番組表

2007.10.18 Thursday 4:10 PM

先週、有楽町にオープンした「有楽町イトシア」。
なんと、交通会館、有楽町マリオンに続く
「戦後復興計画」の第3弾なのだそうです。

ちょっと寄ってみると多くのお客さんで大賑わい。
有楽町丸の内銀座エリアで最大級という女性靴売り場は
とにかく靴、靴、靴のオンパレード!
人が多くてゆっくり見ることができませんでしたが、
もうちょっと時間が経って落ち着いてきたら
またじっくり買い物に行こう!と思いました。


前置きが長くなってしまいましたが。。。


そんなイトシアのお隣にある、有楽町交通会館が
今日の日記の舞台です。

10月7日。

以前から登録しようと思っていた「骨髄バンク」に
念願かなって登録してまいりました!!!


交通会館6階にある献血センター。
こちらで骨髄バンクの登録もできるんです。

まず登録申し込み用紙を書いて


問診を受けます。


あっという間に採血タイム。
ぐぐぅ。
そういえば私、注射がめちゃくちゃニガテなんでした。。。
あー痛いのだけはやっぱりイヤだよ~。
ブスッと刺される!

うろたえ始めた私に
「大丈夫ですよ、たったの2ミリリットルですからね。」
と係のお姉さん。
小さじ一杯(5ml)の半分よりも少ない量で、
骨髄バンクのドナー登録をすることができるのです。

しかも!!!
献血ルームの方はさすが百戦錬磨。
今までの採血の中で一番上手かったです。
普段は注射針が刺さるところを絶対に見ることができないのですが、
「おわーっ、痛くないどころか気持ちいいくらい」
と強がりながら、しっかり刺さっているところを凝視できました。
でも口元がこわばりまくってヒヨコになっていますが(笑)


採血もあっという間に終わって、
「以上です~。」

えーっ。こんなに簡単だったんだ。
拍子抜けしてしまうくらい、とてもシンプルな登録方法でした。

どうして私がずっと二の足を踏んでいたかというと、
ドナー登録していても、仕事を休めなかったりして
結局、白血球の型が適合した患者さんをがっかりさせてしまうことに
なるのではないかという心配があったからです。

しかし、この日記でも書いたことがあるのですが
私には白血病になった友人がいます。
一度骨髄移植をして治ったものの再発してしまいました。
そして最近2度目の骨髄移植をし、今も病気と戦っています。

「自分には誕生日が3回ある。
 本当に生まれてきた日。
 1回目の骨髄移植の日。
 そして2回目の移植の日。」

その友人の言葉を聞いた時に、
頭であれこれ考えているだけでは誰の力にもなれないんだ。
ということに気付きました。

もちろん、これからもし私の骨髄液を必要とする方が現れたら
その時に仕事の調整などで苦労することになると思います。

ただ、日本でもCSR(企業の社会的責任)が謳われるようになってきた今、
社員の骨髄提供を支援するというのもCSRの一環として
考えられるようになっていいのではないかと考えるのです。

すでに「骨髄ドナー特別休暇制度」を導入している企業などもあるそうです。
しかし、まだほとんどの仕事を持つドナーさんは
休業補償がないので有給休暇を使って骨髄提供をしています。
骨髄を提供するという行為は、
あくまでドナーさんの善意のもとに成り立っているのです。
これは骨髄ドナーだけではなく、様々な活動についても
あてはまることだと思います。

もしこの問題を多くの人が考えるようになって
社員の活動を企業がバックアップする社会になれば
もっともっと助かる患者さんが増えるかもしれない。
テレビの仕事をしている身として、
その役に立つことができるかなぁ。


もらったキレイな色のドナーカードを見つめながら
そんなことを考えていた大江さんなのでした。

※コメント受け付けは終了しました。投稿ありがとうございました。

こんにちは、私も髄バンクニュース見て登録者と
知りました、仲間が沢山増えるとイイですね。
実は昨年の1月に骨髄提供をしました。
不安が無かったのですが、採取は結構大変でした。
術後は経過も良く退院後2日目には仕事に復帰!!
1週間くらいはチョット痛かったですが、
誰かが助かると思えば平気平気!
1年経ったのでまた登録します!!

