• 満開の椿と大島御神火太鼓を見に行こう!

2/9 #018 「太鼓で島を盛り上げる」
牧 姿子さん

TOKYOガルリ。私のギャラリーにようこそ。 今回は、伊豆大島の芸能‟大島御神火太鼓“の指導員、牧姿子(マキシナコ)さんがいらっしゃいました。
「御神火」とは伊豆大島にある活火山、三原山から吹き出す炎のことで、御神火太鼓とは神聖な三原山の噴火をイメージした太鼓演奏です。
牧さんの大島御神火太鼓の演奏は、ダイナミックなのにしなやかで、舞うように叩く姿はとても格好よかったです。

牧さんのお祖父さまとお父さまも大島御神火太鼓の演奏者で、その影響で牧さんも小学3年生の頃から、当たり前の様に太鼓を始めたそうです。牧さんが中学生の頃には女性の御神火太鼓奏者がたくさん居て、その方々の太鼓を叩く姿がとても格好良くて魅力的で、牧さんは太鼓にのめり込んでいったそうです。

牧さんは高校を卒業してから10年ほど大島を離れますが、太鼓に未練があって、20代後半で大島に戻って来ます。そして家族や周りの方々の協力もあって、再び太鼓を始めたそうです。お父さまは、さぞかし喜んだことと思います。現在はお父さまと一緒に大島御神火太鼓を叩くこともあるそうです。

牧さんは子供たちに大島御神火太鼓の指導もしています。そんな牧さんの今後の夢は二つあり、一つは子供たちに太鼓を通して色々な経験をして、色々な人と出会って欲しいということ。もう一つは、たくさんの人に伊豆大島に来てもらい、大島御神火太鼓を見てもらいたいそうです。そして皆さんに喜んでもらいたいと牧さんは言います。

伊豆大島では現在「伊豆大島椿まつり」を開催中です。その期間中、牧さんの大島御神火太鼓の演奏もあります。牧さんのおすすめの伊豆大島の見どころは、満開の椿と、咲き終わった椿の花びらが地面に落ちて、一面がピンクのじゅうたんのようになるところ、そして三原山の北東に広がる裏砂漠だそうです。
伊豆大島の美しい椿と大島御神火太鼓を、ぜひこの機会に見に行きましょう!

伊豆大島つばきまつりが開催中!(3/22日曜日まで)
椿まつり期間中利用できる宿泊割引や各種運賃割引があります!
詳しくは東京の観光公式webサイト【GO TOKYO】でご確認ください。

お客様紹介トップへ戻る

東京都