• 賃貸住宅退去時のトラブルを防ぐために出来る事

3/16 #023 「入退去時の賃貸住宅トラブル」
高田七穂さん

TOKYOガルリ。私のギャラリーにようこそ。
今回は、不動産・住生活ライターの高田七穂さんがいらっしゃいました。
高田さんはマンションなど、住まいを買う時や借りる時の注意事項を本やコラムを通して発信しています。

高田さんによると、賃貸住宅は退去時に敷金の返還をめぐるトラブルの可能性があるそうです。退去する時のハウスクリーニングは原則として貸主が負担するという事になっていますが、契約内容は場合によって違うので、注意する必要があると言います。引っ越しの時は、次の生活が迫っている人が多く、時間がなかったり、面倒になってしまったり、請求されるまま受け入れてしまう方が少なくないそうです。
高田さんは、退去時には掃除をきちっとするようにアドバイスをしています。
基本的なことですが、借りたらしっかり綺麗にしてから返すというのも大事ですよね。

私が以前住んでいた部屋で、大きな家具を移動中にドアにぶつけてしまい、その事をすぐに大家さんに伝えたエピソードをお話しすると、高田さんから「それが良いんです!遠藤さん素晴らしい」と褒めていただきました。というのも、私のケースだと建具のへこみだけで済みましたが、もし給排水管や温水器など重要なトラブルだったりすると、被害が大きくなり高額な請求をされかねないからなのだそうです。
何か気になった事があった場合、すぐに問い合わせるのがトラブルを最小限に抑えるコツなんですね。

そしてトラブルを避けるために一番気を付けなくてはいけないのが借りる時で、部屋のどこに傷があるかをよく確認し、デジカメで日付入りの写真を撮っておくことを高田さんは勧めているそうです。

また、面倒になってしまいがちですが、賃貸契約書を一からじっくり読み、何か疑問があったらその都度管理会社や大家さんに確認する事も重要だとアドバイスしていただきました。
これから新生活を始める方も多いと思いますが、トラブルのないよう、今からできるだけ対策をしておくのが良いかもしれませんね。

賃貸住宅 退去時の現状回復についての相談は
東京都消費生活総合センター
03-3235-1155
(月~土 午前9時~午後5時)

お客様紹介トップへ戻る

東京都