骨髄バンクニュース見てドナー登録されたのをしりました。某番組ではナレーションありがとうございました。自分の場合、上司も周囲も協力的で特に問題なく提供できました。休みは有給消化でしたが・・・ 「骨髄ドナー特別休暇制度」こういう制度があったらいいですね。それと5mlでビビッていてはいけません。提供では1L前後抜かれます(移植を受ける患者さんによる)。でも痛さは検査の方が大きいかも。なにせ全身麻酔ですから。(笑)
提供する前に体を壊してはなんにもなりませんから、お体に気をつけてお仕事がんばって下さい。

健康で何よりです。うらやましい。
骨髄バンクはおろか、献血もできない不摂生ものはおいらだ。

はじめまして。いつもテレビで拝見しております。先日は骨髄ドナー登録にご協力いただきましてありがとうございました。私はちょうど大江さんが、有楽町献血ルームにいらしたときにボランティアをしておりました。問診や終わられてご案内したスタッフを覚えておりますでしょうか?そのときに大江さんの担当をしたのが私です。そのときに初めてお会いしました。大江さんが、当ルームにいらっしゃることも、当日聞きましてびっくりいたしました。骨髄は、30万人に1人HLAが適合するといわれています。最後になりますが、骨髄バンクよりドナー依頼等届きましたら、ぜひともご協力賜りますようお願い申し上げます。

 ただでさえへなちょこでしょっちゅう風邪っぴきなのに、身体にかなり負担のかかることをあえて望むことには反対ですが、その意気は買いたいもの。大江アナが「必要とされなくても済む」ことを祈ることにしましょう。

思っててもなかなか行動出来ない事が多々ありますが、こういう日記拝見すると自分もやってみようかなと気持ちにさせてくれますし、より一層興味持ちます他の人もそうだと思います。ありがとう大江さん

マリリンお誕生日ですね…
おめでとう!!
今週は、29歳のマリリンが見れますね???楽しみ~

10月21日になりました!
大江さん、おめでとぅ~おめでとぅ~ お誕生日おめでとう!
そして、いままで大江さんを支えてきてくれた人たちに、ありがとう

29歳の誕生日おめでとーございます!
これからもますますのご活躍を祈っております。

月並みなコメントですが。

大江さん

お誕生日、おめでとうございます♪

大江さんは立派ですね。
自分もドナー登録を考えたことがありますが、いざ骨髄提供という時に尻込みしてしまうのではと。。
情けない限りです。

金曜日のWBSを見ていたら途中で公共広告機構の宣伝でも同じ事を言ってましたね。そういう風にしてみんなの声で世の中をいい風に変えて行くしかないですよね。一個人、一企業でどうなる物でもないですから。それはそうとして麻理ちゃん明日誕生日なんですね。おめでとうという声だけなのですがとりあえず・・・(笑)有楽町の辺りはよく行くのかなあの辺プランタンとかもあってそちらも良さそうですよね。モヤさまみたいな感じで一緒に行けたらいいなー(笑)それではまた、更新して下さい。楽しみにしています。今日のアド町面白かったですよ。

大江さん、僕も惚れました。

大江さん、はじめまして。大分でTVQを通じてモヤさまを毎週楽しく拝見しています。正月特番からすっかり大江さんのファンになって早10ヶ月、やっとコチラまでたどり着きました(あまりネットができないので)。プロフィールを見て勝手にますます親近感を覚えました。そんでもって、たまたまどうやら「前日」のようで、これは是非お祝いを一言残さねばと思い筆をとった次第でございます。筆はとったが入力には関係ないので横に置いちょいて。

どうぞ明日からの1年も素晴らしいものになりますように、モヤモヤ日豊線の沿線からお祈りしています。応援しちょりますけん!

大江さん大好きです

素敵だ。
大江さん大好きになりました。

ぼくも、いつか、ドナー登録してみようと思ってました。人にいいことすると気持ちいね。いつも、もやさま見ています。さいころで大江さんの目が出ないかなと楽しみです。いつも癒されます。これからも元気で。 

頭であれこれ考えているだけでは誰の力にもなれないんだ。という言葉をかみしめて、後に続きたいと思います。「骨髄ドナー特別休暇制度」のような制度は、ドナーを増やすきっかけになりそうですね(本来、国がバックアップを主導して行くべきかもしれませんが)。企業が社員の支援に止まらず、社会の構成員として営利目的を超えて1歩踏み込んだ活動を積極的に行う社会になるとよいですね。

僕もいきます!

