バックナンバー

2014年8月23日(土)放送
長谷川大樹

卸魚屋 長谷川大樹。
“食べられないと思っていた魚が食べられる。”
“美味しい魚が、もっととんでもなく美味しくなる”
そんな嘘みたいな魚を世に送り出しているのが
卸し専門の魚屋、長谷川大樹さん。
そこには、魚に施す、ある魔法が…!

彼は、どんな道を歩んでいくのだろう…。

「柔らかいですね。とろけますね。美味い」
あなたは、おそらく食べたことがないはず。このクリーミーな味わいと、プルップルの食感。
薄紅色の絶品メニューの正体は・・・何と毒針を持つ「ホシエイ」の肝。
網にかかっても捨てられていた魚。ましてやその肝なんて、食べられるわけがないと思われて来た。そして人呼んで、“幻のタタキ”。こちらの正体は…何と「ヒメイトマキエイ」!。
透き通る赤身の味に、マグロを超える評価が。
一見、普通に見える金目鯛も、実は、一ヶ月熟成させた、熟成肉ならぬ“熟成魚”。
皮はパリッ。身はホロリ、それでいてジューシー。キンメの味が、驚くほど極まっている。

こんな魚たちを世に送り出しているのが、長谷川大樹さん。
今、魚の流通そのものすら変えようとしている、卸し専門の魚屋さんだ。
食べられないと思っていた魚が食べられる。
美味しい魚が、もっととんでもなく美味しくなる、
その秘密は、長谷川さんが魚に施す魔法、”神経締め”。

「分かりやすく言うと、私と魚どっちを大事って100人に聞かれたら、魚って答える。」
魚を熱烈に愛し、究極の味を追い求める。
そのワイルドな日々に密着し、卸魚屋 長谷川大樹さんのクロスロードに迫りました。

ページのトップへ