• あなたを求めている会社はきっとある!

10/27 #004 「いまどきの就職活動って?」
小島貴子さん

TOKYOガルリ。私のギャラリーにようこそ。
今回は東洋大学グローバル・キャリア教育センターで学生のキャリア教育をされている小島貴子さんがお越し下さいました。これまで、就職活動中の多くの学生にアドバイスをしてきた方です。

小島さんは、今の就職活動はとても複雑で、長期間になる傾向があると言います。
最初にインターネットで会社のドアをノックし、会社側が「入っていいですよ」とドアを開けるか、「いやもう結構です」と断られるか、まずそこで選別されるそうです。
ドアを開けてもらったら、次は様々な形で試験が行われ、ふるいにかけられます。
小島さんによると、試験は就活中の学生にとって、かなりのストレスになるため、中には「こんな思いをするなら会社に入らなくてもいいかな」と心が折れてしまう学生もいるそうです。

悩んでいる学生から相談を受けるとき、小島さんはどのようにアドバスをするのでしょうか。
小島さんは、「今、日本には約400万社の会社がありますが、学生が知っている会社はほんとうに数少ないのです。つまり、社会には学生が知らない会社がいっぱい存在しているので、それを探す活動をすれば自分にあった会社に出会えるんです」とお話し下さいました。

また、就活中の学生に親が新たな情報を伝えることは、いい意味でのおせっかいだと小島さんは言います。
親だけではなく、知り合いや親戚からもアドバイスを伝え、「こんな事もあるんだよ。あんな話もあるんだよ」といった情報を広げてやることは重要だとお話し下さいました。
就活生の選択肢を増やしてあげるということが大切なんですね。

就活中は会社から良い返事がもらえないと、すべて自分を否定されたような気持ちになりますが、実はそこから社会人になる難しさを学び、成長できるチャンスだと、小島さんは言います。
就職は人生の上で大きな分岐点なので、悩んでいる就活生もたくさんいると思いますが、粘り強く就職活動を進め、ぜひ自分を求めている会社に出会ってほしいですね。

11月は東京都若者しごと応援月間!
合同就職面接会等を開催。詳しくは【TOKYOはたらくネット】のHPでご確認ください。

お客様紹介トップへ戻る

東京都