「情けは人のためならず。回りまわって自分のところへ。」
助けあい支えあいですね。
小生も医療従事者の末席を汚す身でありますが、耳の痛いお話です。
考えさせられました。

大江さんの様に、問題を考えてドナー登録を行うという事はとても立派な事だと思います。
健康な人もハンディキャップを持つ人も同じ様に生活していける世の中になればいいですね☆

「頭であれこれ考えているだけでは誰の力にもなれないんだ。」

ちょっと溢れました。
なにか希望のようなものが。

ドナー登録。自分も機会があれば登録しようかなと思わされた日記でした。献血は会社でもチャンスがあるのでやるんですが何か気分がいいですよね。

大江さん、素晴らしいことをされましたね!私も見習いたい。ですが、大江さん以上に注射嫌いなので、無理かも。いざ、ドナーになってしまうとさらなる葛藤が・・・とますます尻込みしてしまう。
ボランティア精神>恐怖心に成れる様に、精神を向上させねば・・・

麻理さん!素晴らしいですね!
まるで天使のようですね!!
僕もこの日記を読んで骨髄バンクに
登録しようと思いました!
素晴らしい前向きな善意に満ちた笑顔の
麻理さん・・。
そんな麻理さんが大好きです・・。
これからもず~と応援しています!
その優しい笑顔がある限り・・!

モヤモヤさまぁ~ず2を見てて、きれいで素敵な方だと思っていたら、今回さらに素晴らしさを思い知りました。
テレビで拝見している時は、常に元気をもらっています!!

いつもテレビでお姿を拝見しておりますが、コメントを書かせて頂くのは初めてです。
骨髄バンクご登録、素晴らしいことだと思います。
私の周りには、白血病等を患っている人はおりませんが、本やテレビでこの病気のこと、さらには骨髄バンクのことを知り、強い関心を持っています。
残念ながら、事情で私自身は登録は出来ないのですが、せめてもと思いカンパ等のサポートをしています。
大江さんが自ら考え、ドナー登録をされたこと、それによってこのブログを見ている方たちがこの問題に関心を持ってくれればいいなぁと心から思います。

今後も応援させて頂きます。
頑張って下さい。

 世の為、人の為って、

 本当、考えているだけじゃ何も出来ない。

 私も、見習います。

大変興味深く読ませていただきました。共感します。私も近々交通会館ビルに行きまして骨髄バンク登録しようかと思います。P.S.大江さんもうすぐ誕生日ですね。おめでとうございます。私と同じ誕生日なのでしっかり覚えてます。

こんにちは。はじめまして。大江さんが、築上印刷のお嬢さんだと、この夏に畑の冷泉からの帰りのバスの中で、大江さんの遠縁の方から伺いました。私は、明神出身で、大江さんの嫌いなもののなかに、しいてあげるなら、砂の入った貝??とかいてあったのでやっぱり、豊前の人だー。と思った次第です。(笑)私の親戚は、豊前で豆腐屋してます。大江さんにも食べてほしいというか、食べたことあるかなあ??私は今、ひとりで東京に住んでますが、大江さんみながら、私も頑張ろうと思う今日この頃です。がんばってね!!

大江さん
ドナー登録お疲れ様でした。
大江さんがお手本となり、大江さんのようなアナウンサーが増えていくと良いですね♪
これからもお仕事頑張って下さい!!

大江さんって、とても心がキレイな人なんですね☆

自分も友人が白血病でした。彼女は移植が上手くいき、今はカンカイとなって元気に暮らしております。自分は登録が不可なからだですが。
このような善意のみに頼らざるを得ない状況は、どうにかならないものか。徴兵制より、まず国民全員登録制。その上で、ドナーの意思を確かめるようにしたら、もっと意識も変るし、認識も広がる。
ドナーへの補助も国が無駄な支出を減らせばできるでしょう。治る、助かる命があるならば、それをしないのは犯罪に匹敵するのではとも思います。

はじめまして大江さん。いつもTVで拝見させていただいております。「骨髄バンク登録」とても勇気ある行動だと思います。昔、エックスのhideが骨髄バンクに登録して世間に理解を広めましたが、大江さん様な方が登録すればhideの時と同じようにみんなが考え、行動するでしょう。これはとても個人的な話なのですが、僕の好きなミュージシャンが血液の難病で11月に骨髄移植します。この事も考えると僕も他人事とは思えないです。
僕も骨髄バンクや臓器提供意思表示カードに登録しようと考えていましたが、未だ行動に移せていません。でも大江さんの「考えているだけでは誰の力にもなれない」という言葉に勇気をもらいました。
この行動で骨髄バンクドナー拡大とCSRの理解が広まる事を心から願います。

