• 沿道の声援に笑顔で応えられるよう楽しみながら走りたい

2/16 #019 「走る楽しさを伝えたい」
浅利 そのみさん

TOKYOガルリ。私のギャラリーにようこそ。
今回は、フリーアナウンサーの浅利そのみさんがいらっしゃいました。
浅利さんは、自称“走るアナウンサー”。フルマラソンに挑戦したり、走る楽しさを伝えるコラムを書いたり、ランニングイベントを企画するなど幅広く活躍されています。

浅利さんがマラソンを始めたのは、ラジオのお仕事がきっかけだったそうです。その番組のテーマがランニングで、浅利さんが何分何秒でゴールできるか、どれだけタイムを縮められるかなど、スピードを重視したマラソン体験をするという企画内容で、浅利さんはその頃走ることがあまり楽しく感じなかったそうです。

その思いが一変したのが2010年に走ったニューヨークシティマラソン。そのとき浅利さんはゼッケンに自分の名前を書いて走ったそうです。すると沿道から「ゴー!ソノ、ゴー!ソノ」と大歓声をもらい、とても嬉しく感じたそうです。それから声援に笑顔で応えられるように練習をもっと頑張ろう、という気持ちになり練習が楽しくなったんだそうです。

浅利さんは練習を仲間と一緒にするそうで、時には“遠足ラン”という食べ歩きならぬ、食べ走りをするそうです。“遠足ラン”とは、おいしいお菓子があるお店まで走って、お菓子を食べ休憩して、次に行きたいお店まで走る、というものなんだそうです。楽しそうですね!

もうすぐ東京マラソンが開催されます。東京マラソンの魅力は、声援がすごいことと、東京の街並みを見ながら走れることだと、浅利さんは話してくださいました。
東京マラソンは応援する側も楽しめる大会で、当日は「東京大マラソン祭り2015」も開催され、コース沿道でフラダンスや太鼓演奏などでランナーを応援しているそうです。

浅利さんの今後の夢は、東京マラソンでボランティアをすることと、出産してママになっても走れるという姿を見せることだそうです。ママ友同士で“遠足ラン”なんていうのもいいですよね。

東京マラソン2015・東京大マラソン祭り2015
2015年2月22日 開催  

お客様紹介トップへ戻る

東京都