※今回の放送は第6話の放送はありません。(「CSI:」ではない別番組で解決編が放送された
エピソードのため)

第17話・さらば友よ Part1

葬列の棺の底が抜け、死者が二人落ちる。棺が二段に仕切られ、弔うべき故人以外の死体が
隠されていたため、重みに耐えかねて底が抜けたのだ。
被害者は窒息死しており死後二十四時間以上経過していたが、被害者は私立探偵の
レニー・ハーパーだった。グリッソムは、ウォリックが探偵にストリップクラブの経営者
ゲッダを調べさせていたと知って、ウォリックと連絡を取ろうとする。
ウォリックはピガールから電話をかけて来るが動揺しており、ゲッダ殺害容疑で
逮捕されてしまう。グリッソムが駆け付けると、ゲッダは散髪用の椅子で射殺されており、
ウォリックは血まみれで手錠をかけられていた。ウォリックのシャツの血痕はゲッダのもので、
ゲッダの体内から回収された弾もウォリックの銃から発射されたもの、ゲッダの手には
ウォリックの手錠がかけられていた。証拠はウォリックが犯人だと示しており、
グリッソムたちは捜査に関われなくなる。 

CSI:8 第17話 CSI:8 第17話
テレビ東京デジタル7ch・Copyright(C) TV TOKYO Corporation All rights reserved