すごく大切なお話ですね。
みんなで幸せに生きていくために、自分は何ができるかなぁ・・・。
そういう視点が重要な気がします。

ちなみに自分も採血が苦手です。
そして低血圧でもあります。
更には採血中に気を失ったこともあります。
夢なんか見ちゃったりしました。
お恥ずかしい。。。(/_\)

「その」一歩を踏み出す事は本当に難しいことです。
何か理由を付け、言い訳して踏み出さない自分...等等
しかし!すばらしい友人さんをお持ちですね!羨ましい限りです。
後押ししてくれた友人さんに感謝ですね。大切にしてください。
苦しい闘病生活でしょうが、すばらしい友人さんへ
    
   「雲外蒼天(うんがいそうてん)」

がんばってください!

ドナー登録については色々と考える事が多かったのですが、今回の大江さんの日記で少し考え方が変わったかも。

ただ思っているだけじゃなくて、行動に移す事が大切なんですね。

私も骨髄バンクのことは頭のどこかにあったけど実際に行動できない人間でした。マリリンに触発されて近いうちに登録へ行くと思います。仕事を持つ身としては確かに調整が大変になるかもですが頑張りましょう!マリリンは自分の健康も気をつけて仕事頑張ってくださいね!

考えさせられました。
本当のCSRとは一体何なのでしょうか。
大江さんの言葉が沁みました。
CSRというと結局トップダウンで、自社が淘汰されないためだけの形骸化された推進が多く見受けられますが、組織だからこそできることを、もっと個々人が大江さんのように考えるべきなんだと思います。
P(Personal)SRから派生し、個人を支えた形で進められるのが本来のCSRなんでしょうね。
今回のドナー登録、仕事などで実際に対応できなかったとしても、こうやって大江さんが訴えかける事によって新たにドナー登録された方が人を救うことだってあり得ます。
大江さんの行動が多くの人の行動につながります。
病と強く闘う人がいる一方、自分は闘う事ができているのだろうか?やはり私も考えているだけで、行動できていませんでした。
私も今日を新たな誕生日として、実際に行動し、さらには大江さんの思いを多方面に訴えていきたいと思います。

「頭であれこれ考えているだけでは誰の力にもなれないんだ。」
この言葉、心にズシンと来ました。
自分も。。。と思って、色々調べてみましたが、
1週間程度の入院、全身麻酔、採取後の様々なリスクを考えると、
躊躇してしまいます。軽い気持ちではできません。
でも、誰かが手を差し伸べなければならない。
大江さんの勇気と行動には頭が下がります。
誕生日を前に、また一歩前進ですね。
モヤさまではお茶目、このブログでは真面目。
いろんな顔を持つ大江さんは素敵です。
今後は、医療ジャーナリストとしての活動も期待してます。
訴えたいこと、伝えたいこと。たくさんありますよね?
追伸1:ご友人の病気の回復をお祈りいたします。
追伸2:全身麻酔の気管チューブで声が変わることがあるとのこと。
    アナウンサーとして大丈夫なのか。心配になりました。

誰かの為に何かする…って大事ですね。
湘南乃風の若旦那も難病の子供たちのために立ち上がったし。
世の中の若者たちが世界の為に、人の為に、
少しづつ動いている気がします。

ドナー登録って、結構簡単なんですね。このブログを見た人の中から、一人でも登録しようという気になった人がいれば、既にマリリンは一つ仕事をしたと言えるでしょう。「骨髄ドナー特別休暇制度」も、企業がもっと普及させないといけませんよね。

ぼくはドナーカードにかきこみしてます かきこむだけでいいんですっけ?
大江さん素敵です(スムーズ)

大江さん大好き、まりりんLOVEの♀でっす!
前にコメントして以来ですが、モヤさま・アド街
そしてこのブログとずっと見てますよ(@@)
今回書き込みさせてもらうのは
骨髄バンクに入るときって、背中とか腰とかから
血を抜かれるの?絶っっっ対ムリぃぃぃ!!!
と思ってたけど、そうじゃないんですね。。。
ってことが書きたかったから。
本番=いざ骨髄移植!ってなったらそうなのかも
しんないけど。。。ちょっとドナー登録しても
いいかもって思いました。普通のお注射だもんね。
また、情報を書き込みしてくださいませー☆

骨髄取るのって痛そうだけど、大江さんの話を聞くとちょっとドナー登録が気になってきたぞ。今はまだ実際に登録する気は起きないけど、相当な勢いで関心が持てた。登録にどのくらいの時間がかかるのだろう???

