働かざる者たち

公式サイトへ

番組内容

【あらすじ】
舞台は⽼舗新聞社の「毎産新聞社」。
主⼈公・橋⽥一(濱田岳)は、入社7年目の技術局システム部社員。本業はそこそこに副業の同⼈漫画の執筆に精を出す⽇々を送っている。
そんな橋⽥に毎日のようにちょっかいをかけてくる技術局工程部の社員・八木沼豊。彼は日がな一日社内を歩き回り、他部署の同期に偉そうに話しかけたりしている。
仕事に縛られず、人生を謳歌していると豪語する八木沼だが、少しも幸せそうではなかった。八木沼は「伝説の94年組」と呼ばれる世代で、同期入社の社員たちは現在、各部署で部長職についている者が多数いる黄金世代らしい。
その中にあって八木沼は、いち早く出世街道を外れた。八木沼の行動を見れば分かる。自分とは違い、出世していく同期を意識していないはずがない。
一方橋田は、エースとして活躍する同期がいる中、漫画を逃げ道にそこそこの仕事をして、なんとなく生きてきた。八木沼を見て、橋田はふと思う。「俺の心の中にも八木沼さんはいる。俺はこのままでいいのだろうか…。」
橋田は果たして立派に働く人間になれるのか、それとも悠々自適なドロップアウターか、あるいは…。橋田と“働かざる者たち”との熱い日々が幕を切った――。

【出演】濱田岳 古川雄輝 池田エライザ 大水洋介(ラバーガール) 津田寛治

【原作】サレンダー橋本『働かざる者たち』(エブリスタ)
【監督】有働佳史
【脚本】有働佳史、ニシオカ・ト・ニール
【主題歌】M!LK『HOME』(SDR)
【チーフプロデューサー】山鹿達也(テレビ東京)
【プロデューサー】北川俊樹(テレビ東京)、木下真梨子(テレビ東京)、塙太志(大映テレビ)
【制作】テレビ東京、大映テレビ
【製作著作】「働かざる者たち」製作委員会

(C)「働かざる者たち」製作委員会

もっとみる

テレビ東京オンデマンドパートナーズ