奇跡の生命スペシャル【未来を信じて生きる…人形のように17歳少女は今?】字幕放送

テレビ東京2020年4月6日(月) 21時00分~22時48分

20歳まで生きられない…小さい少女に異変!涙…母の決断は?母娘の愛▽兄だけでなく3つ子姉妹も難病に…家族の未来は?▽「難病の姉は私が守る!」未来を信じる「妹の愛」

ソーシャルメディア
公式アカウント

    テレビ東京
    オンデマンドパートナーズ

      番組からのお知らせ

        番組内容

        ○ケナディに異変…母の決断とは?
        カナダで暮らすケナディ(17歳)は、100万人に1人と言われる小頭性原発性小人症の患者。心筋梗塞や脳卒中などで突然亡くなることが多く、ほとんどは20歳まで生きられない。番組は13年にわたりケナディを取材。しかし今年、ケナディが体調を崩し深刻な事態に…。母ブリアンと娘ケナディの深い愛の絆を描く。

        内容つづき1

        ○諦めない!不治の病と闘う家族の愛!
        アメリカのジョンソン一家は、4人の子供(9~12歳)が全て毛細血管拡張性運動失調症と診断された。現在は不治の病であり、子供たちの病気は常に進行している。過酷な運命と向き合う家族の姿を描く。

        内容つづき2

        ○難病の姉13歳を支える妹11歳の愛!
        ニュージーランドで暮らすゾーイ(13歳)は、ウォルフ・ヒルシュホーン症候群を持って生まれ、医師には一歳の誕生日を迎えられないだろうと宣告された。しかし奇跡的にそれを乗り越え、今、妹と一緒に毎日学校へ通っている。成長障害、知的障害などの症状に根本的な治療法はない。そんなゾーイを支えるのは妹のテス(11歳)。難病の姉を支える妹の姿を追う。

        ラインナップ

          人気の番組記事

            関連タグ

            番組公式Twitter

            ソーシャルメディア
            公式アカウント

              ジャンル

                おすすめの関連番組

                あなたにおすすめの番組