たまたま、もやもやから見たのですが、納得!
他人と比べてではなく、みんなが自分の出来ことを
するだけで、世界は変わると思います。
寄付が出来ないなら、笑顔を他人に送るとか、、、
自分もドナー、検討してみますね!

初の骨髄ドナー登録、良かったですね。

私は、骨髄ドナー登録可能なんですかね?
先日、というか、数年前、献血に行ったところ、1980年代以降に6ヶ月以上、欧州圏内にいた人間は、狂牛病の可能性があるとのことで、パスされました。
少しでも、お役に立てればと思っていたのですが、残念です…
まぁ、他の手段で役に立てるように頑張ります。
大江さんにおきましては、今後も、お仕事・プライベート、無理せず頑張って下さいね。
陰ながら応援しております。
では、では。

初めて書き込みします。
一人ひとりの力は小さくても弱った命を
助けることができるってことですよね!
まずはできることからですね~

でも、僕も注射が大の苦手なんです・・・

大江さん、えらいっ!
一社会人として、義務感は感じてはいるものの、実際に行動に移すとなるとまた別の話で、なかなか思い切れるモンじゃありません。骨髄ドナー特別休暇制度に言及していらっしゃいますが、日本の組織では、一般的な福利厚生制度と並んで、まだまだ社会貢献に対するバックアップ体制は整っていませんよね。アナウンサーという、直接社会的に影響を及ぼしうる立場にある人間として、その地位に安住することなく、自ら模範を示そうというその姿勢には頭が下がります。微力ながら、私も見習おうと思います。がんばってください。でもあまり無理しないでね。

大江さんの「実社会の一員として生きていく」という意識の高さを感じ、「この人は私より7つも8つも若いのになんでこんなに素敵な女性なんだろう?たくさんの経験が全て咀嚼されているのか、はたまたご両親が素晴らしいのか?」と考えながら自暴自棄に陥りそうです…

私も頑張らねば!

同県人として誇りに思います。

マリリン、あなたは偉い!!
m(_ _)mペコリ

僕も献血は定期的にやってますよ^^
社会のバックアップが重要ですね。
機会があれば今度ドナー登録してみようかと思います。

麻理子さん、感動です。
ドナー登録!なかなかできないことと思います。
人を大切になさる優しい心の持ち主なのでしょうね。
きっと神様の思し召し。いいことありますね。
自分も麻理子さんに負けないように人に優しくします。
ありがとう麻理子さん。

気軽にできることではありません。
安全なことだと知っていてもやはり不安はあったでしょうし勇気ある行動だとおもいます。
この日記を読んでドナー登録する人もきっといるでしょう。
少なくとも前々から登録しようか迷っていた私のような人の背中を押すことにもつながるでしょう。
ますます大江さんのファンになりました。

大江さん,初めまして。
いつももやもやを観させていただき笑っております。
北池袋は仕事でだいぶ通っていましたので,懐かしいものでした(^_^)
夢のある日記に感動しました。新しい人の世界が広がるような感じです。
どこかの路地を一緒に歩きたいです。蚊に食われた時は,たくさんぬってしまいますよね。
応援しています。

はじめまして

俺は、献血は割とさせてもらってるんですが、
「ドナー登録の時の注射は、かなり痛かったよ。」
という友人の言葉で登録をためらっていました。

でも大江さんの日記の写真を見た限りだと、"腕"からの採血みたいですね。
「"背中(腰)"に注射をしたよ」と聞いていたので、アレ?、変わったのかなと思いました。

なんかこれなら大丈夫かも♪

勿論、型の適合する方が居た時の腰の注射の痛みは、我慢しますよっ(笑)
時間を見つけて登録したいと思います。

これからもお仕事 頑張ってくださいねっ♪
自販機でゲットしたネックレスを身につけて(笑)

でわっ


有楽町といえば、現在、雪苺娘(ゆきいちご)というお菓子の専門店がある、唯一の駅らしいです。
雪苺娘、おいいしいので、ぜひ食べてください。

白血病は、血液のがんと言われている難病で、有名人では本田美奈子さんやK−1のアンディ・フグ選手がこの病気で亡くなられていますね。
不治の病のイメージがある病気ですが、骨髄バンクによって、一人でも多くの人が白血病を完治できるといいですね。

自分のことばかり考えている人の多い世の中で大江さんは素敵ですね。応援してます!

