日経スペシャル ガイアの夜明け・毎週火曜夜10時放送・闘い続ける人たちの物語
テレビ東京ホームページへ


HOME
番組紹介
キーワードで読むガイアの夜明け
バックナンバー
ご意見ご要望・FAQ

バックナンバー


ガイアの危機~資源争奪の世紀を生き抜く




 放送スケジュール



 毎週火曜日 午後10:00~



 テレビ東京
 テレビ大阪
 テレビ愛知
 テレビ北海道
 テレビせとうち
 TVQ九州放送



 毎週金曜日午後9:00~
(再放送 毎週日曜日 正午~)



 BSジャパン



 毎週土曜日 正午~



 日経CNBC

日経スペシャル「ガイアの夜明け」 1月3日放送 第295回

ガイアの危機~資源争奪の世紀を生き抜く

地球規模で資源・食糧を追い求める、飽くなき人類の欲望。そして引き起こされる深刻な環境破壊。21世紀、資源争奪の時代を迎え、"地球(ガイア)の危機"が迫る・・・。グローバル化した世界経済。発展と繁栄の権利を主張する強者(巨大資本)たちが、世界を駆け回る。その一方、資源・穀物の争奪戦の下で、環境を破壊され、生活を奪われた弱者の声は、かき消されていく・・・。自らの繁栄と利権に憑かれた人類。滅亡のレールを敷いてしまっているのだろうか? 経済発展、地球環境の保護の両立は可能なのか? 新しい年2008年の初頭に、「ガイアの夜明け」は、"地球の未来図"を考える。(放送枠拡大。取材VTRは全編HD映像のスペシャル版)


【"天国に一番近い島"が危ない! ・・・自然の宝庫で資源争奪】

世界で2番目の規模の、サンゴ礁に囲まれた美しい島・仏領ニューカレドニア。自然の宝庫とされるニューカレドニアは、鉱物資源も豊富である。島の南部では、国際的な資源メジャーのブラジルのリオドセ社が、日本の三井物産、住友金属鉱山とともに、過去最大のニッケル開発事業を展開しようとしている。これに対し、地元の先住民族たちは、環境破壊で自分たちの生活が脅かされると猛反発している。10月には、先住民族の代表が来日。日本企業や事業に融資を検討にしている。"天国に一番近い島"の危機を、テレビカメラが初めて捉えた・・・。


【食卓からマグロが消える?】

年末年始のハレの一品、高級魚「マグロ」。乱獲制限の世界的な動き、そして中国・ロシアの食大国の台頭による"買い負け"・・・。
マグロは日本人の食卓から消えることはないのか? 世界的な高級魚となったマグロ資源をめぐってせめぎ合う、マグロ・ビジネス。日本最大の水産会社マルハのマグロ部隊、川波さんの密着取材を通して、マグロ・ビジネスの今を追う。スペインでの天然マグロの値決め、チュニジアでの「蓄養」など、マグロが日本人の口に届くまでをカメラは追った。
マグロ資源は国際的に資源管理が進む。乱獲の影響で廃業寸前のイタリアの漁師や、大半を日本に輸出していた台湾で、廃船せざるを得ない漁師の苦悩も追う。


【人と車の穀物争奪戦】

トウモロコシ相場に歴史的異変が起こっている。今年のアメリカ産トウモロコシは大豊作にもかかわらず、相場が高止まりしているのだ。次々と建設されるエタノール工場が、周辺のトウモロコシを買い漁っているのが原因だ。また、アメリカのトウモロコシ農家は、エタノール工場向けと、穀物商社向けをてんびんにかけながら、売り惜しんでいるという。
世界の穀物市場は新しい局面を迎えた。食事を確保するのか、それとも自動車を走らせるのか。トウモロコシの安定確保に奔走するJA全農や、将来の食糧危機に備えて立ち上がった食糧ベンチャーを通して、穀物争奪の行方を取材する。


【食べ尽くされるアマゾン】

地球上で最も多彩な動植物が生息するアマゾン。そんなアマゾンが、いま、巨大な穀物畑に変わろうとしている。わずか1時間ほどの間に、サッカー場150個分もの森林が消えているという。
「大豆ハイウェー」と呼ばれる国道の建設が急ピッチで進み、「大豆天国」なる街も誕生した。背景にあるのは、世界の穀物争奪戦。その旺盛な需要に応えようとする結果、アマゾンでの森林伐採が進んでいるのだ。私たちの豊かで便利な生活は、地球の裏側の広大な森の消失へとつながっているのか。アマゾンの現状を取材する。

     
 




Copyright (C)2002-2004 TV-TOKYO / TX-BB. All rights reserved.
PAGE TOP



このWEBサイトに掲載されている文書・映像・音声・写真等の著作権はテレビ東京に帰属し、個人で楽しむ目的以外に、許諾なく複製・頒布・貸与・上映・有線送信等を行うことは法律で固く禁じられています。