日経スペシャル ガイアの夜明け・毎週火曜夜10時放送・闘い続ける人たちの物語
テレビ東京ホームページへ


HOME
番組紹介
キーワードで読むガイアの夜明け
バックナンバー
ご意見ご要望・FAQ

バックナンバー


ニッポンを照らせ!~“光”が人と街を元気にする~




 放送スケジュール



 毎週火曜日 午後10:00~



 テレビ東京
 テレビ大阪
 テレビ愛知
 テレビ北海道
 テレビせとうち
 TVQ九州放送



 毎週金曜日午後9:00~
(再放送 毎週日曜日 正午~)



 BSジャパン



 毎週土曜日 正午~



 日経CNBC

日経スペシャル「ガイアの夜明け」 12月23日放送 第345回

ニッポンを照らせ!
~“光”が人と街を元気にする~

クリスマス・シーズン。街はイルミネーションで彩られ、その光に吸い寄せられるかのように人々が集まる。たとえ現在のような不景気でも、きらめく光は人を呼ぶ力がある。また、光にはその使い方によって、人を活動的にも、穏やかな気持ちにもさせる影響力があるという。そんな不思議な光の効果を利用して、街の復興や新たなビジネスに結び付けようという試みが始まっている。さらに、環境問題が叫ばれる今、消費電力を抑えたLED(発光ダイオード)が注目を集めている。既存の照明に比べ、寿命の長さ、調光や制御のしやすさもあり、新しい使い方の可能性も広がっているのだ。LED照明と光の可能性、そして新たなマーケットを探る人たちを追った。


【なにわを“光”の街へ】

5年前に観光客の宿泊客が889万人にまで落ち込んだ大阪。
そんな大阪で、通年、街中をライトアップして“光の街”にするプロジェクトが動いている。夜の滞在時間が長くなれば、それだけ飲食や宿泊の需要が増え、街が活気づく。
現在、関西電力と大阪府、大阪市などが「光のまちづくり企画推進委員会」を結成し、中之島を中心に“光の演出”をしている。いずれは大阪全体を光で埋め尽くし、“光”を大阪の文化にしたいと考えている。しかし、街全体をライトアップするには民間企業や建物の所有者の理解が必要となる。経費の面もあり、説得は容易ではない。


【やる気になる照明とは】

事務用品のコクヨでは、働く人にとって仕事のしやすい光環境とは何かを探り、さまざまなシーンでの的確な光を表現できるオフィスづくりに挑んでいる。会議でも、「アイデア出し」と「ディスカッション」では、照明の明るさや色温度を変えると、その効率が変わるという。
コクヨでは、実験オフィスを作り、実用化を目指して検証を重ねている。最終的には社員のID証をセンサーが感知して、それぞれの人に合った照明が点灯するようにするのが目標だ。


【“第4世代の照明”の可能性】

高輝度青色LED(発光ダイオード)を世界で初めて製品化した日亜化学工業。携帯電話のディスプレイのバックライトに高輝度青色LEDが使われるようになって急成長した。その日亜化学工業のある徳島県では、今、LED関連企業が続々と起業している。
LEDは“第4世代の照明”と呼ばれ、単なる“明かり”としてだけでなく、幅広い可能性を秘めているという。それは、大型ディスプレイ、虫とり装置、光合成の活性化照明、犯罪抑制用の外灯など、様々だ。県ではLEDの研究や用途開発のため、「LEDバレイ構想」を策定し、光産業の集積を目指している。 さらには、地元の人たちの人材育成にも乗り出した。


【自殺や犯罪を減らす外灯!?】

平成17年に、つくばエクスプレスが開通したことで、東京都足立区にある六町駅近くの自治会では、治安が悪化することを懸念。自治会長で照明器具製造会社鳥海工業の小松健さんは、町内の外灯を青色のものに変えた。
青色の外灯には犯罪や自殺をしようとする人の気持ちを抑える効果があるといわれている。
大阪府では青色の外灯が人にどんな影響を与えるのか、実験を始めた。


   




Copyright (C)2002-2004 TV-TOKYO / TX-BB. All rights reserved.
PAGE TOP



このWEBサイトに掲載されている文書・映像・音声・写真等の著作権はテレビ東京に帰属し、個人で楽しむ目的以外に、許諾なく複製・頒布・貸与・上映・有線送信等を行うことは法律で固く禁じられています。