尊敬します。
テレビで伝えるだけでなく、自ら実行するとは!
ドナーカードを手に持った大江アナの写真から愛のオーラが出ているような気が。。。

ドナ~登録ですか。。
今まで考えた事なかったです。

さすが大江ちゃん!!
偉いですね!

尊敬致します(^O^)/

初めてコメントさせて頂きます。
ドナーの件、僕も前々から考えていました・・・
高校の同級生が白血病で亡くなってます。
やはり考えているだけじゃダメですよね!
大江さんのおかげで登録もどういう物かわかりましたし。
今度の休日に登録に行くぞ!!!

大江さんのこの日記を読んで、ドナー制度と今の日本の状況を少し勉強した上で、私も登録に行こうと思いました。
日本の医療技術は世界屈指のものの1つと思いますが、新薬の問題をはじめ実際の現場での「生=生きる」ことについての矛盾もまだまだあると思います。特別休暇制度もそうですし、地道ですが1つ1つのことが人が生きる事に本当に生かされていくと思いますので、国も企業も人もみんなで協力できるバックヤードが確立されていく事を望みます。
良いお話を紹介いただいてありがとうございました。
★最新の日記にコメントしようと思っていた「モヤさまゴールデンSP」の感想は次の日記に書かせていただきますね★

すばらしい事ですよ。私も注射は大嫌いですが、簡単なんですね。私もやろうと思います。

いつも楽しく見させていただいてますが、コメントを書くのは今日が初めてです。

「ドナー登録」、自分には誰かのために身を削るという決断はまだできません。そんな人はおかしいという偏見さえもってしまいました。

でも、違うんですよね。もし、自分の身内が、友人がドナーを必要としていたら・・・いや、違うんだよ一日でも長く生きたいと思っている人に力をわけるのが僕たちがその人に出来る当たり前のことなんですよね。

でも自分にはまだその決断は出来ません。それでも少しですが大江さんの日記を見たことにより、世界が変わったと思えます。

誰かの役にたつ、そんな当然のことを当たり前にできる人に自分もなりたいです。

本当に今日この日記に出会えてよかった。

初めて日記を拝見させて頂きました。
モヤモヤさまぁ~ずで大江さんの事を知り、過去の日記を読んでとても心優しい奥の深い方であると勝手ながらそのように解釈しております。
私もかつて献血やドナー登録をしようと思ったのですが、留学生など海外から一時帰国した人は遠慮します、との札がありました。
それ以来敬遠していたのですが、もう一度間をおいてドナー登録に足を運んでみようと思います。
きっかけを作って頂き有難うございます、という気持ちをお伝えしたくコメントさせて頂きました。
肌寒さから凍える寒さ、冷蔵庫から冷凍庫へと移行する時期です。
体調管理に気をつけてお仕事頑張って下さい。

えらいなぁ、マリリン…(´ーT)。
僕の父も白血病で逝きました。
高校時代、隣のクラスのコが若くしてこの病気になりました。
意外と身近に苦しんでいる人っているものです。
行動に移せるマリリンを尊敬します。

献血はできるだけ行くようにしていますが、
ドナーはいざとなると日数がかかるなどがあり、二の足を踏んでいます。
「骨髄ドナー特別休暇制度」導入企業は初めて知りました。
できれば立法で、ドナー提供で自動的に特別有給休暇になるようになれば良いですね。
ドナーの代わりではないのですが、「臓器提供カード」は持ち歩いていて、
「全て提供」にしています。自分の亡骸が少しでも役に立てばと、、、。
ドナー登録、ご苦労様でした。(^o^)ノシ

仕事柄なかなか休みが思い通りにとれないから、できないかな…僕は???
マリリンは、偉いねぇ???
28歳最後に良いことをしたね…
全くこの内容とは関係ないけど
いい29歳になるといいね???

大江さんに感心しました。献血やドナーって、目の前を通ったりしてもやらないことが多いです。ましてやお友達に、ドナーの方がいらっしゃたら、人一倍思うこともあるでしょう。今日の日記は、すごく考えさせられました。もっと社会が協力的になればいいですね。

CSRの一環として浸透してゆくことには大きな可能性を感じますね。
そしてそれ以上に、大江さんのようにメディアに携わる人が、自ら実践して想いを伝えてくれることが、一番のメッセージだと思います。
きっとこの日記を読まれたたくさんの方々がドナー登録を考えるようになりますよ!

▲ページの先頭へ

モヤモヤさまーず2 大江アナのオリジナルコンテンツはアド街携帯サイトから! 週刊ニュース新書 大江アナのホッと一息