アルバム

スペイン・マドリード(5月13日放送)

今回の旅先はスペイン・マドリード!
高級食材をたっぷり挟んだマル秘バケットサンドや
飲んだ後の〆に食べる驚きのメニューをご紹介!

ジャルパックのおすすめはこちら

ますだおかだ、眞鍋かをり

ブラザートム

コーディネーター

マルタ・マルティン・モリーナ

年齢:38歳
生まれも育ちもマドリード!

【略歴】
もともとはマドリードのラジオ局で活躍する女子アナだった。
幼い頃、美術館で見た喜多川歌麿の浮世絵に感激し、日本に渡るのを長年夢見ていたため、アナウンサーを辞めて来日。
東京の国際電話会社でOLをしていた。
4年前にスペインに帰国し、現在はロケ制作・通訳・コーディネーターおよびレポーターなど幅広く活動している。

裏スポット

【B級グルメ】ビアンデス・デ・サラマンカ

Calle Montera. 3
+34 915 32 77 61

スペイン中西部にある有名なイベリコ豚の産地、サラマンカからやってきた生ハム専門店。
25センチはあろうかという自家製のバゲットに大量の生ハムをはさんだボカリージョは多い日では1000本も売れるほど人気。
ボカリージョ 3.60ユーロ(約460円)

【B級グルメ】カサ・ラブラ

Calle de Tetuán, 12
+34 915 31 00 81

【営業時間】9:30am–3:30pm 5:30pm-11:00pm
1860年創業の老舗のバル。
行列ができるほど大人気のクロケッタ・デ・バカラオ(タラのクリームコロッケ)は1日に1000個も売れる。
レモネードとビールを1対1で割ったクラーラという飲み物と一緒にいただくのがスペイン流!
クロケッタ・デ・バカラオ 1個0.85ユーロ(約110円)
クラーラ 1.15ユーロ(約150円)

【夜遊び】ジョイ・エスラバ

C/.Arenal 11
+34 91 366 37 33

80年代からずっと人気を誇るクラブ。
スペインの芸能人やサッカー選手、モデルが集まり、よくパーティーを開くと有名。
入場料:金曜日・土曜日 18ユーロ(約2320円)
日曜日~木曜日 12ユーロ(約1550円)

【B級グルメ】チョコラテリア・サンヒネス

Pasadizo San Ginés, 11
+34 913 65 65 46

1894年創業で100年以上もマドリードの人々に愛され続けているチュロスの老舗。
スペインではチュロスは夜遊びのシメの定番で、店内には深夜でもお客さんがいっぱい。
年中無休の24時間営業!
チュロス6本とチョコラテ 3.80ユーロ(約490円)

【B級グルメ】ラ・サンティアゲサ

C/Mayor, 73
+34 91 559 62 14

29年間も地元の人々から愛され続けるケーキとパンのお店。
マドリード近郊のアルカラという町発祥のロスキージャス・デ・アルカラというお菓子が人気。
ロスキージャス・デ・アルカラ
1個1ユーロ(約130円)/1キロ(50~60個)29ユーロ(約3740円)

【ホテル】パラドール・デ・シグエンサ

Plaza del Castillo, s/n 19250 Sigüenza
+34 949 39 01 00

マドリードから電車で北東に1時間30分ほど行ったところにあるシグエンサという町にあるお城のホテル。室内は落ち着いた感じで窓からは絶景が!ホテル内のレストランはお城の雰囲気そのままの石造りでとてもロマンチック。
このようにスペインには昔実際に使われていたお城や修道院などをホテルとして再利用した“パラドール”が93か所もある。
1室1泊 約125ユーロ~(約16130円~)

【ランチ】デ・マリア

C/. Preciados, 32
+34 915 21 16 03

300gもある巨大なイベリコ豚のステーキなどが食べられるお店。
同じメニューでも席によって値段が違っており、サービスが簡単なカウンター席だと激安で巨大なステーキをいただくことができる。
イベリコ豚ステーキ 13.15ユーロ(約1700円 カウンター席)
※テーブル席の場合17.10ユーロ(約2210円)でテラス席の場合18.81ユーロ(約2430円)
牛リブステーキ 12.10ユーロ(約1560円 カウンター席)

【お土産】ファルマシア・ゴジャ

Calle Goya 12
+34 915 75 49 24

マドリードには日本のコンビニのごとく薬局があちこちに点在している。
薬局にあるヴァセリナ・ガルという伝統的なスペインのリップバームはデザインもかわいくお土産に最適!
ヴァセリナ・ガル コレクション 1個5.30ユーロ(約680円)

詳しくはこちら
スペイン
スペイン

世界遺産に登録されている建物や情熱的なフラメンコ、食通を魅了するスペイン料理など、旅行の醍醐味がいっぱいつまった国スペイン。

【おすすめ】モン・サン・ミッシェルの夜景
【おすすめ】聖家族教会(バルセロナ)

建築界の鬼才ガウディの最高傑作。1882年に着工、現在観られるのは未完成形で完成にはさらに十数年必要といわれています。

【ホテル】メルキュール
【ホテル】ウサ・プリンセサ(マドリード)

デパートが近くにあり、ショッピングも便利。全室異なる絵画が飾られた客室も印象的なホテルです。

PAGE TOP

エンディングテーマ「21 years old」アーティスト:COMEBACK MY DAUGHTERS レーベル:日本コロムビア