記憶捜査~新宿東署事件ファイル~

公式サイトへ

番組内容

【あらすじ】ゴールデン街、荒木町、早稲田、新大久保、新宿二丁目、三丁目―。
これらの街を管轄区域とした新宿東署では、日々多くの事件が起こり、刑事が認知していても動けない“手付かず案件”となっている事件が多くある。そんな新宿東署に、一人の車椅子の刑事が配属された。彼の名は、鬼塚一路(北大路欣也)。
定年間際の最後の事件で、犯人に刺されて両足の機能を失い車椅子生活となった彼は、1年後、新宿東署刑事課の司法係長に再任用された。鬼塚は、新米時代と定年間際の二度、この新宿東署に配属されている。これにより彼は「昭和」と「平成」ふたつの時代を通して新宿の街の詳細な記憶を持ち、事件を推理する際、「記憶の街」として脳内に描き出すことができる。
“手付かず案件”により困っている人がいることを知った鬼塚は気になる事件を調べるようになる・・・。
そんな中、刑事志望の遠山咲(上白石萌音)とキャリアの刑事官・神啓太郎(風間俊介)が配属される。二人が車椅子の鬼塚の足となり、手付かず案件の捜査が始まる!

【出演】北大路欣也 風間俊介 上白石萌音 内田朝陽 松本大志 勝野洋 宅麻伸 石黒賢 余貴美子

【脚本】櫻井武晴
【主題歌】ToshI 「幸せのちから」(Virgin Music/ユニバーサル ミュージック)
【監督】塚本連平 白川士
【チーフプロデューサー】濱谷晃一(テレビ東京)
【プロデューサー】浅野太(テレビ東京) 井上竜太(ホリプロ) 川島永次(ホリプロ)
【制作】テレビ東京 ホリプロ


©テレビ東京/ホリプロ

もっとみる

テレビ東京オンデマンドパートナーズ