午後ロード「絶体×絶命」刑事が挑む緊迫の攻防!IQ150の凶悪犯を捕らえろ

テレビ東京テレビ東京
2018年9月4日(火) 13時35分~15時40分
  • 白血病の息子を救える唯一のドナーは殺人鬼だった!IQ150の殺人鬼を捕らえるため、刑事は巨大病院内で孤独な戦いに挑む!緊迫のサスペンス・アクション(1998年/米)
  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークにブックマークする

番組内容

出演者

マイケル・キートン(ピーター・マッケイブ)[声]山路和弘、
アンディ・ガルシア(フランク・コナー)[声]宮本充、
ブライアン・コックス(キャシディ警部)[声]池田勝、
マーシャ・ゲイ・ハーデン(サマンサ・ホーキンス医師)[声]深見梨加、
ジョセフ・クロス(マット)
[声]大谷育江

監督・演出

【監督】バーベット・シュローダー

制作

【製作年/国】1998年/アメリカ

ストーリー1

フランク・コナー(アンディ・ガルシア)はサンフランシスコ市警の刑事。妻を交通事故で亡くし、9歳になる息子マット(ジョセフ・クロス)と二人で暮らしている。その最愛の息子の白血病が再発し、命を救うには早急に骨髄移植をするしかない状況になる。しかし、骨髄バンクではなかなか適合者を見つけることができない。フランクは同僚の刑事ネイト(エリック・キング)の協力を得て、FBIのシステムに侵入し、

ストーリー2

凶悪犯のピーター・マッケイブ(マイケル・キートン)が適合者であることを発見する。マッケイブは殺人をはじめ、いくつもの罪で服役中の凶悪犯だが、IQ150の知能犯でもあった。フランクはマッケイブと面会し、骨髄提供を依頼する。しかし、マッケイブはドナーになることを一旦、拒否する。フランクを奈落の底に突き落とした後で、マッケイブは息子のマットに会わせろと連絡してくる。

ストーリー3

マットと二人で話したマッケイブは、刑務所での待遇改善を要求。図書館の利用や喫煙の許可などを交換条件として出し、ドナーになることを承諾する。しかし、その裏でマッケイブは骨髄採取の機会を狙って、脱走するための準備を着々と始める…。

音楽

【午後のロードショー オープニング曲】
「Escaping The Smokers(Waterworld/Soundtrack Version)」James Newton Howard

関連情報

http://www.tv-tokyo.co.jp/telecine/oa_afr_load/

おすすめの関連番組

    あなたにおすすめの番組