日経スペシャル ガイアの夜明け・毎週火曜夜10時放送・闘い続ける人たちの物語
テレビ東京ホームページへ



HOME
番組紹介
キーワードで読むガイアの夜明け
バックナンバー
ご意見ご要望・FAQ

次回の放送予定





 放送スケジュール



 毎週火曜日 午後10:00~



 テレビ東京
 テレビ大阪
 テレビ愛知
 テレビ北海道
 テレビせとうち
 TVQ九州放送



 毎週金曜日午後9:00~
(再放送 毎週日曜日 正午)



 BSジャパン



 毎週土曜日 正午~



 日経CNBC


日経スペシャル「ガイアの夜明け」 9月28日放送 第128回

ロボットはパートナー
~実用型ロボット開発に挑む~


「鉄腕アトム」「鉄人28号」――。かつてSFの世界で夢見たロボットが、いま現実のものとなっている。日本の技術はロボット分野で、いま世界をリードしている。
世間で脚光を浴びているのはヒューマノイド型やペット型のロボットだが、その一方で、私たち人間をサポートしてくれる実用的なロボットの開発が進められている。そうしたロボットが実用化されれば、人間の社会や生活を大きく変える可能性を秘めている。
番組では、実用的ロボットの開発に乗り出した企業や研究者を取材。社会貢献への思いを胸にロボット開発に挑戦する人々を追った。

内容

【ニッポンのレスキューロボ、世界に挑む】

2001年9月11日、米ニューヨークで起きた同時多発テロ。惨劇の舞台となってしまった世界貿易センタービルの瓦礫の下で、犠牲者を救助するため、米国で開発されたレスキューロボットが活躍していたことはあまり知られていない。
コンピューターメーカーの日本SGIはいまから2年前、レスキューロボットの開発を決断した。その必要性と実用化の可能性が高いと考えたのだ。
共同開発にあたるのは、電気通信大学の松野文俊教授の研究チーム。電通大の研究費で開発費用をまかない、日本SGIはロボットエンジニアの五十嵐広希さんを派遣し基本設計を行う。
今年、開発したレスキューロボット「FUMA(ふうま)」は、これまで以上に高い走行性能と情報収集能力を備えている。ロボットがその性能を競うイベント「ロボカップ」の日本大会にこの春、出場。災害救助活動のスピードと精度を競い合うレスキューロボット部門で、みごと優勝した。
五十嵐さんは大学時代からロボカップに関わってきた、いわば"ミスター・ロボカップ"。松野教授は、教え子を阪神・淡路大震災で亡くしたことから、レスキューロボットの開発にあたることを決意した人物である。
彼らの次なる目標は、この夏、ポルトガル・リスボンで開催されるロボカップ世界大会。レスキューロボット部門には、世界8カ国15チームが参加した。
果たして、日本のレスキューロボットは世界の頂点に立つことができるのか?


【障害者に食卓の団欒を・欧州が評価した食事支援ロボ】

セキュリティービジネス最大手のセコムは、障害者や高齢者向けに、日本で初めて食事支援ロボットを開発した。このロボットを使えば、半身不随の障害者でも、介助なしに一人で食事ができるようになる。
ヨーロッパでは既に同様の商品が出ているが、このほどオランダからセコムに注文が舞い込んだ。セコムが開発したロボットは、口元に運ばれたスプーンやフォークで利用者が怪我をしないような細心の工夫が施されており、それがオランダの福祉関係者に高く評価されたのだ。8月、セコムのロボットをオランダに輸出する契約が結ばれた。
実際にこのロボットを利用している障害者を取材し、ロボットが人間の生活を変える可能性を探る。


【大学発ベンチャー企業が開発するロボットスーツ】

今年7月、筑波大学発のベンチャー企業、サイバーダインが誕生した。歩行や立ち座りなど下肢の動作をパワーアシストする「ロボットスーツ」を実用化するための大学ベンチャー。開発と経営にあたっているのは山海嘉之教授と、その研究チームだ。
研究成果を伝え聞いた高齢者や障害者から問い合わせが殺到し、その切実な声に具体的に応えていくために起業を決意したという。
8月、ロボットスーツの最初の利用希望者が大学を訪れた。2年前に交通事故で脊椎を損傷した清水哲夫さん。左足に麻痺が残り、杖なしでは歩くことができない。事故にあう前は営業担当だったが、今は内勤でデスクワークの日々だ。「もう一度、杖なしで歩いてみたい」。清水さんの強い思いを受けて、本人用のロボットスーツの開発が始まった。
実用化は成功するのか? サイバーダインの取り組みを追う。




Copyright (C)2002-2004 TV-TOKYO / TX-BB. All rights reserved.
PAGE TOP



このWEBサイトに掲載されている文書・映像・音声・写真等の著作権はテレビ東京に帰属し、個人で楽しむ目的以外に、許諾なく複製・頒布・貸与・上映・有線送信等を行うことは法律で固く禁じられています。