日経スペシャル ガイアの夜明け・毎週火曜夜10時放送・闘い続ける人たちの物語
テレビ東京ホームページへ


HOME
番組紹介
キーワードで読むガイアの夜明け
バックナンバー
ご意見ご要望・FAQ

バックナンバー


日経スペシャル「ガイアの夜明け」 8月24日放送 第431回

膨張する中国ニセモノ
~追跡…“グローバル化”の脅威~


早くも「ipad」のコピー商品が登場するなど、相変わらずの中国ニセモノ事情。しかし深刻度はさらに増している。携帯電話売り場では、販売員が「本物とコピーもの、どっちにするか」と平気で聞いて来る。中国の自動車ディーラーでは「前から見るとトヨタ、後ろから見るとホンダ。いい車だよ」と国内車を売り込んでくる。中国語で「コピーもの」「まがい物」を意味する“山寨版”という言葉まで生まれ、普通に市民権を得て、市場を席巻しているのだ。そして今、その進化するニセモノが急速に海外に蔓延している。その舞台は、アフリカだ。
遊園地の「なんとなく似てるキャラクター」が問題となっていたのも今は昔。モノとしての進化を飛躍的に遂げながら、さらに広がりを見せ始めた中国のコピー商品。新たなステージでの驚くべき実態を追った。

 放送スケジュール



 毎週火曜日 午後10:00~



 テレビ東京
 テレビ大阪
 テレビ愛知
 テレビ北海道
 テレビせとうち
 TVQ九州放送



 毎週金曜日午後9:00~
(再放送 毎週日曜日 正午)



 BSジャパン



 毎週土曜日 正午~



 日経CNBC

【絶大なる人気の日本商品…ニセモノ摘発現場に潜入】
絶大なる人気の日本商品…ニセモノ摘発現場に潜入

ビザの条件緩和を追い風に、続々と日本にやってくる中国人観光客たち。“爆買い”ぶりで話題だが、その中国人観光客の間で屈指の売れ行きを誇る、意外な人気商品がある。それは、プロ野球選手などが愛用していることで知られる「ファイテン」だ。ファイテン社製のネックレスは、はめると肩こりが緩和したり、リラックス効果があるという評判から、中国人観光客が殺到し、まさに爆買いしているのだ。その人気は中国本土にも波及。ついにはニセモノ商品が中国本土ではびこるまでになってしまった。中国は、ヒット商品が生まれると必ずそのコピー商品が生まれるという特殊なマーケット。しかし、コピー商品は正規品と違い、健康に効果がないどころか、金属アレルギーなど健康被害の危険性すらあるものも多い。こういった状況に動き出したのが、ファイテン知財担当の中山定也さん。ファイテンでは偽物商品による被害は、年間およそ15億円に上ると試算している。このまま野放しにしていれば、金銭的な損失はもとよりブランドイメージを落とすことにもなりかねない。そこで中山さんは、自ら中国に乗り込み、中国の調査会社、工商局と手を組み、偽物店舗、製造工場の摘発に動き出そうというのだ。はたして、無事に摘発をすることはできるのか!?


【中国偽物商品の“グローバル化”…驚異の実態】
中国偽物商品の“グローバル化”…驚異の実態

Ipadをはじめ最新のハイテク商品も、いまやリアルタイムで“偽物版”が売り出されている。しかもそれは中国だけに留まらない。中国の偽物商品は世界へ向けて輸出されていくのだ。ここ数年、中国・広州で目立っているのが、アフリカ人。ニセモノを扱う市場は、褐色の肌のバイヤーたちで溢れかえっているのだ。その中の一人、ガーナから来たバイヤーグループに接触した。彼らは「中国の偽物商品は値段も手ごろで今やアフリカでも必需品になっている」と語る。彼らは広州で仕入れた偽のアルマーニのスーツや携帯電話など様々な偽物商品をガーナへと送っている。その商品はガーナで商売をする親戚たちの元へ届けられ、消費者たちの手に渡っているのだ。はたして中国の偽物商品はどのような形でアフリカに送られ、その国の人たちの生活に入り込んでいるのか!?ニセモノのグローバル化の驚くべき実態を潜入取材した。

アルバムタイトル:GREEN ZONE
アーティスト:JOHN POWELL
曲名:QUESTIONS
2010年5月公開のアメリカ映画「グリーン?ゾーン」のサウンドトラックより。
本編の4分18秒、模倣品の携帯電話を説明するシーンで使用。
アルバムタイトル:ファイヤー?ガーデン
アーティスト:スティーヴ?ヴァイ
曲名:DYIN’DAY
アメリカのギタリストであるスティーヴ?ヴァイが、
1996年に発表したアルバム「ファイヤー?ガーデン」より。
本編12分11秒、「ファイテン」のチタンネックレスを紹介するシーンで使用。
   




Copyright (C)2002-2004 TV-TOKYO / TX-BB. All rights reserved.
PAGE TOP



このWEBサイトに掲載されている文書・映像・音声・写真等の著作権はテレビ東京に帰属し、個人で楽しむ目的以外に、許諾なく複製・頒布・貸与・上映・有線送信等を行うことは法律で固く禁じられています。