• 騙されるのはマジックで十分!特殊詐欺・悪徳商法にはご注意を!

2/2 #017 「マジックで防ぐ!特殊詐欺・悪質商法」
高橋 和也さん

TOKYOガルリ。私のギャラリーにようこそ。
今回はファイナンシャルプランナーとして働く一方、防犯エンターテインメント集団・GIFTの代表として、マジックを使った防犯の啓発活動をされている高橋和也さんがいらっしゃいました。

高橋さんは、マジックショーを通して振り込め詐欺や悪質商法などに引っかからないよう啓発活動を行っていますが、詐欺もマジックも“騙す”という点では同じだと言います。詐欺などに対して「自分は大丈夫」と思っている方が多いので、マジックで騙されることを体験してもらい、詐欺にも騙されてしまう可能性があることを、わかりやすく伝えています。トランプを使ったマジックを披露してもらいましたが、私もさっそく騙されてしまいました。

マジックショーの中で、お年寄りの方に「振り込め詐欺の電話がかかってきたことありますか?」と質問をすると、一割から二割くらいの方の手が挙がるそうです。高橋さんも、振り込め詐欺が本当に身近に起きる可能性があることを実感するそうです。

高橋さんは、高校や大学でも啓発活動をしていますが、高齢者だけでなく若者も架空請求などの標的にされているので、注意を呼び掛けているそうです。
そして、20代30代の若者が“騙す側”になるケースもあるので、それを食い止めたいと高橋さんは言います。
これからは、若い人にも防犯のボランティア活動をしてもらい、特殊詐欺や悪質商法の被害を少しでも減少させたいと、高橋さんはお話し下さいました。

マジックで騙されるのは楽しいですけど、特殊詐欺や悪質商法などで騙されるのは辛いですよね。
皆さんも、怪しい電話やメールなどには、くれぐれも注意してくださいね。

若者向け悪質商法被害防止キャンペーン月間
詳しくは【東京くらしWEB】のHPでご確認ください

お客様紹介トップへ戻る

東京都