ヒカルの碁セレクション
新着情報
イントロダクション
放送予定
スタッフ・キャスト
コラム対局室
放送局情報
TOPに戻る

DVD-BOX特設サイトへ
ヒカルの碁2001サイトへ
コラム対局室「幽玄の間」

2009年8月27日

8月も残りわずかとなりました。
テレビ東京系8月31日放送の「ヒカルの碁セレクション」は第二十三局「幽玄の間」をお送りします。
幽玄の間は実際に日本棋院内にある対局室。この回の放送の中で、「この身だからこそ感じるのか。ここの空気はピリピリと痛い」という佐為のせりふがありますが、数々のタイトル棋戦が打たれ、碁打ちたちが真剣勝負を繰り広げた場所でもあります。壁に掛かる「深奥幽玄」の掛け軸は、囲碁愛好家でもあったノーベル賞作家・川端康成の手によるものです。
翌週9月7日放送の第二十四局「王座VSアキラ」で、アキラは歴戦のタイトルホルダー・座間王座に、この幽玄の間で挑みます。積極的な碁で王座を追い詰めていくアキラ。そしてその戦いを見たヒカルはアキラを追っていくことを誓います。二十四局ラストの雪の中のシーンは、アニメのシリーズ中でも名場面の一つです。

アニメ「ヒカルの碁」全75話のうち、シリーズ序盤の『葉瀬中編』のエピソードを中心に放送してきた今回のセレクション放送ですが、9月7日の放送分で最終回となります。
いよいよラストスパートの「ヒカルの碁セレクション」にご期待ください。(T)