• “動物時間”を楽しもう!

1/19 #015 「動物園へようこそ」
森由民さん

TOKYOガルリ。私のギャラリーにようこそ。
今回は本や講演活動を通して、動物園の魅力と楽しみ方を伝えている森由民さんがいらっしゃいました。

動物園に足繁く通う森さんは、動物園でぼーっとするのが好きなんだそうです。
動物の前でぼーっと観察していると、ほんの2、3分では気が付かなかった事が、5分10分経つと、その動物の特徴に気づくことがあるそうです。
パッと見ただけでは寝ているようにしか見えない動物が、しばらく様子を見ていると耳がぴくぴく動いていて、実はちゃんと周りの情報を音で集めていることを発見したりするそうです。
森さんは、動物の時間に合わせてぼーと観察することを“動物時間”と呼んでいます。

動物園は、子どもを連れて行く場所といったイメージがありますが、実は大人も楽しめる場所だと森さんは言います。
昔、動物園に行ったことがあっても、その後、赤ちゃんが産まれたり、動物が増えていたりするので、そうした変化しているところを楽しむと良いと森さんからアドバイスして頂きました。

例えば、東京の多摩動物公園では、去年の9月に雄のキリンの赤ちゃん“ワビスケ”が産まれたそうです。
多摩動物公園のキリンは、群れで飼育されているので、他のキリンとの関係も見ることができると森さんは言います。
また、上野動物園では雌の“モモカ”という赤ちゃんゴリラがいて、今お母さんゴリラの手を離れ、周りのゴリラと遊び始めたので、貴重な赤ちゃんゴリラの成長過程を見ることができるそうです。

まだまだ、動物園の魅力は尽きません。
最後に森さんのおすすめの動物を聞いてみました。
多摩動物公園には世界最小の哺乳類“トウキョウトガリネズミ”という動物が展示されているそうですが、
見ると「えぇ!?こんなに!?」と驚くくらい小さいそうです。
みなさんも“動物時間”で、動物園を楽しんでみてはいかがでしょうか。

動物園・水族館の冬のキャンペーン
「VisitほっとZoo2015」開催中!
詳しくは東京ズ―ネットのHPでご確認ください

お客様紹介トップへ戻る

東京都