日経スペシャル ガイアの夜明け・毎週火曜夜10時放送・闘い続ける人たちの物語
テレビ東京ホームページへ


HOME
番組紹介
キーワードで読むガイアの夜明け
バックナンバー
ご意見ご要望・FAQ

バックナンバー


日経スペシャル「ガイアの夜明け」 12月7日放送 第446回

通話料が0円になる
~ケータイ戦国時代 第三幕~


携帯電話がいま、大きな変革期を迎えている。iPhoneをはじめとする高機能携帯電話(スマートフォン)のヒットにより、これまで「ガラパゴス」と揶揄されてきた国内の携帯電話業界の仕来たりが壊れ、携帯大手3社は生き残りをかけた熾烈な競争に突入した。
iPhoneのヒットで契約者数を伸ばし独走を続けるソフトバンク、それを韓国サムスン製のスマートフォン「ギャラクシー」でNTTドコモが追撃する。そして、スマートフォンの開発にひとり遅れをとった業界2位のKDDIは、巻き返しに向け「通話料無料」という“禁断のサービス”を打ち出した。
その一方で、大手三社がほぼ独占してきた携帯電話市場に、社員わずか20人というベンチャー企業が参入する。独自のスマートフォンを開発し、格安サービスで大手に挑むという。秘策はあるのか?
さらに、まったく新しいケータイの利用法の研究が始まっている。高齢者の命をケータイで守ろうというのだ。
1990年代のケータイ普及期におけるシェア獲得競争、iモードの登場による2000年代のコンテンツ覇権争い、そしていま、ケータイ戦争は“激動の第三幕”へ突入した。
果てして、勝者は誰なのか?

 放送スケジュール



 毎週火曜日 午後10:00~



 テレビ東京
 テレビ大阪
 テレビ愛知
 テレビ北海道
 テレビせとうち
 TVQ九州放送



 毎週金曜日午後9:00~
(再放送 毎週日曜日 正午)



 BSジャパン



 毎週土曜日 正午~



 日経CNBC

【苦戦する“au” 秘策は“禁断の無料通話”】
苦戦する“au” 秘策は“禁断の無料通話”

スマートフォンの開発にひとり後れを取った業界2位のKDDI(au)。新規の顧客獲得で苦戦を続けている。9月10日の記者会見で、小野寺正社長(当時)は「スマートフォンの投入の遅れは戦略ミス」と、反省の弁を述べた・・・
11月、巻き返しを狙うauはようやく本格的なスマートフォンを投入。そして打ち出したのが「通話料無料」という“禁断のサービス”。これまで携帯会社が“天敵”としてきた「無料通話ソフト会社」と提携し、サービスを始める。通話料収入に頼ってきた電話会社にとって、自らのビジネスモデルをひっくり返すほどの賭けに出た。果たしてそこに、どんな巻き返しの勝算があるのか。


【ベンチャー企業がケータイ事業へ参入!大手3社の牙城に挑む】
ベンチャー企業がケータイ事業へ参入!大手3社の牙城に挑む

社員わずか20人、携帯電話向けコンテンツの開発を手がける大阪市のベンチャー企業「アールストリーム」が、この12月に携帯電話事業(携帯キャリア)に参入する。オリジナルのスマートフォンを開発し、格安の通話・通信サービスを開始するという。
 これまで国内の携帯電話事業は、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社でほぼ独占してきた。総務省は3年前に、携帯電話事業に競争を促すとして、携帯電話回線を開放することを決めた。そのため、大手3社から通信網を借りて、事業に参入できる仕組みが整った。しかし、国内の携帯端末は、大手3社が各メーカーと共同で開発しており、それぞれが独自の仕様になっている。このため、ベンチャーが国内で使う事ができる携帯電話端末はなかった。アールストリームはある秘策で、その壁を乗り越えた。大手に挑む秘策に迫る。


【命を救え!簡単ケータイ】
命を救え!簡単ケータイ

高齢者に人気の「簡単ケータイ」を使った新たな取り組みが、北海道の白老町ではじまた。ケータイに内蔵された“ある機能”を使って、高齢者の安否確認サービスを行うという。お年寄りの身体に異変が起きると、役場に自動的にある情報が伝えられる。システム研究者と、お年寄りの交流を追いかける。

アルバムタイトル:
交響曲第3番「オルガン付き」 
組曲「動物の謝肉祭」 交響詩「死の舞踏」

アーティスト:フィルハーモニア管弦楽団
曲名:交響詩「死の舞踏」
本編2分45秒。
KDDIがスカイプとの提携を実現させた事により、激変する携帯業界で、無料通話時代が、始まりを告げるシーン。ここで使用しているのは、サン•サーンス作曲、交響詩「死の舞踏」。
この曲はフランスの詩人、アンリ•カザルスの奇怪で幻想的な詩に、霊感を得て、作曲された。
   




Copyright (C)2002-2004 TV-TOKYO / TX-BB. All rights reserved.
PAGE TOP



このWEBサイトに掲載されている文書・映像・音声・写真等の著作権はテレビ東京に帰属し、個人で楽しむ目的以外に、許諾なく複製・頒布・貸与・上映・有線送信等を行うことは法律で固く禁じられています。