「私の履歴書」の映像化。偉人を取り上げ、本人インタビューを軸に深く掘り下げる。こだわりを紹介する「私の逸品」も。
  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークにブックマークする

番組内容

【宇宙の謎を解いた異色のノーベル賞物理学者(前編)】1940年、名古屋で誕生。益川敏英は子どもの頃から遊んでばかりだったが、砂糖問屋を営む父から科学の面白さを教えられる。高校時代に科学雑誌で名古屋大学の教授・坂田昌一が素粒子物理学の分野で世界的な研究をしていると知り、大学進学を夢見るように。良き理解者だった父からの反対にもめげず、1度だけ受験を許される。得意の理数系で勝負し、見事名古屋大学理学部に合格。
大学では数学好きの仲間たちと科学の本を読みながら常に議論するように。相手の主張の弱いところを巧みにつく弁舌は仲間内で有名で、「いちゃもんの益川」とも呼ばれた。
その後、大学院へ進学、高校時代からの憧れだった坂田の素粒子論研究室へ入り、卒業後は研究室の助手に。坂田の、教授を「先生」と呼ばず「さん」づけで呼ぶ習わしに加え、「議論は自由に、研究室では平等」という教えの下、益川は心置きなく研究に没頭。
その研究室に、のちに共同研究でノーベル賞を共同で受賞することになる小林誠がやってくる。
▽私の逸品…クラシック音楽を愛する益川が最も好きな曲が、ハンガリーの作曲家バルトーク・ベーラの「弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽」。これを聴くと無我の境地になれるという。

出演者

【ナレーション】長谷川博己

おすすめの関連番組

    あなたにおすすめの番組