武田鉄矢の昭和は輝いていたSP【歌人生~二葉あき子・渡辺はま子・菊池章子】字幕放送

BSテレ東2021年5月28日(金) 19時00分~21時49分

戦前戦後、命懸けで歌に生きた3人の歌姫、二葉あき子、渡辺はま子、菊池章子の歌人生を多彩なヒット曲とともに送る3時間。
フランチェスカ、モンテンルパ、星の流れに

ソーシャルメディア
公式アカウント

    テレビ東京
    オンデマンドパートナーズ

      番組からのお知らせ

        番組内容

        今回は、戦前・戦後の歌謡界を牽引した、3人の歌姫に注目。その歌姫とは、二葉あき子、渡辺はま子、菊池章子。
        戦争によって人生に大きな変化が訪れた3人の歌手人生に迫る。原爆や戦争犠牲者の鎮魂を祈り、歌い続けた「二葉あき子」。
        昭和20年8月6日、広島に原子爆弾が投下されたその瞬間、街を襲った原爆の閃光の中、奇跡的にも生き延びたあき子。生死を分けた、ほんのわずかな偶然とは――。
        代表曲「夜のプラットホーム」「フランチェスカの鐘」「水色のワルツ」に込められた想いを本人のインタビュー映像と貴重な歌唱映像で紐解いていく。そして、「歌」で命を救ったチャイナメロディーの女王「渡辺はま子」。戦時中に従軍歌手として戦地へ赴き、多くの兵士の前で歌った。そんなはま子が囚われの元日本兵を救った「モンテンルパの奇跡」とは――?ほかにも「愛国の花」「蘇州夜曲」にスポットを当てながら、舞台で
        はま子役を演じた女優の五大路子をゲストに迎え、はま子を突き動かした心情について語ってもらう。そして、代表曲「星の流れに」「岸壁の母」「湖畔の乙女」「春の舞妓」などで女性たちの深い哀しみや、やり場の無い怒りを代弁した菊池章子。悲劇の裏にあった、女性の嘆き、恨み、絶望。戦争の傷跡を歌い続けた、菊池章子が生涯紡いだメッセージとは?異なる戦争体験を持った3人の激動の人生、名曲とともに振り返る3時間!

        紹介楽曲1

        【二葉あき子】
        恋のアマリリス 古き花園
        めんこい仔馬
        新妻鏡(霧島昇とデュエット)
        新妻鏡(島倉千代子)
        夜のプラットホーム
        恋の曼珠沙華 さよならルンバ
        フランチェスカの鐘 水色のワルツ
        別れても

        紹介楽曲2

        【渡辺はま子】
        忘れちゃいやョ(音源)
        月が鏡であったなら(音源)
        雨のオランダ坂 蘇州夜曲
        明日の運命 広東ブルース
        いとしあの星 愛国の花
        支那の夜 何日君再来
        あゝモンテンルパの夜は更けて

        紹介楽曲3

        【菊池章子】
        悲しき子守唄 愛馬花嫁
        湖畔の乙女 星の流れに
        母紅梅の唄 岸壁の母
        春の舞妓

        出演者

        【司会】
        武田鉄矢、福田典子(テレビ東京アナウンサー)
        【ゲスト】
        五大路子(女優)
        石原詢子(歌手)
        林家たけ平(落語家)
        【ナレーター】
        城ヶ崎祐子

        関連情報

        【番組ホームページ】
        www.bs-tvtokyo.co.jp/showa/

        ラインナップ

          人気の番組記事

            関連タグ

            番組公式Twitter

            ソーシャルメディア
            公式アカウント

              ジャンル

                おすすめの関連番組

                あなたにおすすめの番組