• 打ち水で、手軽に楽しくエコライフ!

7/13 #040「夏の省エネは打ち水から!」
真田武幸さん

TOKYOガルリ。私のギャラリーへようこそ。
今回は、毎年夏に行われる社会イベント“打ち水大作戦”の作戦隊長として活動している真田武幸さんがいらっしゃいました。

“打ち水大作戦”は手軽に楽しく出来るヒートアイランド対策として2003年にスタートしました。真田さんはこのイベントをホームページで知り、実際に打ち水をやってみたそうです。
最初は一人でやったので少し寂しかったそうですが、インターネットで調べると自分と同じように「参加したよ」といったコメントが見られ、繋がった気持ちになったそうです。
その後、真田さんはもっと積極的に参加したいと思い、2004年から秋葉原で打ち水のイベントを始めたと言います。イベントは秋葉原らしく、メイドカフェで働いているメイドさん、コスプレイヤー、商店街の方などが参加し、大いに盛り上がっているそうです。

暑い日が続いていますが、打ち水をすることで気温は変化するのでしょうか?
真田さんによると、打ち水大作戦特設会場等で、12~13時台に打ち水を行った後、エリア内ではおおむね1~2℃の気温が下がったというデータがあるんだそうです。
打ち水をして、クーラーの設定温度を2℃くらい上げるのもいいかもしれませんね。

実は打ち水にもルールがあるそうなので、真田さんに桶を使って説明してもらいました。
まず、桶を利き手とは逆の手で持ち、利き手で少量の水をすくい周辺にまくというのが正しいやり方なんだそうです。また、この時使う水は、お風呂の残り湯や雨水などを二次利用するのが決まりで、水道水などを使用してはいけないんだそうです。打ち水は、気温を下げるのが狙いですが、同時に水を大切にすることも目的としているためだと真田さんに教えて戴きました。

真田さんは「遠くで誰かが一緒に打ち水をやっているかもしれない」と思うと、繋がりを感じられておもしろいと言います。打ち水をした後、SNSなどを通じて思ってもみなかった人と繋がることが出来るかもしれませんね。
打ち水のイベントは、商店街や市区町村などで行っている場合もあるので、皆さんも近くの会場に足を運んで参加してみてはいかがでしょうか!

打ち水大作戦
全国一斉、打ち水強化月間
2015/7/23(木)~8/23(日)
詳しくは「打ち水大作戦2015」HPで確認ください

お客様紹介トップへ戻る

東京都